おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

弱虫ペダル GRANDE ROAD #24(最終話)「WINNER」感想   

空はこんなに青かったんだ・・・。
勝負の終わりに見えた景色。



「WINNER」

チームのジャージを届けるためにペダルを回す坂道と、最後の力を振り絞り
山頂を目指す真波は、全力のラストスプリントへ。
インターハイ、遂に決着!



**************************************



終わってしまった・・・。(涙)


後日譚とか、さらなる決意とか、おまけ風味を入れてくれるかと思ったのですが、
綺麗に坂道くんの望みがかなって(笑)終わってしまいましたー!
来週から、アニぺダが無いのだと思うと本当に寂しいです!



ともかく、ラスト・バトル!
坂道くんと真波くんの決着がつきました!!!


巻ちゃんと東堂さんの時のように・・・

勝者は空を仰ぎ、敗者は項垂れる・・・。


瞬間、坂道くんが勝ったのだと分かりましたね。


優勝・・・176番、小野田坂道選手!!


届いた!僕達のジャージ!!!


しばらく走り続ける坂道くんと真波くん。
全力を出した感の真波くんの表情にぐっとくるものがあります。(;;)

「出しきったよ。もう、何ものこってない。
おめでとう。勝ちだ。キミの。」


あううう・・・

もう握手をする力も無い。


「キミと走れてよかった。」


肩をぶつけ合って健闘をたたえる二人が良いですね!(号泣!)


駆け寄ってくる総北サポートメンバーの皆さん・・・
特に

坂道くんを抱きしめる手嶋先輩に胸熱!!!


そうか・・・こんなに空が青かったのか。
坂道君もですが、私もIHが始まった江の島から箱根までの三日間、美しい青空、
海、緑の山の風景を堪能いたしましたわ♪


ずっと走っていたから。
靴や手袋を取ってもらって介抱される坂道くんを見て、一人感動を噛みしめる
幹ちゃん。
頑張ったね!!!


後続の選手たちがゴールしてくる。

福ちゃん!東堂さん!

さすが、箱学、3位を取りに行った巻島先輩をかわして3,4位を
取りましたね!
巻ちゃんはお疲れモード、送り出してくれた今泉くんと5,6位でゴール!
でも、アイツが取ってくれた!!!

バイクを投げ出してジャンプする巻ちゃん!!!


坂道くんに抱き着き!!!
こんなに熱い巻ちゃんは初めて見たかも!?
そして、今泉くん!


高い、高い・・・お父さんですか?(笑)


途中で投げ出したくなった。
坂道くんが、投げ出さない男だって皆、分かってるんだね。
そして、必ずやり遂げる男なんだってことも。


山中湖の救護所にいる金城さんと鳴子くんも涙が止まらない!
出てくる言葉も「小野田!」しかない!!!
金城さんも高校生だね。(^^)


対して、箱学の荒北さんと泉田くんもテントの中。
悔しさを抑えられない泉田くん。
やりきった感がある荒北さんだけど、福ちゃんの事を考えるとやっぱり
悔しいよね。(;;)


サポート・メンバーを讃える田所さん。
T2の無念の気持を受け止めてきたんですものね。
坂道くんが落車した時も、田所さん自身が二日目リタイア寸前になった
時も送り出してくれたのはT2。
応えてあげることができて本当に良かった!



ステージでは表彰式の準備が始まってる。
坂道くんは不慣れなインタビューに四苦八苦。(^^)
15cmのステージに皆で登るためにここまで来た。
金城さんは、鳴子くんは・・・。
ここにいないことが無念の田所さん。



さて、箱学のテントは誰も近づけない雰囲気。
表彰式だ、と気後れしないで入っていったのは真波くん。

「涙がたくさん出たので、おさまるまで
景色見てました。」


うわーん!!!
まだ、涙が・・・


ジャージを締めていれば勝てたんじゃ、とか(^^ゞ)ギアを上げなければ
勝てたんじゃ・・・とそう思ったりしたのはともかく・・・


真波くんの全力をもってしても勝てなかった。
レースは終わってしまった。
福ちゃんも東堂さんも真波くんの涙で全部、分かっているから振り返ったりは
しないんだね。



真波くんの中にも「チームのために走る事」がちゃんと芽生えてる。
負けて、王者の称号を取り戻すために必要なものが何か、真波くんが
分かっているならそれで良いのでしょう。


