おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

四月は君の嘘#21「雪」&22(最終話)「春風」感想  

僕は一人じゃない。
いつだって、支えられていたんだ。


二話、まとめて。
あらすじは公式からです。


「雪」

かをりの容体が急変する場に居合わせてた公生は、そのショックから
またピアノに向き合うのをやめてしまう。
音楽が大切な人を連れ去っていく…。
過去のトラウマが頭をよぎり、公生は再びひとりぼっちになっていた。


「春風」

舞台に立っているのは、周りの人がいたから、支えてくれる人がいる
からだと気付いた公生。
みんながくれた音を奏で、かをりに届けるべく、公生はすべての思いを
演奏に乗せる。



************************************



圧倒的な演奏シーン、美しい心象風景。
最初から最後まで「美しいもの」を見せてもらったな、という気持で
一杯になりました。


かをりちゃんが死ぬ、という悲しい結末を予想していましたが、やはり
そうなってしまいました。
人の死が残された人々に何かを与え、それからを考える礎や糧になる。
定番の”死にネタ”なストーリーではありましたが、そこに”音楽”とともに
生きる者の信念や、年齢相応の”普通の恋”を絡めて、とても色鮮やかで
瑞々しい作品だったと思います。



何話かの感想でタイトルに関することを書きました。

ドビュッシー
『芸術とは最も美しい嘘のことである。』

”音楽”を媒体にして、演奏者の表現したいことを表現する。
時にそれは言葉よりも雄弁に語り、聞いている人々の心に様々なことを
訴えかけるのです。


しかし、それは表現者の解釈を形作るものでもあって、決して=真実とは
言えないのかもしれない。



事実、かをりちゃんは実は公生くんの事がずっと好きで、それは本人には
伝わっていないものでした。
(でも、本当は伝わっていた、伝えていた、と考えています。渡くんの彼女、という
建前があったからね。)


「君はひどい人だ。」
本当に。
直接、言ってくれたら良かったのにね。
でも、眼鏡っ子で内気だったかをりちゃんの繊細な部分が顔をのぞかせて
いた部分でもありました。


公生、椿ちゃん、渡くんは仲が良すぎて、入る隙間が無かったから。
椿ちゃんが公生くんの事が好きだとすぐに分かったから。
だから、渡くんが好きだと言って近づいて、公生くんが釣れた、というわけです。



「届け、届け」
何度もある演奏シーン。
そこに被せられる印象的なモノローグ。
多分、”真実”はちゃんと「言葉」で伝えるべきものなのではないかと、
そういう意味がこの作品にはあったのではないかと、私は考えています。



出会った4月。
かをりちゃんは無彩色だった公生くんの生活に色と力を与えてくれた。
夏の夜空を一緒に見て、川にも飛び込んだ。
コンサートの舞台に立ち、公生くんは一人でステージに上がれるように
なった。
逆にかをりちゃんは再入院。
無彩色で、諦めていた病院生活に色をくれたのは、今度は彼のほう。



また直面してしまった”永遠の別れ”。
塞ぎこんだ公生くんを引き戻したのが、音楽とはうまくいっていなかった
椿ちゃん。
音楽の世界に身を置く人がつながる現実、と言ってもいい存在なのかも。



相座くんも絵見ちゃんも一緒に歩く仲間。
自分は一人じゃない。
お母さんも、紘子さんも。



それに気づいた公生くんが奏でるショパンのバラード第一番は色鮮やかな
素晴らしい演奏になった。
側にかをりちゃんが現れ、一緒に奏で、そして消えていく・・・。
彼女が逝ってしまった、と分かった瞬間でした。(涙)


「君は忘れられるの?」


忘れられない人になったね。
彼女が言っていたように「通り過ぎるだけ」の存在でも。
「また、下を向いている」
それじゃ、彼女が可哀想。
待っていてくれるライバルも。



