おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アクエリオンEVOL #26(最終話)「LOVE」感想  

一万年と二千年前から・・・いや、二万年と四千年前から
愛してる・・・。



「LOVE」


引かれ合う二つの星、二体の機械天使!
新たな世界の神になろうとしているミカゲにアマタは、ミコノはどうする!?



************************************



「悲しまないで、大切な未来の私の妹。」


ぐおおおお!シリウスーーー!!!
前作、ダークサイドに落っこちても、王子様!なシリウスが私は
好きだったんだよおおおお!


その気高いシリウスがシルヴィアが、そしてアポロが

「あの時できる精一杯のことをした。」

と言うなら、


翅犬でもいっか!?

という気分になってしまいました!(爆)


神来天翅(ANCIENT AQUARION)、強い!
アマタ、カイエン、ユノハでは太刀打ちできないですね。
しかし、ミカゲの意識の最下層で出会ったゼシカとカグラ・・・


いきなり恋愛フラグ!!!

「死なすの惜しいぜ。」



チョッ!!!
「どん底女」ということは「最高女」ってことじゃないですか!(笑)
これはやっつけ感がありありー!!!



押されていたアマタ、MIX&アンディ、モロイで合体!と
思ったら理事長!!!
シュレードの魂に導かれて・・・って、ここはシュレードを見出した
クレアとシュレードのつながりを感じて思わずしんみり・・・。


ドナールとスオミ、いきなりカップリング指令にスオミのほうが
積極的!!!
やっぱり女のほうが肝が据わってる!?
というかドナールには過去の傷もありますからね。
スオミ、ゆっくり頑張りましょう♪


もう一度、カイエン、ユノハが復活!
カイエン、「親友」の魂を感じてますね!
最後までここもブレないカップリング。(笑)


神友合体!GO!アクエリオン!!!


アクエリオン・ゲパーダ!!!



ミカゲは捕えたミコノを犠牲に二つの星も葬り去ろうとしている!
ミカゲの果てしない愛憎を感じるミコノ!
そこでなんと一万年と二千年前にこの星を救った三人と巡り合う。



取り残される悲しみ、別れの強さ。
謝らなければならなかった自分。
全てを感じたミコノは、ミカゲの影に屈しそうになるが不動の励ましで
向かい合う!


復讐に燃えるミカゲの力に離脱する理事長、カイエン!!!
それなら・・・


ゼシカ、カグラが援護!!!


純愛合体!GO!アクエリオン!!!


アクエリオンEVOL!



ミコノは自分がミカゲの憎しみを受け止め、つなぐことで世界を
救おうと考える。
が、それじゃダメだ!!!


アマタ、カグラ、ゼシカの三位一体パンチ!
今度は見送らない、残されたくない!


「ミコノさんと一緒に世界を守りたいんだ!!!」


しかし、ミカゲに跳ね返される三人!
失望しかけたアマタにアリシア、イズモの想いが流れ込んでくる!
太陽の翼、復活!!!



何故かカグラ、ここでアマタの応援モードに!(笑)
ANCIENT AQUARIONに飛び込むアマタ!!!


アクエリオンLOVE!!!


はじき出されるミカゲ!!!


「愛してる!」


喜びの涙で干上がった大地が潤っていく。



残されたミカゲの憎悪はZENが受け入れる。
時を超え、やっとつながった想い・・・。


復興が始まったヴェーガにやっと帰ってきた二人。
そして「恋愛解禁」になった!



ということで・・・


満たされなかった頭翅様の闇の部分・・・一万年と二千年前はセリアンの
闇の部分がシリウスだったように、分裂せずにはいられない三人なのですね。(苦笑)
これを予測していたのかどうなのか。
アポロニアスは最終的に頭翅を受け入れなければならないのは自分、と
考えていたのかも。


翅犬ポロンちゃんだったアポロ、あるいはアマタ、カグラに言い分はあるかも
しれませんがミコノさんが今の”ミコノ”であるなら彼らも”アマタ”であり、
”カグラ”である。
そういう結論でいいかな、と思う事にしました。(笑)


