おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

青の祓魔師#4「天空(アマハラ)の庭」感想  


世界中の草木、花がある「天空(アマハラ)の庭」に行くの。
私とお婆ちゃんの・・・。


「天空(アマハラ)の庭」

あらすじは公式からです。

任務を受けた雪男に同行し、燐は祓魔師の用品店・祓魔屋へ向かう。
そこで燐は、庭の草木を世話する足の不自由な少女・しえみと出会う。
しえみが世話する庭は、亡き祖母から受け継いだ大切なものらしい。

その時雪男が現れ、しえみの足を診察。
彼女の足に悪魔の痕跡を発見し、雪男は庭が原因と推察する。
しかし祖母への思いに執着するしえみは、庭から離れられない! 
燐は彼女に、獅郎を亡くした己と通じるものを感じた…。



*******************************



ハリポタとかジブリにダークさが加味されているような「青エク」。
冷静な兄とやんちゃな弟・・・じゃなくて逆転しているのが面白いですね。


その奥村兄弟のパーティー集めになってきました。
まずはしえみのターン。
うちにある鉢植えの紫のパンジーを思わずガン見してしまいましたよ!!!
(爆)


自室でくつろいでいる(注:勉強中?笑)の燐。
気を許すと尻尾が出ちゃうんですねえ!!!
悪魔だー!!!



兄の傾向と対策を熟知して参考のための本を選んだ雪男。
完全に家庭教師にもなってます。
行動があれこれ制限されている祓魔師。
デビューしないと外出なんていうのももってのほかなのですね。
燐は予想外の実戦経験があったし、実力もあるので雪男は許可してくれたようです。



行き先は用品店・祓魔屋。
勝手にうろうろしない、触らない!


「雪男の奴、お母さんか!?」


笑える!!!
雪男が店の中に入ったので外で待っていた燐。
見つけたのは横にあった庭園への入口の門。


門に触れようとしたら結界が弾けた!?
中にいた少女は腰を抜かして驚く!!!
燐を悪魔呼ばわりして、

「来ないでったらー!!!」

でも、燐が全く襲わないのと、彼が故障している足に気付いた?


店で買い物をしている雪男。
店の女将さんと娘のしえみの仲が良くないらしい。
しえみは祖母の庭に取り付かれ、その頃から足を病んでいる。



燐の事を理解して庭仕事を手伝ってもらうしえみ。
牛の糞!!!
そのままの手で握手をする二人。


その庭は好きだった祖母が今年の冬、事故で死んで以来、世話を
しているのだと言う。
祖母の夢は世界中の花がある「天空の庭」に行くこと。
自分もまた夢がかなうといいと思っているしえみ。


庭であれほど注意した兄がいる!!!
驚いた雪男だが、事情を知って早速、しえみの足を調べてみることに。
魔障。
植物に憑依した下級悪魔が、しえみの心の隙間につけこみ、足を伝って
精力を吸い取られているのだと雪男は説明する。



悪魔がつけ込む心の隙間。
しえみの母は仕事のこともあって娘と上手く関われなかった。
分かっていて預けたのに心を通い合わせる祖母がうらやましくて。
今さら自分の言葉など聴いてもらえないと沈んだ表情で話すしえみの母。



夢を見ているしえみ。
パンジーと約束した。
一生、ずっとこの庭で守ってあげると。



水遣りを忘れたしえみは夕方遅くに外に出る。
見つけた燐は側にあった鉢植えを蹴り飛ばす!!!
庭の事よりも、しえみの母はあんなに心配しているのに!


「お前は一体、何にしばられてるんだ!?」


後悔しているしえみ。
祖母が手伝って、と言った蔓棚の修理を手伝ってあげなかった。
だから祖母は下敷きになって死んだ。

「お婆ちゃんは私のせいで死んだの!」


だから庭を守る!!!


しえみの言葉に自分と同じものを感じる燐。
父の死に責任を感じた自分だ・・・。



が、そのまま庭にすがって生きることを祖母は望んだのだろうか?


「天空を探すことだろ?」

はっとなるしえみ!


「アタシ、馬鹿だ!」


任せろ!と気合が入る燐・・・を見ていたのは雪男!!!(爆笑)


雑魚悪魔だから祓う、と行動を開始する雪男。
が、庭から悪魔本体の声が響く!!!
パンジーのデックアルプ!


「兄さん、少し手を貸してくれない?」


いつも完全に子ども扱いされている燐が憧れていたシチュが今、来た!!!
もう一度、言えと頼む燐!


退魔剣を抜くと悪魔の青い炎が灯る。
が、敵はしえみを盾に戦おうとする!!!
銃を構える雪男!
まさか・・・



構わずしえみに銃弾を撃ち込んだ雪男!
離れた悪魔を斬り捨てる燐!
雪男が撃ち込んだのは栄養カプセルだった。(笑)


足が治り、歩くことができるようになったしえみ。
最初にすることは母親に謝ること。
後悔しないように・・・。

「まるで俺が救われたみたいだ」

良い台詞でしたね!

しえみはその後、祓魔師の塾にやってきた。
憧れは雪男”先生”。
がっくりする燐!?



という事でしばらくはでクラスメートとの絆を深めるターンになりそう。
凸凹兄弟のやり取りも面白いですね。
ノブ君、じゅんじゅん兄弟は良くはまっていると思います。


戦う理由も守るべきものも人それぞれ。
みんなが前向きになれるとは思わないし、時間もかかるけれど
ヒーロー、ヒロインたるもの、こうでなくちゃね!






スポンサーサイト

category: ジャンプSQ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。