おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エウレカセブンAO #7「ノー・ワン・イズ・イノセント」感想  

「ニルヴァーシュというのか。」
トゥルースはエウレカを知っている?


「ノー・ワン・イズ・イノセント」

ゲネラシオン・ブルの本社前に現れた謎の人物。
次々とさまざまに姿を変えるその人物は、トゥルースと名乗った。
トゥルースはゲネラシオン・ブルに対して攻撃を開始すると、ビルの中へと進んでいく。
正体不明の敵から、宣戦布告なしの攻撃を受けたゲネラシオン・ブルは防戦一方で、
警備兵たちは次々と倒されていく。本社内を進むトゥルースの目的は何か。

スタンリーは本社地下にある「コーラル・レリック」が狙いではないかと疑う。
だが、トゥルースは本社内のライブハウスで歌手のミラーと接触すると、本社上部へと
向かっていった。
本社最上層にあるのはIFOデッキ。
ニルヴァーシュを緊急発進させようとしたアオの前に、トゥルースが立ちふさがる。



***********************************



ゲネラシオン・ブルの中も一枚岩ではないようでアオも休まる場所が
無いですね。
ハイパーレスキューを専門にした民間企業、ではありますが戦闘に特化した
組織でもある。
社長のブランとスタンリーの考え方も違うようでレベッカは何か別のつながりを
持っているようです。


秘密・・・地下に隠しているものとは一体?
感想サイト様で見かけましたがエヴァに似ている、と言われるのもうなづけるかも。
(苦笑)


たった一人でセキュリティを楽々突破していくトゥルース。
レベッカは場合によっては「あれを破壊するよう」命令される。
トゥルースの狙いは地下?



ライブを行う予定だったミラの前に現れたトゥルース!

スタンド・マイクが気に入った!?(笑)

それからずっと持ち歩いているトゥルース。



狙いは下じゃない、上!!!
爆発の巻き込まれるガゼルたち。
パイドパイパーにスクランブルがかかるがエレナがいない!?
一緒にいたフレアとアオは喧嘩をしながらスタンバイ・・・が!!!


ニルヴァーシュに搭乗したアオの目の前に

トゥルースが!!!



「ニルヴァーシュというのか。」
あの女の機体は・・・エウレカを知っている!?
レベッカの指示で単機で発進するニルヴァーシュ!



なんと操縦席の眼前にいるトゥルース!!!


「あの女のものをお前が動かせるのか。」


悲鳴とともに突進するアオ!!!


磐戸島はスカブバーストのおかげで賑わっている。
(某基地に置き換えるとなんともかんとも・・・。orz)
ガゼルは父に会い、島に戻ってこないかと言われるがそれを
拒む。


「皆、真実を隠してやがる。」

それを見つけて、皆とは違う生き方をするというガゼル。



工事現場を歩くナルだが危険だと言われて戻る途中、なんとアオと遭遇!
島に戻っている?
ナルの病は本島でスカブバーストに遭遇してから。
アオに促されて工事現場に入っていくナル。
側には警備員が倒れている!!!



アオはナルの呼吸器を外し、深呼吸をさせる。


「不思議、苦しくない。」


ふとナルはアオと空中を飛ぶ感覚に襲われる。
が、もう一人のアオ・・・ノアを連れたアオに止められる!!!
ガゼルの車にしがみついたナルは飛んでいく。
この世界の真実、

「ナルはもっと面白い。」


お前らには何も見えていない。
アオはトゥルース!!!



トゥルースから流れ込む悪魔のイメージ、光の柱。

「海巨人・・・。」

本当で初めてスカブバーストに遭遇した時の・・・!!!


トゥルースに向かうナル!
止めるアオ!

「この人は私の海巨人だから!!!」


夢だったのか?
気付いたアオは実はニルヴァーシュが地上につっこんで意識を
失っていたのだった。
その間に、実は連れ去られていたナル!!!
真実・・・!



ゲネラシオン・ブルでマーク1=ニルヴァーシュを使うことが
納得できない連合軍や米軍が動き出す。



ということで、ゲネラシオン・ブルはネルフ@エヴァのような
立ち位置になってきました。(苦笑)


ナルはスカブから発生するトラパーに逆に適応できるようですね。
スカブと融合できたエウレカと同じ素養があると考えられます。
トゥルースはスカブのことを良く知っているようだし、「この世界の
真実」を知っている?
スカブ、ゾーンを超えた世界、前作のファンタジーな部分とつながって
いくのでしょうか?