まとめて・・・
エピソードごとにネタが仕掛けられて良く練られた脚本、今時の
画風に、リアルなロボット描写。
これが「アクエリオンだ!」という表現や主張は十分にできていたと
思います。


納得できないのはやっぱり翅犬設定とカグラ、ゼシカEDかな。(笑)
できればジン君は生き残ってユノハと、と思いましたが最初の子は
悲しい運命が待っているのですよね。
新たな「創聖」、あるいは「双星」の書はこれから。
テンションが落ちないパワー、シリーズを通して圧倒されました!
スタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でした。






スポンサーサイト

category: アクエリオン

tb: 1   cm: 0

アクエリオンEVOL #25「アダムの断片」感想  

失くしてしまったピース、失っていたピース、もう元には戻らない。
それを壊したのは・・・!


「アダムの断片」

母アリシア、父イズモを攻撃したのはカグラと思い込んだアマタは
ベクター機を単機でアクエリオンに変形させて戦いを挑む。
対して、カグラは自分にはミカゲとの地獄の日々しか無かった、と
過去を打ち明ける。
だからこそ、今シルフィが必要なのだと。
互いに不完全な形で戦う二人。


アンディとMIXはやっと想いが通じ、ネオ・デイーバに帰還する。
援護に駆けつけたカイエン、ユノハと合体するアマタ!
ゼシカ=ミカゲは現れたミコノと強制合体、さらにカグラも
手中に収めて黒き機械天使を誕生させる。



************************************



アポロ、シリウス、頭翅の合体が偽りのものだったなんて・・・。
頭翅様の表情が苦痛にゆがみ、黒きミカゲを生んでいく様は
どうしたって「ねつ造」と受け止めてしまう自分・・・。(苦笑)


「蹂躙合体!」と言っていましたがまさに前作を蹂躙しているよう
ですわ!(あまり使いたくない言葉ですが。)
しかも、どう見たってミコノに対するミカゲの合体は・・・ねえ。



やはりアマタはカグラを恨むことになってしまいました。
互いに自分を否定しあう戦い、全部ミカゲの掌で踊らされていると
思うと虚しいですね。



そんな中、純潔と純愛を貫いたアンディとMIX,無事記憶が戻って
良かったです!
例えビックバン!な身体でなくなっても。
心の穴を埋めることができたアンディ。
やっと合体!と思ったらユノハとチェンジで、しかもネオデイーバの
皆の前に強制チェンジ!!!
爆笑しました!



今のミコノを愛しているアマタ、運命を信じてシルフィと結ばれようとしている
カグラ。
二人のぶつかり合いはなんと地球とアルテアを引き寄せることに!!!
次元ゲートを抜けて現れる赤い星!!!


ミカゲの狙いはアポロニアスとセリアンが築いた・・・愛にあふれる世界を
滅ぼすこと。
愛の無い世界、そこの神になろうとしているミカゲ。
二度も自分を謀った罪は許さない!
元凶、アポロニアスをたぶらかしたあの女の血筋は特に!!!



アルテアのエネルギーを吸い上げミコノ、そして意識を奪ったカグラと
合体するミカゲ。
援護に来たカイエン、ユノハと合体するアマタ。
「決戦合体!」
対峙する太陽の翼。


「貴方は本当にこれでよいのですか!?」


ミカゲの記憶に残る真のアポロニアスの転生者は・・・不動!?
翅犬ポロンに重荷を負わせたまま禅問答を繰り返していた当事者の一人は
何を考えているのでしょう?








category: アクエリオン

tb: 9   cm: 0

アクエリオンEVOL #23&24「ephemera」感想  

究極の旋律を奏でる時、神話は復活する。
届け、命の輝き。


先週は感想をお休みしましたので二話、まとめて。


「神話センリツ」

あらすじは公式からです。

カグラとミコノを追いかけて、次元ゲートに侵入したアマタ、ゼシカ、シュレード。
次元の狭間で激流に翻弄されるも、再合体を果たしスパーダとなる。
一方、アマタたちとの通信が途絶えてしまったネオディーヴァでは、不動が1万年と
2千年、さらにその1万年と2千年の昔から受け継がれる悠久の神話を語り始めた。
時を同じく次元の狭間で彷徨うアマタたちにも同じビジョンが広がる。
そして「双星の書」が解禁された――。


続いて

「ephemera」


ミコノを連れ去ったカグラを阻止しようとイズモはアフラ・グニスで対抗する。
シュレードの力でアルテアにたどり着いたアマタはアリシアの声に導かれ、
ついに覚醒したアリシア=母から真実を聞かされる。
アマタの父は・・・!



