おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

花咲くいろは#8「走り出す」感想  

今、私に出来ることを考えて動いてみたけれど!
緒花、走り出す!!!



「走り出す」

あらすじは公式からです。

旅行雑誌で喜翆荘のある湯乃鷺温泉街が特集されることを知った緒花。
旅館ランキングで上位になればお客も増え、スイからも労ってもらえる
のではと妄想する。
しかし現実は1組の予約しか入っておらず、菜子や徹が休みをとるぐらい
暇だった……。

ところが幸か不幸か常連さんと飛び込み客が重なり、一気に慌しくなる喜翆荘。
スイも仲居として巴や緒花を手伝おうとするが、急に倒れてしまう。
そんな中、崇子はお客に覆面記者がいると言い出すのだが……。



**********************************



「今ってホビロン!?」


思わず笑ってしまいましたが、無自覚に緒花が頑張れば頑張るほど
徹が惹かれてしまうのでは・・・民子の不安は増すんですよね。
仲居姿のまま、自分を迎えに来てくれた!!!
お迎え二連発!で徹が揺れることは間違い無し?と思うのですが。


TV・雑誌で良くある覆面取材による旅館の評価。
これは大きいですよね。
先日、TVでオンエアされた某美食アカデミーに出た料理店にうちも
思わず行ってしまいましたから。(爆)



覆面記者だろう、と予想した客を優先するのか、それともお客様全員に
等しいサービスを提供するのか。
女将さんが倒れ、菜子、徹が休み。
いきなり予約がたくさん入ってしまった喜翠荘の底力を見せるターンです。




回覧板を回しに結名のところにきた緒花は温泉雑誌に喜翠荘も出たら
人気が出るだろう、と言うけれどさすが人気旅館の娘、結名が考えることは
自分のことで発想が違いますね!



今日は暇なので徹と菜子はお休み。
ところが予約の電話が殺到して7組20名にもなってしまった!!!
女将は自分も手伝うと言うけれど・・・。


買出しに出た民子と会った緒花。
民子は休まずに仕事を覚えたいと言うけれど、そういう一つひとつに
徹を持ち出す緒花も罪ですよねー。
恋も仕事も!なのは分かりますけどやっぱりホビロン。(苦笑)



ところが緒花が戻ってみると手伝うと言っていた女将さんに持病が出てしまった!
救急車を呼ぼうとする緒花を止める女将さん!


「馬鹿!」


直接、入院した女将さんに付き添う緒花。
救急車を呼んだらお客様が不安になる。
何でも「お客様」第一な女将さんに少々、不満な緒花。
でもそれが「仕事」。


納得できない緒花に声をかける女将さん。


「頑張りな、頼んだよ。」

励まされますね!


不安な緒花は母に連絡を・・・思いとどまって、次は孝一・・・と
思ったら本人から電話が!!!
孝一がなんと緒花がいる温泉に向かっている!!!
良く聞き取れずに圏外になってしまう二人の携帯。



今は、女将さんの分も頑張らなければ!
緒花が戻ってくると崇子が来ていて、次郎丸に覆面調査員は誰か探りに
行かせたところだった。
人員不足ならサービスを調査員と思しき二組に集中させる!!!
崇子が盛り上がっているのを見て、釈然としない緒花。

「でも、女将さんなら・・・。」


崇子は構わず厨房に行って蓮さんに「夕食が勝負!」と発破をかける!
このプレッシャーが大変なことに!?


「手が滑ったにゃ!」

にゃ!?


女将さんが心配な緒花の気持ちを察して、手伝ってくれる電六爺さん。
女将が言っていた「帳面」のことが気になって部屋に探しに行く緒花。
卓の上にあったそれを手にとって見てみるとお客様のデータがびっしりと
書き込まれてあった!!!



厨房では蓮さんがプレッシャーに負けて行動がおかしくなっている!?
仲居も足りない。
崇子の記者優先の考えのまま進みそうな事態に


「ダメです!」


と全員に対して細やかなサービスをしようと主張する緒花。
おもてなしの心は皆、同じ!


「それが喜翠荘なんです!」


叱られてきたから分かる女将の方針!


困っている時は皆で乗り越える!
菜子を呼んだ緒花は次は町で結婚式に出ている徹を迎えに行くと言う。


「この・・・ホビロン!!!」

民ち、言いたいよね~。(苦笑)


自分がやらなければいけないことを自分なりに考えてみた!
菜子の自転車を借りて、仲居姿のまま町を疾走し、電車に飛び乗る緒花。
孝一から連絡が絶え間なく着ていたが、今は・・・!


結婚式場に来たものの、徹がいる会場が分からない。
探りに入った緒花だけど!?




常連さんとその時のお客様でリピーターを増やすか、雑誌・メディアでの媒体を
使ってその後のお客様を増やすか。
選択するところです。
崇子が言っていることは間違いではないと思いますが、女将さんは常連さんと
今、来ているお客様のほうを繋ぎ止めたいのですね。


緒花も実際、雑誌を見て心惹かれていたわけですが、喜翠荘の
カラーではない、女将さんの日頃の言動から大いに学んでいたのは
成長だと思います。
あとは緒花の気持ちの問題だけではなくて、上の人たちの管理体制の問題ですね。
緊急時には社員を動員すること、サービス業ならそこはしっかりしないと。


そうは言っても危機は危機!
ガッツで乗り越えてほしいですね!
孝一がやって来る。
頑張る姿を、今までとは違う緒花の姿を見せて欲しいです。





スポンサーサイト

category: 花咲くいろは

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。