大切な人を二人、失っても、前を向いて、鮮やかな色を表現していこう。
「ずっと側にいる」と言ってくれた幼馴染のためにも。



見終わった後、静かな余韻に浸れる素敵な作品でした。
OP,EDもぴったりで、最後は静かな涙がつつーっと。(;;)
その後、公生くんが二人のライバルや凪ちゃん、三池くんたちと
どんな音楽で語り合っているのか見たい、と思いました。
原作もここで終了しているそうですが、短編で良いので後日譚が見たいと
思いました。
スタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でした。






スポンサーサイト

category: ノイタミナ

tb: 8   cm: 0

四月は君の嘘#20「手と手」感想   

やっと、始まった。
時間が動き出した。


「手と手」


いつも通りかをりの見舞いに行こうとする公生だったが、
渡が先に訪ねていることに気づき、
見舞いを遠慮する。そんな公生を見た椿は、自分の気持ちに
素直になれない公生にもどかしさを感じていた…。



***************************************



「椿は女の子だよ。」


天然めー!!!(^^)


でも、「女の子」って言っておいて、公生くんは一番、椿ちゃんに「女の子」を
意識していなかったんですよねえ。


椿ちゃんのモヤモヤ時期は終わって、自分の気持に正直になるところまで
やっと来た。
目の前の男の子はいつも言いたいことが言えなくて、涙でぐちゃぐちゃになって
ばかりいたから。


救えなかった黒猫。
後悔ばかりしている公生くんを見続けてきて、椿ちゃんも公生くんがモヤモヤを
ずっと抱えているのを見ているのが耐えがたくなってきたんですね。


病院に行くと、渡くんが優先的にかをりちゃんと話す。
二人には満面の笑顔。
それを見ているのがツラくなってくる公生くん。
その理由は・・・



進路が別れる自分達には一緒にいる時間はあと少し。
突然の雨宿りのシーンはキュンキュンですね♪
飲み物がレモネードというのが甘酸っぱすぎる!



「公生はかをちゃんが好きなんだよ。」


「側にいるって言ったくせに。」
公生くんの天然さは時に残酷ですね。
だから、言ってやる。


「かをちゃんは渡が好きなの!!!

あんたは私と恋するしかないの!」



おおー!!!
「踏み出してやったぞ!!!女の子として意識させてやったぞ!」



ここに至るまでに大変なエネルギーを必要とするんですね♪
だから気づけ!考えろ!
柏木ちゃんにはいい迷惑だけど、ソフトボールで打ちこみをする椿ちゃんの
気持は分かる。
届け、届け!
先週の相座くんのエピソードはピアノで伝えること、今週は椿ちゃんは彼女なり
にできること=言葉で伝えることで良い対比になっていると思います。



椿ちゃんの告白は当然、公生くんに大きな影響を及ぼす!
紘子さんは岐路に立っているのだと察する。



病院に行く定期連絡はいいから、電話で。
空の風景も全く違って見える・・・公生くん、お花畑になっていますね。(^^)


「君に会いたいんだ。」


これが恋という気持。
椿ちゃんの告白は結果的に公生くんの背中を押すことになって、それはそれで
切ないね。(;;)


公生くんは渡くんに引け目を感じる事なく、宣戦布告!!!
良い関係ですね。
かをりちゃんの本当の気持を渡くんは分かっているんじゃないかな。



車に轢かれたネコを必死に助けようとする公生くん。
血まみれの手。
救えなかったネコのトラウマがもう一度、甦ってくる。
その手は何も救えないのだろうか。



渡と一緒に見舞いに行って、見てしまったかをりの事実。
手は音を生み出し、公生くんに色と力を与えてくれた。


「君で良かった。」


公生くんの存在だってかをりちゃんに力を与えていることは
間違いない。
その手が力なく落ちる・・・。



続いて公生くんにやってくる喪失感が重苦しいです。
猫、お母さん、そしてかをりちゃんになるかもしれないという危機感。


せっかく気持ちを伝えたのに。
かをりちゃんの未来が厳しいものでも、気持が通じ合う結末になると
いいなあと思います。






category: ノイタミナ

tb: 2   cm: 0

四月は君の嘘#19「さよならヒーロー」感想  

さよなら、オレのヒーロー。
こんにちは、新しい自分。


「さよならヒーロー」

あらすじは公式からです。

公生と凪の連弾を聴き、もう1度公生と演奏するために手術を受けることを
決意したかをり。
次のコンクールに向けて練習を開始した公生を叱咤激励しつつ、再び舞台を
目指し自らもリハビリに挑む。


**************************************




革命、感動しましたーーー!!!