*********************************



すみません・・・


感動できなくてごめんなさいよおおおお!!!


いやー、シュレード様最期の


「交響合体、GO!!アクエリオン!!!」


も美しく奏でられる旋律も、


実はアマタ=アポロは翅犬ポロンの生まれ変わりだった!!!


で、ドン引きですよおおお!!!


一万年と二千年前の純愛を返せー!と

叫びたいです!!!(苦笑)



もちろん、前作アポロが四足で走ったり、匂いを嗅いだり、と伏線は
ありましたよ!
でも、前世がアポロニアスとセリアン、運命を飛び越えた二人だからこそ
感動できたわけで、その過去生を持ったアポロとシルヴィアも運命に
導かれ結ばれたところに一万年と二千年のロマンがあったわけですよ。
ところが・・・!ですー。
(河森さん、とことんハッピーエンドが好きじゃないんだなあ!
それでこの始末ですよ。苦笑)


そして今回は


イズモはアマタの父だった!!!


思わずこれを思い出したりして。(笑)




箸なのは別に意味は無いです。(笑)



予想はしていましたが・・・
イズモは単身ヴェーガにレア・イグラーの捜索に来て機体トラブルで
地上に不時着した。
そこで出会ったのが女優をしていたアリシア。
二人が親しくなるのに時間はかからなかった・・・。



適応が早過ぎるイズモ!!!(爆笑)


グラサン姿に思わず吹き出してしまいました!


アルテアに一度は帰ったイズモはアリシアの事を隠し通すけれどミカゲに
知られるところとなり・・・
再び、潜入したヴェーガで真実を伝えたイズモに付いていくと決めたアリシア。
その時にはもうアマタがいて連れて行くか悩んだけれど、一人イズモの星を
救うために旅立つことを決めた。


残されたアマタはミカゲによって魂を二つに裂かれ、今、アマタとカグラとして
存在するのですね。



カグラ、ミコノ、ゼシカ(ミカゲ)によって起動した神話型、ソーラー・アクエリオン!
対峙するアフラ・グニスのイズモ、ということはミカゲによって親子で戦わされている
という構図。
ゼシカは身体を乗っ取られ、アリシアが眠る建物とイズモを背後から撃つ、という
暴挙に!
これでアマタがアクエリオンに乗っていたカグラに憎しみを抱くことになりそう。


全ての元凶はミカゲに。
その事はカグラも何となく気づいているようですから、結果的にアマタと協力して
ミカゲを倒す・・・ということになればいいですけどね。


アイアンシーによって保ってきたアルテアのエネルギー源。
しかし、瀕死のイズモが目にした蜻蛉の群れはそのシステムが逆に
アルテアを死に追いやっていることに気づかされるのですね。
イグラーだけではなく自然=生命力の枯渇。
今までしてきたことは全部、無駄だったのか?


違う。


「この世界にアマタを残した。」


光となって天に消えるイズモとアリシアの魂。


残されたアマタには二つの星の運命が託されたわけです。
いきなりとんでもない重荷をーーー!!!(苦笑)
とにかく、前作のアポロとシルヴィアの涙の別れを思い出すと
テンションが止まらない私ですー。


真のアポロニアスはどこにいるのか?
ミカゲの存在を危惧したアポロニアスがポロンと創聖合体した!
だったらまだ我慢できるー。(笑)









category: アクエリオン

アクエリオンEVOL #22「復活の翼」感想  

俺とお前は二人で一人だ。
太陽の翼とともに神話が復活する!!!