「真波、おまえに来年その地位を奪い返そうという
強い意志はあるか!!」


「はい!」


自分達は卒業する。
真波くんがそれを忘れさえしなければ。
自分達とは違う意志で天辺を取りに行った総北には惜しみない拍手を。
箱学の皆さん、潔いです!



表彰式。
全員で登りたかった・・・と躊躇する田所さんの目に一台の車が・・・!

金城さんと鳴子くんが来た!!!


良かったー!
ジャージを着た6人が手をつないで表彰台に上る。


ゴールじゃないけど、鳴子くんの願いがかなって

嬉しいですー!!!(感涙)



鳴子くんの夢があったからここまで一年生が奮闘した・・・とも言えるもんね!

優勝カップ、花束・・・皆の笑顔が眩しい・・・


巻ちゃんがまさか泣いてるなんてーーー!!!


だから良いんだよねえ!巻ちゃん!!!(^^)
いつもクールで、冷静に状況判断ができる巻ちゃんだから、優勝の可能性なんて
信じていて、だけど、信じていなかったんだろうね。



救護テントの中で起き上がらない一人・・・

御堂筋くん!


燃え尽きたんだね。
けど、また勝負はここから!



大会は終わり・・・


総北高校自転車競技部の今日のメニューは優勝の立役者、坂道くんの好きな
コースを走る!こと!


どこに行くのかと思ったら


予想通りのアキバ!!!


分かってる感がある鳴子くんと今泉くんに対して3年生がキョドってるのが
可笑しい!


坂道くん、水を得た魚のように先輩達に似合うアイテムを選んであげて
ますね!
金城さんには大仏仕様のグッズ!
田所さんはもちろん、ヒメヒメぺったんこ♪CD!
巻ちゃんにはクモタロウ、10匹!ひええ!



買い物が終わって帰路に着こうという皆さんに・・・

「差し出がましいかもしれませんが。
あの・・・さ、さき程の先輩方へのあれは、ボクからのプレゼントです!!」



アニ研の夢が無くなって、一人だった自分の可能性を引っ張り出してくれた。
先輩と仲間、友達ができた。
坂道くんの世界は大きく広がったんですものね。
みんながいなかったら今の自分はここにはいない。
坂道君が自分で選択したとはいえ、人生の転機はどこに落ちているのか分からないもの
ですね。


さあ、また道を進めよう。
総北の魂を受け継いで!



ということでIHの決着まで2クールかけてじっくりと、そしてスピード感溢れる
作画で楽しませていただきました!
原作派のお友達情報によると、アニメは時系列の違いがあったり、台詞の取捨選択が
あったりで思う所はあったようですが、アニメ・オンリーの私としては中だるみは少々、
感じたものの、作画の素晴らしさにただただ圧倒される作品であったと思います。



原画展に行きましたが、自転車部分はやはりCGメインで、顔や身体が別に動くよう
原画に指示がされていました。
実際に自転車に乗っている人間の身体の動きとか、勝負を決める時の表情とか、
スタッフの丁寧なキャラ描写とハイスペックなバイクのCG描写が見事に融合した
まさにハイケイデンス!を感じる「アニメになって良かった!」作品ですね。



作画もですが、正統派な熱いスポーツ作品は男の子の闘志をかき立てるもの!
声優さんもチーム一丸となって作品を応援し続けた、内なる力をがっつりと
表現してくれました。
新人の山下くんはまさにリアル坂道くんで、これからの活躍を大いに期待しています♪



個人的には、IHあたりからハマりにはまって、アニメイト・カフェ、ナンジャタウン、
サンシャイン展望台、オンリー・ショップとありとあらゆるフェアに参戦してきた気が
します。(^^ゞ)
弱ぺダの絵は独特の個性があって、万人受けする絵とは言えないし、全員がかっこいい!と
いうわけではないのですが、惹きつける魅力がたくさんキャラに宿っています。



ただひたすらペダルを漕ぎ、ゴールを目指す自転車レースにこれだけのドラマを
盛って面白い作品に仕立て上げる。
キャラ一人一人の魅力の成せる技、と実感しました。



3年生は卒業してしまいますが、果たして総北の3人の願いはかなうのか。
以降もぜひアニメ化していただきたいと思います。
スタッフ、キャストの皆様、ご苦労さまでした!


