FC2ブログ

おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

ダンタリアンの書架#9「黄昏の書」感想  

早く薬草を手に入れなければ!!!
アイラが出会ったのは不思議な格好をした青年と少女だった。


#9 第11話 「黄昏の書」


あらすじは公式からです。


破翼蟲(バジム)という怪物に喰い荒らされ、荒廃した小さな町の近くで、
ダリアンとヒューイは呪術師見習いのアイラと出会う。
アイラは破翼蟲に対して効果のあるという毒草、ヤカツを密かに採取していた。
だが、ダリアンはヤカツは効かないと断言し、本を探して立ち去ってしまう。

翌日、アイラは想いを寄せる見習い商人のティートに会うため、ヤカツを手に町へ。
だが、町は破翼蟲の大規模な襲撃により、破壊し尽くされていた――。



**************************************



冒頭から絵柄が違ったので、ああ、今回は本の世界なんだなと察しはつきましたが
できれば書物を見てヒューイとダリアンが「これは!」というリアクションをアバンに
入れればもう少し、単純に楽しめて分かりやすかったかもしれないですね。
で、ラストで文句を言うダリアン、「はいはい」とため息をつくヒューイ、の図で締める・・・ということで。


絵コンテ・演出と今回の背景の小林 治氏は確か「魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~」
の監督さんだったかな。
背景に力を入れる方、という印象があります。(笑)
原作未読だと破翼蟲(バジム)、アイラ、ティート、ヤカツという
名詞を拾うのが少しやっかいでした。



砦が落とされた!!!
敵襲ではない、バジムという羽の生えた昆虫が街に迫っている。
呪術師見習いのアイラは祖母=大婆に言われて虫に抗力がある
ヤカツという植物を森に取りに出かける。


「急がなくちゃ!」


街には思いを寄せるティートもいるはず。


ところが森で人の声が!?

「あの距離で外したのですか!?」


そういえば街で見かけた風変わりな格好の二人組み。
青年と少女。
側に目的のヤカツの花があった!!!


「太眉の女!」

ダリアンの無礼に恐縮しながら自己紹介するヒューイ。
ダリアンはヤカツなど効かない、羽虫を見たら


「とにかく逃げるのです、見習い。」


と断言する。


「僕の連れ、口が悪くて。」


ヒューイはこの台詞を出会う人皆に言っているのかもしれませんね。(苦笑)


この辺りで本がたくさんある場所はないか。
親しくしているサルート爺さんの家の近くにあると教えたアイラに
森の中ではなかった!とヒューイに悪態をつくダリアン!



森で二人と別れたアイラは大婆のところに戻って早速、ヤカツを作ってもらう。
それを持って・・・街に向かうアイラと別れを告げる大婆。
「使う時は相手に投げつけるんだよ。」


アイラが街に着いた時は普通に見えた・・・けれど羽虫はやってきていた!!!
人が誰もいない!?


「ティート!!!」


ヤカツを投げつけたが一瞬、怯んだだけの羽虫!
ダリアンの「逃げるのです!」という言葉を思い出して逃げるアイラ!!!
が、眼前にバジムが!!!


ヒューイ、援護射撃!!!
けれど銃は効かないらしい。
どうやらこの虫は幻書を扱う印刷工場の結界から逃げてきたらしい。


街の人々が山に避難していると聞いて、そこに向かう三人!
大婆を責めるジャンニの姿があった。
庇うアイラ、想い人のティート。


バジムはまだ相当、残っている。
書架の鍵を開けるヒューイ、ダリアン!!!
収められた叡智・・・一冊の書がバジムを封じていく。


事は終わった。
自分達は違う世界から来たのだと明かすヒューイ。
幻書のことを学びたいというアイラに素気無く言葉を返すダリアン。


「またすぐ、会えるのです。」

側にいたティートに


「お前は太眉の尻に敷かれるのです。」


とも。(笑)
二人が去っていくのを手を取り合って見守るアイラたち。



ヒューイの書庫は雨続きでなんと虫に食われる被害が!!!
羽虫はどうやら幻書を通じてあの世界に行ってしまったらしい。
ヒューイが運び出すのを手伝って!というのを拒否するダリアン。

「すぐに会いにいくと約束したのです。大賢者アイラ。

会いに来ましたよ、太眉。」



ダリアンの手の本にはアイラとティートの未来の挿絵が・・・。




ということで、何で羽虫が本の世界に行ってしまったのかもう少し
分かりやすく描いて欲しかったですね。
アニメ化したらそういうところを描いて欲しいのですが。(苦笑)


ゲスト声優さんがまた豪華でした!
アイラ・・・小林由美子
ティート・・・寺島拓篤
他、宮田さんとか藤本さんとか。






スポンサーサイト



category: アニメ