「復活の翼」


アマタとカグラは二人で一人だった。
呼び覚まされた記憶とともに復活する神話型アクエリオン!


カグラはミコノを連れ去り、次元ゲートへと向かう。
それを追うのはアマタ、最期の旋律へ全てを賭けるシュレードと
ミカゲとの約束に恐れを感じるゼシカだった。



******************************



物語が毎回、ビシバシ動いてついにクライマックスですねえ!
アンディとMIXについては放置になってしまいましたが、
ついにアマタとカグラの秘密が明かされました。


あの時・・・アリシアが次元ゲートに連れ去られる時、見送るだけ
だったのは”弱虫のアマタ”、何としてもついていく、奪い返す、と
追って行った半身は、アルテアに渡ってミカゲの手で育てられた。
それが”カグラ”。


反転する世界。
全ての物事を反対の言動で表現し、反転・逆流させるカグラの力と
太陽の翼を持つアマタの力。
二人で一人。
果たして二人の父親は一体、誰なのでしょうか?



「呼んでいる!究極のステージが!」


ケルビム兵と戦うシュレードのスパーダはかつてないシンクロを
見せる!
パワーに驚くカイエン、サザンカ!
生身で戦うシュレードが奏でるのは魂の最期のカデンツァ!


「お前はオレ。」

同じ匂いだから、だから匂いがしなかった。
そういうことだね。(笑)



あの日、何もできなかったのが弱虫のアマタ。
自分はアルテアに渡り、記憶を失った。
育ててくれたのがミカゲ、名前をカグラと名付けられた。
もう母親なんてどうでもいい。
欲しいのは「愛しい匂い」だけ!!!



「お前にミコノさんは渡さない!!!」


が、カグラの反転する力に弾き飛ばされるばかりのアマタ!!!



戦いをとある地下洞窟から見ていたミコノは戦いをやめるよう叫ぶ!
が、ついに時は来た!


ZEN「太陽の翼がついに目覚める!!!」


地中が割れ、現れる拳!!!
その拳に捕まれ、外に投げ出されるミコノ!!!
空中に現れたアクエリオンを認める皆!!!
奏でられる旋律に感動するシュレード、求める翼を目にして
歓喜するミカゲ!



地上に立ったミコノを見て、再びぶつかり合うアマタとカグラ!!!


「朝までたっぷり殺し合おうぜ!!!」


カグラが言わんとしている逆転の言葉を聞いて動揺するミコノ!
(私もです!!!)


伝説が現実になる時・・・アマタとカグラの戦いも一つの伝説!?
「痴話喧嘩は犬も喰らわぬ!!!」
痴話喧嘩なんだー!!!(苦笑)



運命に導かれている、というカグラに対し、

「僕には運命を飛び越える翼がある!!!」

と怯まないアマタ!!!



崩落に巻き込まれたゼシカは自分を救いに来たアマタの幻想を見る。
ミカゲ!!!
まだ約束は果たされていない。



アマタとカグラが戦うのをみていられないミコノ。
今こそはっきりさせる!!!
運命の相手だから当然!なカグラに対し、今、この瞬間のミコノが
好きなのだと叫ぶアマタ!!!



熱い気持ちを確かめる!!!
また弾き飛ばされるアマタだが、強い気持ちで立ち向かう!!!


太陽の翼!「金剛不惑翼!!!」



一方、ケルビム兵と戦うシュレードのスパーダ。
吐血したシュレードは限界が近づいていた。
エレメント・チェンジを一度は拒否したシュレードだが
ユノハと強制チェンジ!



空中に浮かぶ神話型アクエリオンのエネルギーが上がっていく。
司令部に戻ったZENは両の手が示す相反する力とつなぐ力、
闇と光の素がそこにある、と語る。
閉じていた二つの記憶が浮かび上がる。
新たなページが始まる。


復活!輝くアクエリオン!!!


見ながら再び歓喜するミカゲ!