内容にぴったりの素晴らしい選曲!!!
相座くんの演奏シーンも鳥肌が立ちました!!!



公生くんのピアノによる励ましでかをりちゃんはもう一度、ヴァイオリンを
弾く努力を始めたんですね。
あまり、自暴自棄になった感じは受けていなかったのですが、彼女もかなり
荒れていたのだと思われます。
可能性があるなら、と手術を決めるかをりちゃん。


「忘れて良いよ。」、「私と心中しよ?」。
後ろ向きだった彼女はまた上を向き始めた。
定期演奏時間もできたようですね。
リハビリにかをりちゃんが行っている間に彼女の両親と話すことができた
公生くん。


「生まれてきた私が可哀想。」
ううー!!!娘にこんな言葉を言わせてしまう・・・ご両親の心の痛みは
察するに余りある・・・。(涙)
残った時間を精一杯生きるという気力を取り戻してくれたことは救いなのか、
それとも・・・。



公生くんも受験とコンクールのためにピアノに全力を注ぎ始める。
柏木さんはほんと、何でも分かってる。(^^)
夜食を作ってやってきた椿ちゃん。
”音楽”や”かをりちゃん”に嫉妬する自分も自分。
様々な感情に揺れながら、強くなっていることを感じます。
公生くんの髪の毛をカットしようと申し出る椿ちゃん。
おにぎりに髪の毛が付くよ、公生くん!



ついに来た手術の日。
それはコンクールの日。



ライバル意識むき出しの絵見に卵サンドで懐柔する公生くん。(笑)
相座くんは相変わらず演奏前は吐き気との戦い。
けど、卵サンドー!!!


公生くんは変わった。
絵見も変わった。
今度は相座くんの番。


「絵見も有馬もぶっ倒す!!!」


「革命」
自分の中に革命を引き起こせ!!という彼の気持にぴったりです。
やんちゃだった自分。
母に言われて始めたピアノは唯一無二のものになった。
理由は眼鏡の天才少年と暗い女の子。
特に眼鏡の小僧は必ず倒さなくてはならない相手!!!



目標に向かって階段を駆け上がる兄は凪ちゃんにとってかっこいいヒーローだった。
その兄が目標を見失って、自分も見失ってしまった。


弱い自分を分かってる。
何をしているんだ、と相座くんも視点を変える事に成功しましたね。
まだ「旅の途中」。
公生くんだって”人間”で超合金なんかじゃない。
コンクールが全てなんかじゃない。
自分の音楽を届けたい。
その一心で自分の全てで真摯に音楽に向き合い、表現する。


相座くんはかをりちゃんの奔放さを身に付けた公生くんとは違って、
彼が目指したように作曲家が表現したい音楽を再現することに徹した様子。
もちろん、彼の情熱がそこに加わっている。
凪ちゃんには見えた。
帰ってきたヒーロー。


喝采。


二曲目はヘロヘロだったんですね。(笑)
帰ってきたヒーローと新しい姿になってそこにいるヒーロー。


三人で並んでいた幼い頃。
公生くんも相座くんも絵見ちゃんも新しい自分になって前進中です。
三人の立ち位置がやっと揃った感じですね。










category: ノイタミナ

tb: 6   cm: 0

四月は君の嘘#18「心重ねる」感想   

届いたかな、私の音、私の思い。



「心重ねる」

あらすじは公式からです。

胡桃ヶ丘中学の学園祭に出してほしいと凪に頼んだ公生。
自分の演奏をかをりに届けたい。
その想いを胸に、ふたりはステージに上がる。ついに始まった演奏。
だが、サポートであるはずの公生は練習時とはうって変わり、異常に
早いテンポとひりつくような雰囲気の演奏で、凪にプレッシャーを
かけてくる。
凪も、公生に負けじと喰らいつく…。



*******************************************



安定の、素晴らしい演奏シーンでした!

