おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

青の祓魔師#3「兄と弟」感想   

強くなって皆を守りたい!!!
気持ちは同じだった。


「兄と弟」

あらすじは公式からです。

祓魔師への道を決意した燐は、獅郎の友人と名乗る謎の男・メフィストに
連れられて、雪男とともに正十字学園へ入学。
要塞のように巨大な校舎、雪男の主席入学…と、燐にとって新たな環境は
驚きの連続であった! 

その後、燐は「魔神の落胤であることは秘密」とメフィストに厳しく釘を
刺されつつ、祓魔師の養成所・祓魔塾へ向かう。
年季の入った教室には、癖のありそうな塾生たち…。
そこに講師として現れたのは、何と雪男だった!



**********************************



良い感じにジャンプ・モードになってきましたねえ。(笑)


兄と弟・・・二人の間にあった刺はあっさりと抜け、同じ目的で
戦う!モードになったのは陰鬱なイメージになりがちな悪魔物には無い、
軽さ=学園物の明るさを出してくれたのでは、と思いました。
ハリー・ポッターのようですよね♪


原作は前話までしか読んでいないので、これ以降はアニメ・オンリーの
感想になります。



父との思い出が詰まった修道院に別れを告げる燐。
一緒に出るはずの弟・雪男は出かけているらしい。
雪男の行き先は父の墓だった。


「雪男・・・父さんと一緒に・・・。」


迎えを待っている燐の前にあのメフィストが派手な車で
現れた!!!
行き先は


「正十字学園ですよ。」


もちろん、弟・雪男が入学する学校なので一緒に出発する燐と雪男。
メフィストは学園の理事長を務め、ファウストと名乗っているらしい。



何も聞かない雪男に不信感を募らせる燐。
話しかけても、何か緊張している雪男・・・と思ったら


入学式の生徒代表だった!!!


挨拶の練習をしていた雪男!!!
入学式後、早速、人に囲まれる雪男を見て、自分とは違う、
医者になりたいと言った雪男の普通の学校生活を壊しては
いけないと決意する燐。



「あれはオレの問題だ!」


校内を見渡して感動する燐は完全に目立ってる!?


エリートが通う正十字学園に自分が来れるはずは無かった。
周囲の違和感を感じる視線に自分で納得する燐。


「オレは祓魔師になるだけだ!」


解散してそれぞれ寮に移動しはじめる生徒たち。
迷子になった燐を導いてくれたのは鍵を付けた一匹の犬だった。
変身!
メフィスト!!!


これから学校では普通の高校生活を送り、放課後は祓魔師になる塾に
通って欲しいと話すメフィスト。


「覚悟はいいですか?」

「もちろん!!!」


けれど燐が「サタンの落胤」であることは秘密にしたほうがいいと
いうメフィスト。
炎に気をつけるように。


鍵を渡して、目の前の扉を燐に開けさせるメフィスト。
そこには塾の教室があった!
見学すると言ってカウントを取りながらメフィストは中に
入っていく。
臆している場合ではない。
祓魔師になると決めた燐は視線を浴びながら教室に。


ここには悪魔が見えるようになる魔障を受けている者もそうでない
者もいる。
燐は悪魔だから関係ないとあっさり言うメフィスト。
先生が現れた。


「講師の奥村雪男です。」


驚く燐!!!
「対・悪魔薬学の天才」で、祓魔師塾の対・悪魔薬学の講師も務めるという
雪男は天才だと説明するメフィスト。



試験管に入っている液体をこぼして悪魔を呼び、魔障を移すという雪男。
頭の中がグルグルと疑念で渦巻いている燐。
授業中だと分かっていても知りたい、確かめたいことがある!!!
雪男に詰め寄る燐!


仕方なく生徒を教室から出して話し始める雪男。
何と雪男は父に勧められて7歳の時に祓魔師になったのだと言う。


「知らなかったのは兄さんだけだ。」


もちろん悪魔が見える。
生まれた時、燐から魔障を受けたから!
衝撃を受ける燐!


納得できない燐が雪男に詰め寄ると試験管に入っていたホフ・ゴブリンの
血が流れ出て大量発生を始めた!!!
拳銃を取り出して打ちまくる雪男!!!


燐の事はずっと危険対象だと思っていた。
祓魔師になる燐の決意は罪滅ぼし?復讐?
そう思っているなら


「本部に出頭するか、死んでくれ!」


弟から予想外な言葉を投げつけられ、激昂する燐!
父が死んだのは自分のせい?
養父・藤本神父を最強の祓魔師として尊敬していた
雪男。
悪魔の侵入を許すはずなど無いと信じていた。
なのに・・・


原因を燐の心無い言葉が父にダメージを与えたのだと
悔しそうに語る雪男!



「兄さんが父さんを殺したんだ!」


自分の愚かさなどあの時、思い知った。
だから今は

「兄貴に銃なんて向けてんじゃねえ!」

「兄弟だろ!!!」


撃って気が済むなら撃てという燐!
雪男に突進し、構える退魔刀!!!
雪男の背後にいた悪魔を燐の青き炎を宿した剣で両断する!!!
「見くびんじゃねーぞ!」


圧倒されたように雪男は落ち着いて父の死に様を燐に聞く。
「最期までオレを守って死んだ。」「かっこ良かった。」


「オレは強くなりたい。」


自分のせいで誰かが傷つくのは嫌だ!!!
子供の雪男が父に答えた言葉も同じだった。
強くなって兄さんを守りたい。

「兄さんと同じ思い。」


雪男は兄と歩む決意をする。
きっと他の祓魔師に狙われるだろうと燐に忠告する雪男。
仕方なく生徒になって返事をする燐。(笑)


寮に戻っても燐の監視役は雪男!!!
寮には二人しかいない・・・まるで監獄!



という事でやんちゃな兄とできる弟の祓魔師コンビの誕生!
なエピソードでした。
燐が何も知らない間に弟は全部、背負う覚悟が出来ていたのですね。
もっとも、燐が知る秘密はあまりにも大きくて残酷なものでしたが。


藤本神父が望んだように生きること。
それが恩返しであり、復讐でもある。
でもそれよりも「強くなって皆を守りたい。」
二人のこれからを見守っていきたいです。







スポンサーサイト

category: アニメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。