スポンサーサイト

category: エウレカ

tb: 6   cm: 0

エウレカセブンAO #6「ライト・マイ・ファイアー」感想  

必要とされないんじゃない、死なせたくないから。



「ライト・マイ・ファイアー」

あらすじは公式からです。

チーム・ゴルディロックスはカリブ海上空で、シークレットと接触する。
シークレットの思わぬ攻撃に次々と撃墜されるIFOのレクイエム、
グロリア、クレド。
また、三機を救おうとした母艦メドン号も傷つき大破してしまう。
現場に到着したチーム・パイドパイパーだったが、シークレットの
巻き起こす暴風によってシークレットに近づくことすらできない。

アオたちには、破壊されたメドン号やIFOの部品の回収を優先しつつ、
チーム・ゴルディロックスのメンバーの救援をするようにと命令が下るが、
アオはその現場で、連合軍のIFOアイゼンハワーを目撃する。
そのアイゼンハワーには、謎の美女の姿があった。




***********************************



OPに登場している謎の少年が出ました!

トゥルース@井上さん!


前作ではエウレカのライバルとしてアネモネという少女が出ましたが
今作ではアオに対して、と考えるべきかな。
(前作のドミニクはレントンのライバルと考えるには立ち位置が違うというか。)


さて・・・アバンはミャンマーやペルーの政府がトゥルース扮するセールスマンに
そそのかされ、麻薬で設けた金を危ない投資に使って国家転覆の危機にさらされた
描写がありましたが、相変わらずですね。
トゥルースの真の目的がわからない限り、今回の描写が必要なものだったのかまだ
評価できるタイミングではないのですが、個人的にはかなり辟易とした気分に
させられています。(苦笑)



後半・・・アオがやっとブルーノやイビチャ、レベッカの真意を理解して
動き出すシーンは良かったですね。
ただ、もう少し親切に説明してあげればいいのに。(苦笑)



いくつもの姿を持ち合わせたトゥルースが見上げた空にはIFOの軌跡。
「ようこそ、この間違った世界へ。」



発進したチーム・パイドパイパーはメドン号の残骸とシークレット本体を
確認する。
トラパー波の回復を待って追跡するトリトン号とIFO三機。


レベッカが言う機体回収優先の命令よりも人名救助を考えるアオは
納得できないが、レベッカは通信を切ってしまう。
ここは秘密捜査を優先とするゲネラシオン・ブルのポリシーかな。
例えばニルヴァーシュが撃墜されたら本体をさらしておくのは
避けたいところですからね。



とにかくブルーノ以外のパイロット三名は病院に収容され、手当てを受けることに。
クロエと会話することができたアオ。
付き添って・・・のつもりが沖縄からずっと寝ていないアオはクロエの横で
眠ってしまう。
その間にシークレットを攻撃する作戦に取り掛かるフレアとエレナ。


「今回はいいって。」

クロエに起こされたアオは取り残されたことを知ってショックを受ける。


「寝不足のど新人を死なせたくない。」


何が「必要とされていない」!?
ブルーノもここにいないほうが良いと言った。


今までそんな風に思ってくれる人はいなかった。
自分の考えでここに来た。
できることをしようと、ニルヴァーシュを発進させるアオ!


ゴルディロックスが取った作戦は間違ってはいない。
オプションに取りつき、本体を破壊する。
もう一度、自分がゾアに入って、再生する前に本体を攻撃するというアオ。
ゲオルグの賛同と、エレナ、フレアの援護でシークレットに取りつくアオ!
オプションを攻撃、さらにスペアが投下されるアームを伝って本体に
取りついたアオは見事、撃破する!!!


帰投するニルヴァーシュを見て高揚する女・・・少年!


回復したクロエたちに見舞いを送る社長。
が、アオは宿舎で整理されるブルーノの部屋を見る。
自分に死ぬな、と言ってくれた。
自分が人を悲しませてどうする・・・切なくなるアオ。



ゲネラシオン・ブルはあの女、少年・・・いや、今この時から
トゥルースを名乗る少年に攻撃されていた!!!