EDカードは女子の皆さん・・・御堂筋くんのおかあさーん!!!


********************************************




アニメが終わった今日、31日でカラオケの鉄人×弱ぺダのコラボも終了します。
最後にもう一度・・・と思って所用を済ませた後、行って2杯いただいてきました♪


カラ鉄37


また手嶋先輩が来たーーー!!!(^^ゞ)


安定のT2引きがまた炸裂です!!!
(この間の町田でも引いたんじゃ!!!)

坂道くんがゴールした瞬間を思い出して、ぐっと来ました!
カラ鉄さんにもお世話になりましたー!













スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 5   cm: 0

弱虫ペダル GRANDE ROAD #23「約束の道」感想  

ここからが最後の勝負!
二人のラストクライム!!!


「約束の道」

あらすじは公式からです。

総北全員の想いを託された坂道はただ真っ直ぐに突き進む。
一方、真波も頂上を目指し、逸る心と共にギアを1段ずつ上げていく。



**************************************



後、何メートル・・・で最終話の前まで来てしまいましたー!
「坂道を見ると笑顔になるんだ。」
そんな二人の最後の勝負、アドレナリン出まくりで、こっちも思わず
手に力が入ってしまいます!


先日、真波くんと同じメーカーさんの真っ白なロードで激坂をシャツ&ズボンの
学生服で登っている男子高校生がいまして、車を運転しながらつい注目!して
しまいました!!!←わき見運転は止めましょう。(^^ゞ)
ああいう風にかっこ良く登りたくなるよね!



ギアを10段目まで上げて、勝利を確信する真波くんだけど、さすがに疲労が
増して、思うように進まなくなってきてますね。
辺りの風景までが暗くなっていく・・・。



ここの彼の発想が、病気を克服した、自転車に乗れるようになった・・・
進化する過程での障壁と前向きにとらえる精神構造がすごいですね。
これも逆境=マイナスからスタートしているが故の強さなのかもしれませんね。



新しい翼が出たーーー!


思わずヱヴァを思い出してしまったーーー!
身体は痛い、軋んでいるけど心は一番、逸ってる!!!


「痛た華やいでるって感じだ!!」


わはは!きーちゃんを思い出しちゃった!
悔しくて楽しい!みたいな!(^^)
行ける!と確信する真波くん!




真波くんが進化してトップを激走しているのを救護車で聞いているのが御堂筋君。
ねっとりとした凄みにこちらも磨きがかかってます!?
自分が最後にマークした二人。


御堂筋くんと真波くんが勝負で求めるものは同じだから、「~のために」という気持ちを
原動力に走る坂道くんのキモさのほうが御堂筋くんには不快で、石垣さんと同じニオイを
醸しているんだろうね。
だから強い=キモい。
真波くんも用心しないと。



真波くんの背中を必死で追いかける坂道くん!
すでに真波くんが違うベクトルで走っているのに(「さよならだ」って決別してたからね。)
一途に真波だけを追いかけている。
そういう気持でいたから、真波くんの背中が見えれば


笑顔になるのは当然!


ある意味、勝負とは違う執念を感じて怖いーー!(ごめーん!^^ゞ)
足が回る!
ペースが上がる坂道くん、コース取りも滅茶苦茶でボードにぶつかりながらも激走!!!



決別したはずの彼が追いかけてきてさすがに驚きを隠せない真波くん!
でも、すぐに勝負モードに切り替えですね。


「キミはそうやって速くなるのか!!」


”キミ”がまさか、「恋のヒメヒメぺったんこ」で追いかけてきていることを
知ったら、思い切り脱力しそう!?
ともかく追いついた!
ここからが勝負!




