おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない#1「超平和バスターズ」感想   

願いって何だ?
彼女は僕のストレス、トラウマ、そして・・・。


「超平和バスターズ」 

あらすじは公式からです。

引き篭もり気味の主人公「じんたん」の前に、幼馴染みの少女「めんま」が
突然現れる。
自分の願いを叶えて欲しいと頼む「めんま」に途惑う「じんたん」は…。



**********************************



「わかんないってばよ!!!」


女の子版ナルト君、来ましたー。(違)
「私が見えていないの?」
そういう事だったんですよね・・・。


アニメ公式はこちら♪



☆OP「青い栞」
Galileo Galilei

☆ED「secret base~君がくれたもの~(10 years after Ver.)」
本間芽衣子,安城鳴子,鶴見知利子



スタッフ・キャストは以下の通り

原作 - 超平和バスターズ
監督 - 長井龍雪
脚本 - 岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督 - 田中将賀
アニメーション制作 - A-1 Pictures


じんたん(宿海仁太):入野自由

めんま(本間芽衣子):茅野愛衣

あなる(安城鳴子):戸松遥
ゆきあつ(松雪集):櫻井孝宏
つるこ(鶴見知利子):早見沙織
ぽっぽ(久川鉄道):近藤孝行




EDはZONEの歌のカバーですね。
懐かしいです!


とにかく背景、キャラととても綺麗な絵でしたねえ!
JCさんの「とある」や「超電磁砲」と比べても引けを取らないと思いました。
設定は何となく昔のトレンディ・ドラマを思わせる関係だと思いました。



めんまはすでに亡くなっている。
子供のままのめんま。
じんたんはそんなめんまの面倒を見ながら、成長しない彼女と
自分のギャップに苦しんでる。


ストレス、トラウマ、そしてリビドー。
最初から悶絶してしまいました!



めんまの事もあるけれど、高校に行けずに引きこもり気味の
じんたんは遊び仲間だったあなるに叱責されてしまう。
後であなる自身も悩んでいたけれど・・・。



めんまの幻覚はじんたんにしか見えない。
だから彼女の相手をすると世間の人には変な子に見えてしまう。
それはかつての同志、超平和バスターズでも同じ。



進学校に進んだゆきあつとつることの距離はどんどん離れていくばかり。
それでも二人はもちろん、仲間の間に刺さった刺のようなめんまの存在。
昔の仲間の事しか知らないめんまについ、じんたんは言ってしまう。


「これで良く分かったろ!

皆、変わっちまったんだ!!!」


ストレスの元に勘弁して欲しいと言う。
超平和バスターズの仲間うちで隠し事は無し。
じんたんはもちろんめんまが好きだった。
でも、皆が彼女に興味があるのは知ってたし、素直に言えるはずもない。


「だ・・・だーれがこんなブス!!!」


後悔していた。
明日、謝ろうと思ってた。
けれど、明日は来なかった・・・。


実家に行ってみためんまは自分に供えられるカレーを見る。
弟・聡はすっかり姉の事なんて眼中に無いようだった。
懐かしさに「さー君」と呼びかけるめんま。


母は心配している。
自分が死んだことも気付いていないのではないかと。



「知ってるよ。

めんま・・・自分が死んじゃった事くらい知ってるよ。」


めんまと別れたものの心配になって秘密基地だった場所に行ってみる
ことにしたじんたん。


「ぽっぽ・・・!」


かつての仲間に再会していた。




という事で・・・めんまの死によって崩壊してしまった仲間。
死の悲しみを分かち合うというよりも、まだまだ気持ちの整理がついていなくて。
皆、ハリネズミ状態ですよね。


ラストは綺麗に昇華される?と考えていますが、彼女の死と一度は
きちんと向かい合う時が来そうです。

スポンサーサイト

category: ノイタミナ

tb: 3   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。