舞台、ステージという場所はそこに立つ者にさまざまな恐怖やプレッシャーを
与えるものですが、人を成長させる場所でもあるんですねえ。


「ドSだねぇ!」


ほんと、その通り!(^^)
かをりちゃんも公生くんもどっちもどっちですよね。
お母さんを自分のせいで失った、と心に傷を負った公生くんに思い出の
ピアノを弾いて、と言ったのはかをりちゃん。


病気でもうヴァイオリンの弓が持てないほどになって心が弱っているのに、
それを奮い立たせようと演奏を聞かせる公生くん。


兄を想ってここまで頑張ってきた凪ちゃんの力を知っていて、なおかつ、
その先にいきなり演奏会で引っ張り上げようという公生くん。


演奏者=音楽は言葉以上に何かを伝えられるものがある。

「君は忘れられるの?」


与えられた鮮やかな印象は決して拭い去れない。
消えさせない。
立ち直った公生くんは今度はかをりちゃんに忘れられない演奏を与えようと
したんですね。


同時に、兄のために始めた凪ちゃんのピアノを自分のためのピアノに生まれ変わらせようと
する公生くん。
その意志を感じて、応えようとする凪ちゃん。
凪ちゃんが挫けちゃったらどうなってたんだろ。(^^ゞ)


今回は「似たもの同士」から繋がる凪ちゃんとのエピソードの終局でした。
公生くんは友達の彼女、手は届かないけど、憧れのかをりちゃんに音を届けたい。
凪ちゃんはマイ・ヒーロー、お兄ちゃんの武士くんに立ち直ってもらいたい。
音を伝えたい。
二人はその事で手を携えて、練習し、この舞台に来たんですね。



ステージにあの有馬公生が現れてびっくり!のお兄さん、相座武士!
妹とライバルが組んでいる!なんて衝撃を受けて当たり前ですね。
いつ、知り合ったのかってところから!(笑)


演奏が始まる。
チャイコフスキー、眠りの森の美女”より「ワルツ」。
バレエやオーケストラで知っている曲ですが、ピアノ連弾版もいいですねえ!
ドラマチックで素敵です。
携帯を起動する渡くん。
音は病院にいるかをりの耳に伝わり始める。


上々の滑り出し。
凪ちゃんがプレッシャーに感じていた音楽関連の記者や先生たちも驚く
出来映え!
心配していたお友達も嬉しそうですね。


このまま、無難に演奏が進んでいくのかと思ったら・・・

「音が・・・邪魔だな。」


公生くん!あんなに音を欲していたのに今は感性だけを頼りに
弾こうというのでしょうか!?
テンポ、曲想が変わって慌てる凪ちゃん!


ここで公生くんがアイコンタクトとかしてくれれば凪ちゃんの置いてけぼり感は
それほど感じなかったと思うのですが、公生くんは強引に手を放す作戦に出たの
ですね。
これが「ピアニスト」、有馬公生の演奏。


ここで食らいつくか、突き放されるか。
紘子さんも兄・武士も見守る中、ワルツの主旋律は低音部を弾く公生に移っていく。
このまま飲み込まれて終わるか・・・と思ったら

凪ちゃん、頑張る!!!