で、それを見守る皆さんのターン。

青八木くんがしゃべったー!!!(^^)


思わず皆を誘導せずにはいられなかったんですね!
手嶋先輩も坂道くんの力を信じてる!


ゴール下で待っているのは委員長と坂道母。
ノーマルカプでは真波&委員長は好きなカプです。(笑)
真波の天然タラシはどうしようも無いけど、委員長のツンデレがタイミングを
全部、逃しちゃってるんだよねー!
一緒に自転車で走ってあげればいいのに残念過ぎる!!!


でも、それで応えたからって、真波くんが見ている方向は多分、変わらないだろうし、
委員長ちゃんが分かっているのが胸キュンなんだなあ♪


「私の事なんかちっとも見ていない」


ってね。


だけど、ちゃんと分かってる。
「生きてる」って真波くんが自転車を通して証明したいことを。
一瞬の声援に笑みを浮かべる真波くんがいいね!



坂道くんの応援はお母さん!(笑)
やっと気づいたよー!
大事なものを託された時の息子は一味違う!
それが分かっているから、今、息子は最後の大勝負に挑んでる!
坂道くんもお母さんに似た声がしたから「はいっ!」って良い息子だー!!!



救護所で実況を聞いているのがアブくんと・・・

黒タンクトップ姿で全部、持っていった荒北!!!


せくすィーーー!!!
脱力感が溢れているところも美味しいですわー!!!
胸の筋肉が美味しいところもがっつり描かれていて、さすがスタッフさんの
力の入れ具合が見事に表れています!!!(鼻息!)


自分が引っ張り上げた二人がまさかゴールを争っているなんて。
「小野田ちゃんは置いてくれば良かった」なんて言ってたけど
心のうちでは嬉しかったんだよね。
二人がどこまで行ってしまうのか分からないくらい未知の力に溢れて
いたから。



金城さんと鳴子くんも興奮を抑えきれない!
特に鳴子くん、出血がー!!!



のんびりモードの新開さんと田所さん。
激坂に魅力を感じるか、直線に魅力を感じるか。
それは人それぞれだね。
自転車乗りはバカで純粋。
ひたすらペダルを回すだけの純粋で、単純なスポーツをここまで熱くして
興味を持たせてくれたのはこの作品ですよ。
それを二人の会話から感じ取ることができましたわ。



さて、勝負はトップ争いだけではない!
3位を取るために先行する東堂さん!!!


「オレは史上最強のチームを作った!!

掴め真波!!おまえならできるはずだ!!」



福ちゃん、自身の成績よりも箱学が勝つ事が一番なんだね。
「オレは強い」から「オレ達は強い」へ。
2日目の金城さんとの勝負以降は目立たなかったけど、福ちゃんの望みは
金城さんとの勝負と優勝だから、後は勝てばいいだけのことなんだ。



激走する坂道くんと真波くん!!!
山頂を、ゴールを獲るのはどっちだ!!!
車輪がゴールを越える!!!




と、いうところで次回に決着!となりました。
もしも、真波くんが福ちゃんの言うとおり、ギアを8枚に留めておいたら
足の疲労もほどほどで坂道くんに追いつかれることは無かったかもしれないですね。
でも、それでは多分不完全燃焼に終わる。
悔いの無い走りを選択した結果ですね。



Cパートも皆の思いが伝わってくる!
感動したー・・・んだけどCM背景、ついに坂道くんの眼からもビームが
出てしまったー!!!
逃げて、真波くん!!!(笑)







category: アニメ

tb: 6   cm: 0

弱虫ペダル GRANDE ROAD #22「真波と坂道」感想   

見せてみろ!
勝利への渇望を!


「真波と坂道」

あらすじは公式からです。

御堂筋との死闘でバイクフレームにヒビが入った今泉を一気に抜き去る真波。
自分の追走は難しいと判断した今泉は、坂道に総北の魂を託す!