スパーダを退けたケルビム兵が神話型アクエリオンを拘束して次元ゲートへと
向かう!
カグラもアマタの隙をついてミコノを奪取すると側に隠しておいたミスラ・グニスで
ゲートへと向かう。



司令部ではシュレードが出撃の直談判!
クレアは次は死ぬ・・・と宣言する。
ネオ・デイーヴァに拾われた時から覚悟していたことだ。
シュレードの微笑みに彼の手を取って出血した血を舐めるクレア理事長。
(これは前作のリーナに似ていますね。彼女の力でシュレードに一時的に
力を与えたのかも?)


最期の約束・・・シュレードの完成した最期の曲を自分にも聞かせて。
ベクター機で追うのはアマタ、シュレード、ゼシカ!



「アタシが合体してあげる!!!」


「運命合体、GO!アクエリオン!!!」


いまだにない旋律で満たされるスパーダ!
敵・・・


磔刑斬撃剣!!!


ケルビム兵を倒したもののシュレードは力尽きる。
合体を解いてしまうスパーダ。


カグラにレア・イグラーを独占させるわけにはいかない。
出撃するイズモ。
次元ゲートを超えてアクエリオンは行ってしまった。
しかし、選ばれるべきエレメントがいなければ動くことはない。
ゆったり構えているZEN。
ミカゲはついにゼシカとの約束の時が来たと微笑む。




ということで、アマタとカグラの父話、神話型アクエリオンに
選ばれるのは誰か、が知りたいところですね。
ミカゲとゼシカの約束も最後の最後でどうなるのか心配です。


カグラの「運命の相手」主張は強烈だけど、今のミコノが好き、と
はっきり言えたアマタ、もう弱虫のアマタじゃないね。
予言などに怯まないで頑張って!
シュレードの最期の戦いにカイエンはどうするんだろ?(苦笑)



↑買ったもののまだ少ししか聞いていないです。(苦笑)



category: アクエリオン

アクエリオンEVOL #21「接吻」感想  

創聖の神話の前で約束は果たされる。
もう一人の自分と再会するアマタ!



「接吻」


アルテアに行くと女は死ぬか男性になってしまう。
MIXを諦められないアンディの力は暴走気味になってしまう。

ZENと行動を共にしているミコノはとある雪山の洞窟の中で
一万年と二千年前の伝説に遭遇しようとしていた。
ミコノを追ってきたアマタは彼女と出会った町で敵に襲われ、
ゼシカの援護で脱出するが!?




**********************************



サザンカ「腐っちゃうーーー!!!」

すみません!!!腐りました!(爆)

だってタイトルの「接吻」のバックにいるのはカイエンとシュレード!!!
これが腐らなくてどうします!?(←勝手に腐ってなさいって!!!)


気分は完全にサザンカですが・・・さて、
この一万と二千年のターン、やはりZENが言っていたように全てが
男と女、生と死、右と左、裏と表、二つに分かたれている、それが
一つになった時、創聖の神話が復活するようです。


記憶の封印・・・それはアマタとカグラだけではなく、ミコノとゼシカ、
特にゼシカが今は不安定ですね。
ミカゲは「約束」と言っていましたが、彼がカグラの過去生の覚醒を
待っていたように鍵になる事象を待って、そして封印を解く仕掛けが
なされているのかも。
「選ばれなかった自分」・・・前作のシリウスと同じ役目を果たしていると
考えていますが果たして!?



ユノハとゼシカは何とか女の子のままでいられたようですね。
ほッ!


シュレード、再びの死ぬ死ぬ詐欺!!!(苦笑)

だって後でまた出撃しているじゃないですか。
これはもう、明らかにカイエンを部屋に連れ込む計画・・・ゴホゴホ!!!
絶望の中で聞いた究極の旋律。


「曲が完成したら一緒に奏でてくれるか?親友。」

そりゃ、あんな瀕死状態だったらカイエンはうなづくしかないじゃないかあああ!!!