自己主張をぶつけ合う、かをりちゃんとの演奏の再来のような心と音を重ねて
誰かに気持を伝えたい。
それくらいの熱が無いとダメだってことですね。


場内は凪ちゃんがこんなに弾けるなんて・・・と驚愕!!!
いつも背中を追い掛けていたヒーローに伝わりますように。
ヒーローは超合金なんかじゃない。
こんなにも鮮やかな音を出すピアニストなんだ。



客席で聞いていた相座くんの拳に力が入ります。
妹はヒーローを見失って悶々としていた自分を思って、いつの間にかこんなに
頑張って、成長していた。
自分はここで一体、何をしてるんだ!?


演奏は終盤に入る。
触れあう指。
終わってしまう・・・と心の中でつぶやく凪ちゃんが可愛いです!
瞳と瞳・・・視線が合う。



演奏が終わり、場内はスタンディングオベーションの嵐!
感極まる凪ちゃん。
でも、手を要求するところはいつものように”お姫様”ですね。
衝撃を受ける渡くんと武士お兄さんが笑えます!


舞台袖に戻った凪ちゃんを心配してくれていたお友達二人も
涙、涙!!!
悶々としていた凪ちゃんをずっと心配していましたものね。


公生くんに詰め寄ってきたのはライバル、相座 武士!!!


知らなかったのは公生くんだけ。
相座・・・藍里って聞き間違えてたんですね。(^^ゞ)
それはともかく、相変わらず「武士(ぶし)」とか
言ってしまう公生くん、相座くんが怒髪天を突く!になっても仕方ない
ですね。


次の勝負は東日本ピアノコンクール!!!
公生くんに挑戦を叩きつける兄の背中は少しだけ元に戻っていた。
兄へ思いは届いただろうか。
凪ちゃんの気持はそれだけではないですね。
兄のヒーローに自分の思いも届いただろうか。


演奏の後、笑顔になれる公生くん、本当に良かった!


三池くんは凪ちゃんが公生と同門で、メルアドも知っている事に衝撃!!!
三池くんにも公生くんは影響を及ぼしているのですね。
罪な男。(^^ゞ)


その罪な男は病院へ。
子供達とピアニカで遊ぶかをりちゃん。

「外道な男。」


お互いにやってきたことが荒療治だって分かってる。
それだけ演奏には力がある。
忘れることなんてできない。


いつだって自分の前を歩いてきた、とかをりちゃんに言う公生くん。
後ろ姿しか見たことがないけれど、もう一度、隣に立って、隣で一緒に
演奏がしたい。
公生くんも言えるようになりましたね。


生きる希望。
一度でいいからかをりちゃんがしっかりと弓を持って、二人で演奏できたらいいのに。
願いがかなうことを祈ります。






category: ノイタミナ

tb: 8   cm: 0

四月は君の嘘#17「トワイライト」感想   

音楽は言葉を超える・・・きっと伝わる。


「トワイライト」

あらすじは公式からです。

椿からかをりの見舞い誘われるが、気が乗らない公生。
かをりにどんな言葉をかければいいのか、どんな顔で会えばいいのか分からずに、
一歩を踏み出せずにいた。
練習にも身が入らない公生を気にかけた凪は、自分の学校の話をしたりと、
彼女なりに公生を励ます。
すると公生は、誰かのために演奏するのは大切だと言うのだった。



*****************************************



公生くんの周囲は不運なこと、恵まれていること、人生山あり、谷ありが
凝縮されていますね。
公生くんに限らず、かをりちゃんも、相座くんも、紘子さんも、椿ちゃんも。


誰かのために強くなったり、弱くなったりを繰り返しながら、心と歩みは少しずつ
前に進んでいく。
誰かのためになら強くなれる。
人は一人では生きてはいないことが伝わる良いエピソードだったと思います。




かをりちゃんの真実を知ってしまって落ち込む公生くん。
何を話せばいい?
いつものように振る舞うことがどんなに難しいことか、私も
考えさせられます。



椿ちゃんと柏木さん。
柏木さんの言うことはもっともで強さを感じるけど、悩む椿ちゃんも
自分を少し傍観できるようになって前進です。
先輩に恋していた時と違って、正面から自分と向き合って幾つもの知らない自分を
受け入れる強さが出てきました。