******************************************



真波くんのイっちゃってる感が半端ないー!!!


坂道くんがビビるのも無理ないですね!
出会いの時の


「ポカリでいいかい?」

とか

「楽しいね、坂道くん!」


なーんて言っている真波くんが通常モードでレースの時もそんな感じの・・・
と思ったら大間違いでまさに、切るか切られるかの真剣勝負!
与えられた生をそのまま勝利への渇望に結びつける。


「オレ、生きてる!」


それ即ち、山で勝利することに他ならないのですね。



メカトラブルを起こした今泉くんに追いついた真波くん、あっさり先行!
そのまま福ちゃんは真波くんを押しだす!
これで箱学の勝利は揺るぎない。
福ちゃんが拳を突きだした瞬間、感じる波動は・・・


坂道くん、付いてきてたー!!!


愚直なまでに・・・というしかないですね。
けど、そんな坂道くんだから今泉くんは安心してここまで走って
こられたのかもしれないね。


一年生クライマーが最後の勝負に出る!
今泉くんの表情が優しくなったー!(^^)
自分の勝負は残念だったけど仕事をやりきった、そんな感じだね。
三日間で本当に成長した!!!



ただ、信じて、託して、受け止めて。
気持だけが戦略の一本の筋だった総北。
箱学は”勝てるレース”をしてきたし、福ちゃんは何より金城さんも
”勝てるチーム”を目指してきたと信じ切っていた。


でも、金城さんの”勝てるチーム”は”気持で負けない”チームだったんだね。
気持なんて不確かなものは金城さんらしくない、と思うかもしれないけど、
かつてのしがらみを流すのは何よりも”気持”なんだから、福ちゃんも
理解できることだと思いますね。


だからキセキは起こるのかも。
嬉しそうな総北陣営!
T2さんたちも後輩の予想外の働きに嬉しそう♪


その後の真波くんVS小野田くん・・・


真波くんのラスボス感がすごい!!!


ギャップ萌えですよー!
委員長が見たら、卒倒しそうです。
その委員長さんは坂道母とのんびり話していますが、坂道母・・・
気付け!!!(^^)



真波くんの翼はますます枚数を増やし、加速する!
負けない坂道くん・・・ギアを軽くして高回転をさらに加速!!!
抜いたーーー!!!




しかし、福ちゃんに送り出された真波くんは「勝つ男」。
勝利への執念は誰にも負けないことを福ちゃんは知っていたんだね。
山は必ず取る。
坂道くんとは逆にギアを上げて、登りまくる真波くん!
足への負担はもろ刃の剣。
ギアを8枚目までにしておけと福ちゃんは言ったようだが・・・



けど、福ちゃんの心配は追いついてきた東堂さんに言わせると、まだ
クライマーを理解しきっていないのだと言う。
クライマーは坂を見たら登らずにはいられない。
さから行った。
「自由に走れ」と。



その通り、

真波くん、福ちゃんより東堂さんのアドバイスを選択!


原作派の方によると、真波くんの東堂さんリスペクトの良い台詞があったそうですが、
カット・・・されたようですね。
私もそれ、見たかったですわ。(;;)



坂道くんにあっさりと追いつく真波くん!
どんどん引き離していく!!!
このままでは・・・坂道くん、どうする!?



ということで、まさか1年生クライマーがゴールを狙う戦いになるとは!
次回、決着の時!?



Cパート・・・
真波くんの予想外の行動に荒北さんも苦労してそう。
べプシを買おうと思ったのに烏龍茶。
現れたのは金城さん!

ハンドパワー!!!


変わったのは良いけど、水じゃダメだね。(^^ゞ)







category: アニメ

tb: 5   cm: 0

弱虫ペダル GRANDE ROAD #21「91番」感想  

見えた、掌の中の色が。
幸せの色。



「91番」

あらすじは公式からです。

何度もアタックを繰り出す御堂筋と、それを抑える今泉。
二人のバトルが加速する中、レースは富士あざみライン唯一の大下り区間へと突入する!