ということで、周囲の人々の思いを考えつつ前に進みだした
アオでした。
イビチャはアオを「迎え入れる準備がある」と言って確か
ゲネラシオン・ブルに連れていったと思うのですが、犬死させる
ためではないんですよね。
それだったらもう少し訓練してから、とも思うのですが状況は
待ってくれないようです。







category: エウレカ

エウレカセブンAO #5「タイトゥン・アップ」感想  

君はなんのためにここに来たの?
アオは初めて来た本社にとまどう。


「タイトゥン・アップ 」

あらすじは公式からです。


チーム・パイドパイパーに参加することを決めたアオは、トリトン号で
スイスにあるゲネラシオン・ブル本社に到着する。
そこは数千人が働く巨大な塔で、一つの都市に匹敵するだけの規模を持っていた。
アオがフレアに連れられ居住ブロックに向かうと、一緒にやってきたノアが
逃げ出して騒動になっているというニュースが飛び込んでくる。

ノアを捕まえるために駆け出すアオ。
整備が始まったトリトン号から転がり落ちたのは、ガゼルたち3人。
密航していたのだ。そのガゼルは、ゲネラシオン・ブル社長、クリストフ・ブランに
会うことを要求する。
ガゼルはキリエがスカブコーラルから“何か”を抜き出す映像を見せながら、
ブランに取引を持ちかける。



*********************************




パイドパイパーではない他のIFOチームが出ました。

☆チーム・ゴルディロックス


ブルーノ・ハンス - 島香裕
メイヴ・マキャフリイ - 東山奈央
マギー・クァン - 藤村歩
クロエ・マキャフリイ - 松浦愛弓


しかしもしかしたら全滅フラグ!?



本社に来たアオは身体検査。
瞳の虹彩部分の能力がアオは違う、と判明。
彼の瞳にはこれから何が映っていくのでしょうか?


ノアを探して迷子になったアオにフレアとエレナももう少し優しく
してあげても、と思うのですが(苦笑)、フレアは礼儀には細かいようですね。
そんな彼女が目に止めたのはガゼル!!!


スカブ・コーラルから発掘したクォーツがGモンスターを呼び寄せるのでは?
クォーツを採掘してしまうとスカブが滅びることも気づいていて、IFOにも
利用している、パイドパイパーが発掘していたことをネタに入り込んでしまいました!
やり手ですね。



雲に潜んでいたGモンスターにゴルディロックス、ピンチ!!!


何のためにここに来たのか。


ニルヴァーシュとそのまま登録してくれたメカニックに感謝!
アオはイビチャの指揮のもと、発進する!!!


帰る場所があるなら、待っている人がいるならここに来てはいけない。
ブルーノは死の危険を教えてくれようとしたのですね。
アオの決意と夢は命を賭したものになりました。






category: エウレカ

tb: 0   cm: 0

エウレカセブンAO #4「ウォーク・ディス・ウェイ」感想  

ニルヴァーシュといれば母さんとつながっているから。
アオの旅立ち。


「ウォーク・ディス・ウェイ 」


ゲネラシオン・ブルのフレアとエレナの援護を受けてGモンスターを
撃破したアオ。
トシオと会ったイビチャはアオがエウレカの子供であることを確認し、
引き取る決意があることを伝える。
承諾するトシオ。


かつて巨人に助けられたことがある男に助けられたアオは本島にやって
くるがそこにも追手が・・・。
ゲネラシオン・ブルのメンバーと再会したアオは自分を連れて行って
欲しいと懇願する。
ニルヴァーシュと一緒にいればきっと母さんに会える・・・。



*********************************



物語もアオも早く沖縄を離れたほうがいいですね。(苦笑)
現実リンクしなくても言いたいことが十分、伝わっていたと
思われる前作が懐かしく思えるところです。



エウレカと海巨人に助けられた人々は島民の中に少なからずいたのですね。
だからアオ親子を憎んでいる人もいれば、命の恩人と思っている人もいる。
まさに二つに引き裂かれた島と島民の感情そのものなのです。
アオがどんなに「助けたい」と思っても、何も返って来ない島。
運命の出会いは成された。
それなら出発あるのみ!ですね。



マーク1を求めるのは日本軍だけではない。
アメリカも同じで必死に探している様子。
問題は前に立ちはだかるGモンスター。
向かっているアオとニルヴァーシュには無線が使えない・・・
というか使い方がわからない!!!(苦笑)


「アニメみたいにはいかないか。」


せめてアムロが持っていたマニュアルがあれば・・・かな。(笑)
でも、ニルヴァーシュは優しいからEASY MODEにしてくれましたね。


日本軍に通常兵器は無理!とアドバイスするゲネラシオン・ブルだけど
攻撃を仕掛けて逆襲される!
やっとアオと連絡が取れたフレアは「子守り」よりも大変な仕事を指示されて
しまったよう。
でも、アオが提案したフレアとエレナを囮にした接近戦が採用されて
捕捉圏=ゾアにつっこむことに!!!