落ち込んでいる公生くんを励ますのは凪ちゃんの役目。
紘子さんは似た者同士の二人が補い合って、踏み出すことを望んでいるようですね。
指導者、親代わり・・・思春期の少年少女とどう向き合うか、難しいところです。
今は二人が一緒にいると笑顔が戻る。
そこが大事なんでしょう。




超合金のヒーローを失ったお兄ちゃん。
壊れたままのヒーローなんて許さないんだから。
落ち込んでいるお兄ちゃんを励ますことが自分にはできないから
せめて立ち直って。
本当は私を見て欲しいけれど。
凪ちゃんの気持が切ないですね。



誰かのために演奏することは大切なこと。

「音楽は言葉を超えるのかもしれない。」


陳腐な言葉、と凪ちゃんは返事をする。
完璧な演奏をするヒーローを待っているのに、実際会って、一緒に練習をしてみると
これはどうしたこと?状態ですね。
そんな公生くんに惹かれずにはいられない。




笑顔を取り戻しても、一人になると心が苦しむ。
聞こえてきたラベルは動揺を誘い、聞こえなくなればいい、とかつての
自分が顔を出す。



かをりちゃんのお見舞いに行こうと誘う渡くん。
ほんと良い奴ですねえ!
しかも、ちゃんと見えてる。
かをりちゃんに必要なのは公生なんだって。
オレじゃダメなんだよ。


「何かして欲しいと思うのはきっとお前だよ。」

あうう・・・。
身体の具合が良く無いならなおさら、だね。
何を話せばいいのか、と悩む公生に「女の子が教えてくれる」って経験値の差
ですか?(^^ゞ)




約束のカヌレを持って、お見舞いに来た公生くんにかをりちゃんは

「忘れちゃえばいいんだよ。」

とさっぱり!
本当は忘れて欲しくない、と心で叫んでるんだと思うけど・・・。(;;)
これだけ鮮やかな印象を残しておいて忘れろ、だと!?
公生くんが怒るのも無理ないです。
カヌレを頬張って、帰ろうとする公生くん!




何もしてあげられないの?


悩んでいる凪に、なんと公生は学祭に出たと言い出した!!!
了承する凪。
ところが・・・公生と違って、思うように曲を自分のものにできない凪は
イベントの余興なのにプレッシャーに押し潰れそうになってしまう。



紘子の指導を抜けて、トイレに逃げ込む凪!
紘子さんもプチ・ショック!
公生くんの二の舞。
けど、紘子さんも同じ間違いはしたくないのですね。


「誰だって怖いよ。相座武士くんだって。」



でも、その場に立ち続けるのは恐怖をチャラにするような喝采が待っているから。
音楽は言葉を超える。
きっと届く。
有馬公生の弟子なら大丈夫。
紘子さんも成長ですね!




学祭当日。
とあるお願いを公生にされても、何も聞かずにOKする渡くん。
今までお願い、なんてそうあるものでは無かったんでしょうね。


余興が進む。
(のだめマングースがいます♪)
客席には相座武士の姿。



手が震えている、と自分の手を取る公生にセクハラ発言!(^^ゞ)
でも、公生の手も震えている。


「ありったけの君で真摯に弾けばいいんだよ。」


13年しか生きていなくても。
かをりの演奏の素晴らしさは年月なんて関係なかったですものね。
掛け替えのない13年。


”私達の番”が来た。
舞台に向かう二人。





ということで、演奏は携帯を通じてかをりちゃんのところに届けられていたのですね。
言葉よりも伝わる音がある。
かをりちゃんは公生くんにもっともっと弾いて欲しいと願っていたのだから。


凪ちゃんも・・・まさかのライバルと一緒にステージに立って。
武士くんはどう思うのでしょうか。
妹の頑張りを汲んであげて欲しいですね。



二人の演奏シーンは次回、描いてくれるのかな。
がっつり見たいものです。










category: ノイタミナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。