*************************************



御堂筋くん・・・。(;;)


ついに今泉くんとのバトルが終局を迎えました。
ああいう形になってしまうとはね。


弱ぺダのキャストさん達のほとんどが自転車にはまってアチコチお出かけに
なってらっしゃるようで(^^)、キャスト・トークで経験談を話してくださると
アニメを見ていて「ああ、そういうことか」と思う事がありますねえ。



御堂筋くんは二日目で仲間のことごとくをそぎ落とし、最後は石垣さんだけを
アシストにしてここまでやってきた。
たった一人の強さは認めるところだけど、前に一人置いて風よけになってもらうだけで
負担は大きく変わるそうですね。


筋力・体力だけじゃない。
空気、温度、全ての条件が身体のあちこちから力を奪っていく。
それを温存しながら走る事もレースでは大事な要素になる。
御堂筋くんがこのIHで学んだものは今泉くんとは違う意味ではあるけれど
同じくらい大切な事になったのではないかしらん。
個性は絶対、変わらないと思うけどね。(笑)



さて、富士山五合目に現れたのは坂道母と委員長!!!
話が全くかみ合っていない・・・というか坂道くんのお母さんが
電波過ぎるんだけど、電波なだけに・・・


恋バナセンサーが鋭い!!!(^^)


いつの間にか息子自慢、幼馴染(本当は彼と言いたい)自慢になってるー!!!
因縁の二人と知れば、これはもうポカリがつなぐ運命ですね♪
(コラボしているポカリCM!)



坂道くんには「何かの役割を任せられるといい」と話すお母さん。
初心者だし、優しい気質の坂道くんには今年はそれでいいかもだね。
でも、来年は後輩も入って来るし、自分で考えて、自分で動けるように
しないと。



何があっても先頭は譲らない!!!
勝利を信じる今泉くん、まさかの

メカトラブル!!!


いやー、ここで落ちるのでは、と思ったけど気持で怯まない強さは
本物ですね!
フレームならまだ走れる!!!


二度、レースを投げた。
でも金城さん、仲間たちと全てを分かち合ってつないだジャージを自分は
着ている。
何があっても、負けるわけにはいかない!!!
御堂筋くんの全身アタックにもひるまない強さ。


今泉くんが折れないのを見て、まだ何か足りないと実感する御堂筋くん。
髪の毛を切っても、まだ足りない。(^^ゞ)
だけど・・・約束だから


「前へ進むんや。」


ぐおー!ここでお母さん話ですかあああ!(涙)


レースの後は抜け殻のようになった。
でも、終わる直前に感じる黄色い幸福感。
病院でお母さんに会った時に感じる時の色と同じ。
幸せの色。


何と左足が!!!
黄色いジャージが前に進んで、背中が遠のいていく・・・。
御堂筋くんが恋しく思う色が総北のジャージの色とは皮肉ですね・・・。



片足だけでも、と執念を見せる御堂筋くん。
何故かこんな時に石垣さんのことを思い出した!?


「御堂筋・・・おまえは純粋すぎる。

純粋すぎる思いは時に人を、自分を削る。

だから、どうしようもなくなった時のために、この言葉を送る。

もしもの時、思い出してくれ。御堂筋。

おまえには未来がある。結果は必ずいつか報われる。」



石垣さん、できたお人だー!!!(号泣)


自分を削って、削って、燃え尽きる瞬間に幸福を感じる御堂筋くんの
危うさを2日目のリタイア事件で気づいたのかもね。
全てを投げ打ってレースに臨んでいるからこそ、真っ白に燃え尽きた後、
それが敗北の後だったら?


未来がある。
続けて欲しい、と願う石垣さんの思いに感動です!
それを「キモッ!」と答える御堂筋くん・・・。


脇の草むらに倒れ込む御堂筋君・・・。



落車の声を聞いて、自分が御堂筋くんを倒したことを実感する今泉くん。
残りは2700、勝てる!!!


と思ったら、風が・・・


白い翼・・・真波くん!!!