Gモンスターに捕捉される前の数十秒でアオは接近!
トリトン号から補助パーツを射出してもらって攻撃開始!
爆発する巨大なGモンスターと艦載機。
爆発に巻き込まれるアオ!!
見ていたナルはアオを心配して絶叫する。



アオはとある男に助けられていた。
浜辺に隠されたニルヴァーシュ。



Gモンスターがいなくなったことでスカブコーラルの周辺は立ち入り禁止に。
しかし探っていたガゼルたちはフレアとエレナが有毒地帯と封鎖されている
地域にマスク無しで侵入。
スカブから光るコア・・・クォーツを取り出しているのを目撃する。
活動を停止するスカブ。
もしかしたらアオも一緒に!?
ガゼルたちも動き出す。


トシオに会ったイビチャはアオを連れて行く用意があると伝える。


「フカイ アオはエウレカの子供ですね。」


ナルは自分も連れていってほしいと懇願する。

「アオは私がいないとダメなんです!!!」

アオの理解者がいないことをナルは良くわかっているんだね。
今までも、そしてこれから一緒に行こうとしている人々もまだ
信用できない。




男に連れられてきたのは本島。
トラパーはエネルギーとして有効利用されていて沖縄本島は発展を
遂げている。
でも、採掘権は沖縄連合政府には無いようで、そこが完全独立とはいえない
部分のようで。
補償金問題にもなっているようですね。



男の姉に御馳走になったアオだけれど姉、そしてタクシーの運転手から
足が付いたアオはまたお尋ね者に!!!
トラパー採掘工場にいたイビチャやレベッカたちと合流することが
できたアオ。
トシオとの別れを感じてアオはうつむく。
でも・・・


「オレをゲネラシオン・ブルに入れてくれますか?」


一緒に行きたいナルだけど・・・。
病気のことを調べてみるというアオ。
代わりに懐いたノアを連れて行く。涙・・・。


早速、連合軍のIFOが来た!!!
発進してすぐにトリトン号に収容されるアオのニルヴァーシュ。
ニルヴァーシュにいれば母エウレカとつながっていられる。
いなくなった父を許すことはできないけれど・・・。



ノアがいない・・・と思ったら格納庫!?
ガゼルたちが密航していた!!!


ということで翼を得たアオ、ガゼルたちの出発でした。
まずはニルヴァーシュを使いこなせるようにならないとね。
ゲネラシオン・ブルが採掘していたクォーツがエネルギー源、つまり
コンパクドライヴになっていると思われます。
災害と恩恵と。
トラパーによって発達していく世界。
共存はエウレカのテーマでもあります。









category: エウレカ

tb: 1   cm: 0

エウレカセブンAO #3「スティル・ファイティング」感想  

「こうすれば貴方を覚えてくれる。」
待っていてくれた、僕を!!!



「スティル・ファイティング」

あらすじは公式からです。


マーク・ワンと呼ばれるIFO、その名前はニルヴァーシュ。
島の洞窟にニルヴァーシュを隠したアオは、ナルの父・ミツオと出会い拘束され、
カズユキの道場へと連れて行かれる。
カズユキは語る。
13年前、謎の妊婦が空から落ちてきた。
その女を助け、かくまったのが医師のフカイ・トシオ。その彼女から生まれたのが
アオだった。
そして10年前にスカブコーラルが出現し、スカブバーストが起きる。

青色の髪の彼女が、スカブコーラルを呼び、海巨人(うみきょんちゅ)を怒らせた
のではないか。
その噂は根強く磐戸島の島民に信じられてきた。
チーム・パイドパイパーのレベッカは、沖縄自衛隊の幹部に、再びシークレットが
襲来すると説くがなかなか信じてもらえない。
またイビチャは、ニルヴァーシュを動かしたのがアオという少年であることを知る。



************************************



「俺に何ができた!」


アオの言い分はもっともで。
展開的には「NARUTO」と同じですよね。
里を破壊した九尾の妖狐を宿したナルトは大人たちの憎しみ、疎外感を
感じながら育ち、自分の力で周囲を変えていく、そんなサクセス・ストーリーです。


ただこの「エウレカAO」は「NARUTO」や前作に比べると、状況設定については
現実リンクが甚だしく実際に見ている皆が楽しめるかというと微妙なものを感じます。
沖縄の人たちの感情を考えたほうが良いのでは?
大人たちへの強烈なアンチテーゼも感じますが、正直、私はアニメでは
やって欲しくない、というのが本音です。
(実はガンダムも他局で作って欲しいなあと思ったことも。苦笑)