最初は不安な様子を見せていたクレアもすっかり落ち着いていますね。
ZENを信じているから。



ゼシカを襲うミカゲの幻影。
いずれ果たされるべき約束。
アンディはMIXを思うあまり、力が暴走しかかってますね。
「ビッグバンを見てしまった!」
気にするのはそこ!?なんだけど、悩みはさらに切実。
男の子になったMIXを愛せるのか・・・。
あああー。
座っていられるのもMIXが埋めた場所だけ。



アマタもまた幻影に襲われて・・・


「やっと一つになったな。」

アポロンじゃないアマグラ!!!(笑)


ミコノを求めるアマグラ、抵抗するミコノ!!!
夢だった・・・。
アマタはある決意をする。



ZENと一緒にいるミコノは相変わらず禅問答のような会話。
両の手に挟まれた闇は暖かい。
覚えがある感覚。
アポロニアスとセリアン。
二万と四千年前の真実をZENから聞くミコノ。
(一万と二千年前がアポロとシルヴィアになるんですね。)


翼を捨てたアポロニアスが操ることができた機械天使。
神話が再び・・・。


ミコノを探して勝手に発進するアマタ!


「早く行ってあげないと!!!」


太陽の翼・・・見ていたミカゲは片割れの君の覚醒を促す。
カグラ・・・アマタの部屋に!?
アマタを追うのはカイエンとゼシカ。
アマタは自分が住んでいた町が変わり果てたことを知る。
ここでミコノとも出会ったのに。


雪山を歩くZENとミコノがたどり着いた創聖の書に記された光と闇の
狭間。




アマタと出会って初めて合体した。
ゼシカにとっても思い出の場所。
ベクター機にアマタの姿は無かった。
厳重監視区域に指定された町、しかし、必ずここにアマタがいると
考えるカイエン。
手分けをして探すことに。



「アクエリアの舞う空」の思いで。
自分が住んでいた映画館、部屋に戻ったアマタは意外な光景を目にする。
誰かが住んでいた形跡、


今まで無かったたくさんのアリシアの写真!!!


ミカゲに飛ばされたらしいカグラは街中を散策中。


「ずっと昔にオレはこの町に来たことがある。」


地面に落ちていた写真にはアリシアと・・・アマタ!!!
アマタ・・・何かを思い出したカグラは絶叫する!

「記憶の封印が解けたようですね。」

やっぱり!



ミコノとアマタが出会った映画館に来たゼシカ。
アマタがやってきたので、命令でカイエンと来た、と恥ずかしそうに答える
ゼシカ。
ミコノが読んでいる気がして・・・アマタの言葉に寂しそうなゼシカ。
脳裏に浮かぶのはアリシアの台詞・・・待ち続ける・・・。
なら


「次の一万と二千年後は私と・・・。」


その時、敵襲が!!!


ゼシカを守りながら逃げていたアマタだが、崩れ落ちる建物を避けきれない!
ゼシカの足が下敷きになって動けなくなってしまった!
自分の事はいいから逃げて、というゼシカ!
見捨てることはできないアマタ。


ゼシカは決意する。


「ありがとう、ありがとうアマタ!」

そっと顔を引き寄せ、接吻・・・。


感情の揺らぎがアマタを空に飛ばす!!!


「だめだ、ゼシカ!!!」


崩落の中に姿を消すゼシカ!
空中のアマタを援護したのはベクター機のカイエン!
それにサザンカ、シュレード!!!
至高の旋律を聞く時は一緒に!!!


「捨身合体!GO!アクエリオン!!!」


「腐っちゃう!!!」


カイエン、シュレードと合体できて本望だね、サザンカ!!!


ゼシカの元に走るアマタ!!!
しかし、前に立ちはだかる少年が・・・カグラ!!!


「見つけたぜ、弱虫アマタ!!!」


太陽の翼が今、目覚める!!!
気付いていた、


「もう一人の俺!!!」



ということで、アリシアが連れ去られる日、見送るだけの
アマタともう一人、悔しそうな目で見ていたもう一人の自分が
いたのですね。
感情によるヴィジョンなのか、本体があるのか分かりませんが
臭いの無い男がもう一人の自分、とカグラはやっと思い出したようです。
もちろん、アマタも。


喪服の婚礼。
その時が近づいている。
ミコノとZENがたどり着いた場所で始まる新たな物語・・・楽しみです!








category: アクエリオン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。