「やぁ、やっと追いついた、今泉くん!」




いやー、この沖田くん的いっちゃってる感(私個人の定義付け。笑)が良いですね!!!
王者がこのまま引き下がるはずが無い!


「オレたちは強い!!」



おおー!福ちゃん、オレ達と来ましたか!



やっと箱学エースの出番ですね!
破損したフレームで今泉くんが先頭をキープするのは難しい。
必死に追いかけてきている坂道くんが鍵になりそう♪



Cパート・・・


「尽くすぞ」・・・オレ達の全力!!!
で、金城さん仕様のグラサンをかけて子供ランドの乗り物アトラクションにも
手抜きをしない今泉くんと坂道くん。(^^ゞ)
自転車もまあ、形から・・・なのかもだけどこれはねー。


CM背景・・・ちょっとーー!!!御堂筋くんのママに謝りなさいよおお!(笑)







category: アニメ

tb: 4   cm: 0

弱虫ペダル GRANDE ROAD #19&20「今泉VS御堂筋」感想   

俺達のどちらかがゴールを取る!
甘い夢が力になる。



二話、まとめて。
あらすじは公式からです。


「坂道の役割」

チームの為に強くなる決意を秘め、懸命にペダルを回す坂道は、遂に前方の御堂筋と
真波を捉える。
御堂筋の持ちかけた「エースまで早く辿りついたものを、ゴールまで追い抜かない」と
いう勝負に坂道も加わり、三つ巴の攻防戦が行われる中、坂道はコースアウトしながらも、
なんとか二人に食らいつき…。

「今泉VS御堂筋」

先頭に追いついた坂道は今泉と合流を果たし、お互いがゴールを目指す意思を確認する。
そこで御堂筋がすかさずアタックを仕掛ける!



*****************************************



今泉くん劇場炸裂!!!


精神的にタフになりましたねえ!
御堂筋くんへの執着を一度は捨てて、チームのために走る事で強くなった今泉くんが、
結果的に御堂筋くんを倒さなくては勝利は有り得ない、だからお前を倒す!という
結論に至ったところは胸が熱くなりました!


御堂筋くんが何もかもを糧にして飲み込んで、そぎ落として強さを得たなら
今泉くんは逆で失って、背負って、託して、託されて、ここまで来たんですねえ。
鳴子くんに教えられた強さ、坂道くんに教えられた強さを全て力に変えて
ペダルに伝える!


三人で強くなった!
鳴子くんが背中を押す場面は涙が出そうになりました!


坂道くん、一度はコースアウトしたものの何とか付いてきてますね。
「エースを守れと言われた。」
今泉くんが呆れるのも無理ないですが、坂道くんにとって今の状況で
チームのエースは今泉くんしかいないし、常に6番目の選手だった自分だから、
ゴールを取るなんて考えも及ばなかったんだろうなあ。


でも、箱学をかわし、御堂筋くんを交えた勝負に食らいついてる。
とりあえず、今泉くんを一人にしないことですね。
相手が相手だけに。(^^ゞ)



その御堂筋くん、今泉くん、活用形が増えてる!!!(笑)


弱泉くん、キモ泉くん、ブタ泉くん・・・今泉くんが小野田くんを”坂道”と呼んだのと
対称的に、どうしても今泉くんをライバルだなんて認めたくないんですね。
「キモッ!」と彼なりの肯定言葉は出しているものの、あの「お母さんが・・・」の
イメージを払拭できないのでしょう。


だから、目の前の現実は何としても振り払わなければ!
先週のドリンクとパワーバー食べの迫力もすごかったけど、今週の
メガ進化的な(笑)御堂筋くんの動きはすごかったですねえ!


ちょっと動きが





に似ている!と思ってしまいました!(ごめんなさいーーー!!!)


流血するほどの肉弾戦になっても激坂でも振りきれない今泉くんに
頭突き攻撃!!!
手段を選ばない走りは逆に今の今泉くんなら御堂筋くんの焦りを
大いに感じてると思います。


下り阪で御堂筋くん、まさかのスリップ!!!
けど、落車ギリギリから立て直すボディバランスが素晴らしいです!
果たして、この激坂を制してゴールに一番で乗り込むのは誰か!?