さて、さて・・・
アオの出生時の様子やニルヴァーシュという名前が出てアオがエウレカの息子で
ニルヴァーシュの操縦者の後継、というのがはっきりしましたね。
前作では「コンパク・ドライヴ」という個別認識される小型装置が無ければ稼働しな
かったのですが、今回も認識されているアオだけが機動させることができました。


コンパクドライヴについての説明はWIKIから転載します。
コンパク・ドライヴとは人と機械を結ぶ制御装置で(見た目は緑色、透明の三角柱。
作動中には中心部が光る)作中では機械に標準的に搭載されている、いわばエンジン
キーの代わりである。


なぜエウレカのブレスレットを日本軍が持っていたのか・・・つまり
ニルヴァーシュにそのまま装備されていたと考えてよさそうですね。
で、ニルヴァーシュを接収した時にガゼルが運んでいたアタッシュケースに
収められた。
やっと本当の持ち主であるアオのところにやってきた。
ガゼルはそこは良い仕事をしましたね。



アオが持っていたスコープには会話や居場所が探知できる装置が
付いていたようです。
ガゼルは状況を全部、把握したようですね。



ニルヴァーシュの側を離れたアオはナルを探しに来たナル父たちに
拘束されてしまう!
アオが連れていかれたのはカズユキの道場。



その頃、スカブバーストが収まったという理由でバイドバイパーの
皆さんは沖縄から追い出されようとしているようです。
が、どうしてもあの機体・・・マーク・ワンを探したい!
でもエレナが自衛隊に拘束されてしまった!
引き取りにくるフレア。
レベッカはチーフのイビチャの代わりに自衛隊と折衝することに。



皆に責められたアオはカズユキから母がやってきた時の状況を
聞くことができた。
青い髪をした妊婦がどこからともなく海に落下してきた。
フカイ医師に助けられ匿われた親子。


3歳の頃、スカブバーストが起き、ナルの一族も島の皆も
被害に遭った。
だからその「海巨人」の怒りを引き起こしたアオ親子を許すことは
できない。
でも、母にも自分にも何ができた!?
怒りと理解と感情が入り乱れるアオ。



ガゼルは独立したとはいえ、日本からも中国からも自立できない
本島に嫌気がさしていた。
スカブコーラルには被害を受けていたけど発生したトラパー波を
利用したバブル、発展は本土を潤していたのですね。
それに乗り切れない沖縄。



バイドバイパーはどうしてもニルヴァーシュとそのパイロットを
捜したい。
乗っていたのが青い髪をしたアオ、という少年と知ると探し始める!
同じ頃、ガゼルも動き出す!


アオが拘束されている道場にツッコむガゼルのFP!
なんとガゼルはカズユキの息子だった!
独立した、というならなぜスカブの補償金を断らなかったのか!?


「見てろよ!俺はやってやる!!!」

完全な沖縄の独立を!!!



その頃、島に接近していた雲の合間から巨大なGモンスターが!!!




カズユキのFPから一度降りて自宅に戻ったアオは燃やされたトシオとの
家を見て驚く!
ここまで酷い仕打ちを受けなければならないなんて・・・。
大事なものを運び出したトシオは誰も恨んではいけないとアオを諭す。
この島の人たちはここ以外では生きられないから。
守らなければならないから。


謝るトシオを振り切って母と一緒の写真だけ持って飛び出すアオ!!!


「俺だってこの島は好きだったんだぞ!!!」


巨大なGモンスターを前に自衛隊と再契約して出撃するバイドバイパー、
フレアとエレナ。
頼みにできるIFOは二機・・・いや三機!?


最初のシークレット、艦載機は撃破したものの大量の艦載機を発進させる
Gモンスター!


「守るのかよ!」

二度と乗らないと言った。一度は。
アオをニルヴァーシュまで連れてきてくれたガゼルはアオの気持ちを
問いただす。


「乗らなかったら後悔する。」

カズユキのように息子に「済まない」なんて言わせたくない。



トシオのところから持ってきた写真・・・髪を染めたエウレカの言葉を
思い出すアオ。


「そうか、覚えていたんだね、ずっと。」


出撃するニルヴァーシュ!!!


ということでアオはアオの気持ちで島を守ろうと決めました。
切ないですね。
天災と思える状況をただ二人の親子のせいにしてしまう。
狭い世界、狭い考え。
思うところが色々ありますが、早くアオ、ガゼルは島をまず出ることですね。








category: エウレカ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。