おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NARUTO疾風伝#429「ダンゾウの右腕」感想   

それ以上、イタチを、うちはを語るな!!!
サスケVSダンゾウ!!!


「ダンゾウの右腕」

あらすじは公式からです。

風影達からの情報を受け、今後の行動を決めるカカシ達。
カカシがサクラを止めに向かい、ヤマトとナルトは先に里に戻る事になるが、
一連の出来事に苦悩するナルトは過呼吸の発作を起こし、倒れてしまう。

その頃、サスケは因縁の敵ダンゾウと対峙していた。
ダンゾウの右手から現れたあまたの写輪眼に激怒するサスケは「イタチに
うちは一族を抹殺させたのは本当か」と真実を確かめようとする。



**********************************



「うちは一族の犠牲を無駄にしている。」

写輪眼を手当たり次第集め、その犠牲の上に立つダンゾウに
正義を語る資格は無いと思いますが、


「イタチの遺志を履き違えたお前・・・」

というのはもっともではないかと思いますね。


忍界大戦・・・戦いと憎しみの連鎖を断ち切るためにイタチが
選んだ方法が一番、良かったのかと言われればそうではない、とも
思いますが、残念ながら父・フガクは反逆を起こそうとしていた。
それを未然に防ぐために、うちはの恩讐を断ち切るためにイタチは
一族を手にかけた。


千手の流れを汲み、三代目火影によって穏健な木ノ葉に移行しようとした
矢先の木ノ葉崩し。
騒乱を起こしたのはまちがいなくマダラ。
そのマダラに利用され、さも自分の意思で復讐の忍道を選ばされている
サスケの虚しい戦い。


我愛羅の言葉はサスケにも、ナルトにも届いて欲しかったなと
思う・・・イタチさんの回想シーンに再び涙、でした!



とにかくサクラを止めなければ。
サスケにかなうはずもないサクラの実力だからこのままでは
無駄死にしてしまう。


サクラにサイの本体が付いている。
ナルトはヤマトに任せて、カカシはサイとともに分身を伴って
サクラを止めに行くことを決める。


弟子同士が争うのは見たくないですよね。
ふと天を仰ぐカカシの気持ちが痛いです。


その苦悩はもちろん、ナルトにも。
暁の一人と成り下がり、雲隠れの八尾、五影会談にまで手を出すなんて。
息が上がってくるナルト。
マダラの言葉が脳裏に響く。
出発を決めたカカシやヤマトの前で倒れるナルト!!!
過呼吸になってしまった!!!




その頃、ダンゾウと対峙するサスケ。
見守る香燐とマダラ。


右腕の写輪眼のことはいまさらいい。
サスケが知りたいのはただ一つ。


「木ノ葉上層部の命令でうちはイタチに

オレの一族を抹殺させたのは本当か?」


質問には答えず印を結んで、攻撃を仕掛けるダンゾウ!!!
しかし、サスケの絶対防御が発動する!
須佐能乎!!!
ダンゾウを捕らえて締め上げるサスケ!!!


イタチが喋るはずはないと思っていたが、サスケには打ち明けた。
やはり特別、と語るダンゾウ。
(全部、マダラが喋ったんだけどね。)
イタチの生き様がサスケの脳裏を駆け巡る。


極秘に行われたイタチによる一族の粛清。
真実だったと悟るサスケ。
ならなおさら・・・


須佐能乎でダンゾウを締め上げるサスケ!!!


虫の息で忍の在り方を説くダンゾウ。
犠牲の上に平和は維持されてきた。
イタチと違い、サスケはただ憎しみを撒き散らしているだけ。
兄弟の違いを指摘されても、もうダンゾウへの憎しみは殺すことでしかない!!!
須佐能乎がダンゾウを潰す!!!(原作のほうが流血事件ですねえ。)


しかし、ダンゾウはやられてはいなかった!!!
咄嗟のクナイの攻撃を須佐能乎で防御するサスケ!
幻術ではない。
何とか秘密を解き明かしたい香燐。


「天照!!!」


燃えるダンゾウだが、それも本体ではない!


「風遁・真空玉!!!」


ここからの一連の戦闘はなかなか良いですね!
手裏剣に風遁を纏わせてのオリジナル・バトルでしたねえ。
気分は香燐になって見てしまいました!!!


真空玉で吹き飛ばされたサスケは鷹を口寄せして距離を置く。
ダンゾウは風遁を手裏剣に乗せて投げ打つ!
草薙の剣で手裏剣の一つを受け止めたサスケはそれで反撃!!!
かわしたダンゾウはサスケの間合いに入って首を締め上げる!!!
が、口寄せした鷹の援護でダンゾウの写輪眼の腕が自らの手裏剣で切り落とされる!!!



不信感を抱く香燐は腕の写輪眼が閉じていくことに気付く。
まさか・・・!
思ったとおり、幻術で傷一つ負っていないダンゾウ。
早く術を見極めなければ!!!
サスケのチャクラがパワーアップしていく。


サスケの身体から無数に飛び立つ鴉・・・イタチがダンゾウの前に現れた!!!


という事で痛いサスケを見るのは辛いものがありますが
バトルを楽しむことができました。
まさかのイタチ兄さん、復活!?


全てはサスケのために。
サスケにはイタチがどうすれば喜んでもらえるのかを一番に
考えて欲しかったです。
もちろん、木ノ葉上層部が彼を苦しめたことは確かなのですが・・・。


戦いの連鎖は終わることはない。
サスケの復讐は続きます。


今回からミニ・コーナー復活!?
出番が無くて内輪揉めするガイ班!!!
寂しいーーー!!!







スポンサーサイト

category: NARUTO

tb: 4   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。