笑えるカップルがいましたが、ひ、ヒロくん!?
一年生ウェルカムレースの時にいた人ですね。
まだ付き合ってるんだ。(笑)



それより観客の皆さんも言ってますが・・・


箱学、どうしたーーー!!!


一年生たちの勢いが止まらない。
若さと勢いが経験を上回る事はスポーツの試合では良くありますが、
それにしても福ちゃん、どうした!!!と言いたいです!
来るべき時のために息を殺しているだけならいいんですけどね。


福ちゃんが今泉くんの気迫に飲まれ、金城さんリタイアでモチベーションが下がっている
というなら、彼の努力した一年と箱学のプライドは地に落ちる。
いや、福ちゃん自身のレースが全力を尽くさないものになってしまうかもしれない。
「オレは強い!」・・・そうはならないと確信しておりますよ!(^^)


Cパート・・・生きてるのは真波くんのアホ毛だったのかー!(^^)


******************************************



ところで今日、3月3日は

福ちゃんの誕生日、おめでとう!!!


アニメイト池袋本店ではお祝いコーナーができているようなので
今度、見に行ってみようと思います。


誕生日といえば2月24日は

青八木くんの誕生日、おめでとう!!!


それで誕生日カードが池袋のナンジャタウンで発売されているというので
買いに行ったのですが(実は完売していました。^^ゞ)、それが昨日、3月2日の話。
池袋ナンジャタウンに行ったレポでも。



なんと

バレンタイン入賞記念商品 缶バッジセットの発売日だったー!


あと、福ちゃん、荒北君、御堂筋君、坂道君の誕生日カードも!!!
で、場内はグッズを求めるお嬢様方で大混雑でした!
グッズ購入に整理券が出ていると分かったので、配布している店員さんに
時間を確認して13時40分の購入グループをゲットしました。



一度、退店してサンシャイン展望台に移動しました。
お目当ては新しいドリンクと巻ちゃんのコースターです。


先にグッズを購入して12時のカフェ開店まで展示物を見ながら待機♪
時間になったので広島ドリンク(呉南:待宮)を購入しました。
味は抹茶ミルク味♪


ぺダ26

「バルサミコ酢っショ!」な巻ちゃん、可愛い♪
そういえばナンジャにこのシャツを着たお嬢様がいました!
素晴らしい!


ドリンクをいただきながら、購入した缶バッジと特典を確認・・・

荒北さん、来たー!!!


クライマーの時は青八木くんカードでした。
ちなみに先日、カラ鉄でも荒北さんコースターが来てちょっと嬉しい♪
↓カラ鉄はこちら♪
カラ鉄36


6個の購入制限があった缶バッジの中身はなんと、

ぺダ28

東堂さん、出過ぎ!!!(爆笑)


でも、正直、自引きしてたら東堂さんは来なかったんじゃないかな。
基本、総北ひきーな私なので。(^^ゞ)
交換でも、と考えているとお嬢様が手にたくさんの缶バッジを持って
いらっしゃったので二つ、巻ちゃんと交換していただきました。
東堂さんを探していらっしゃったということなのでお役にたてて良かったです。(^^)


それから、またナンジャタウンに戻って、お友達と合流!
この日からの新メニューをいただきました。


ぺダ25


福ちゃんと荒北くんの出会い餃子と東堂庵のデザートです。
荒北くんのヤンキー仕様は笑うしかないですが、福ちゃん餃子の
リンゴ・ソースは微妙なマッチング!?
別々に食べました。(^^ゞ)
お友達も同じ餃子と箱学デザートで。(箱学アイスは行列ができていました。)



購買の時間になったので待機列に入って、整理番号順に入場です。
缶バッジ、誕生日カードはひとつ2点まで。
缶バッジはお友達の分も一緒に購入しました。
こんな感じ。


ぺダ27


と、こんな感じで盛況だったナンジャタウンを後にしました。
お付き合いくださったお友達様、ありがとうございました♪




category: アニメ

tb: 7   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。