FC2ブログ

おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

花咲くいろは#25「私の好きな喜翆荘」感想  

皆の夢はここにある。
では、私の夢は?



「私の好きな喜翆荘」


喜翆荘を閉めるという女将さんと反対する従業員の皆。
緒花は”反対”という姿勢をはっきりと示さなかったので
皆から冷たい態度を取られてしまう。


ぼんぼり祭りを控えてお客さんをいつも以上に受け入れることに
した縁だが現場は人手不足!
それでもクリアすれば旅館存続につながると女将さんに対抗意識
満々の皆に違和感を感じ始める緒花。
その違和感はついに菜子も気がつくところとなって!?



************************************



菜子ち、本当に良いキャラですねえ!


つねに高い目標を持つジャンプ漫画を読んだり、見たりばかりしていると
前向きでないキャラというのは”ヘタレ”という枠に落としがちです。(苦笑)
けれど、この作品は後ろ向きになったり、変わらないことは決して
”ヘタレ”ではなく、”普通”な事でもあるのだと気付かされます。
答えは一つでは無い、夢も様々な持ち方があるという事なのですね。



「女将さんは分からないんだよ。自分が走れる人だから。」

「夢を持ってる人に一緒に付いていくこと、

それが夢になる人だっているから。」




感動しました!


話は横道にそれますが、私が好きなバレエ漫画で有吉京子先生の「SWAN」と
いう名作があります。





普通のバレエ少女・聖 真澄が才能を開花させて世界に羽ばたく
サクセス・ストーリーですがその中の一場面で菜子の台詞と
同じような衝撃を受けた場面があります。


ニューヨークに留学中の真澄のルーム・メイト、ステファニーが
自分の恋人のエドワードがヨーロッパのバレエ団に誘われて、
それに付いていくかどうかの選択をする時の台詞です。


一人ニューヨークに止まることを選んだステファニーに真澄は
「頑張れば大丈夫」と励ましますが、ステファニーは自分の力量を
把握していました。

「下手でも無いんだけど、とびきり上手いわけじゃない。」
「卑屈になって言っているのではない。
頑張ればできる、というのは素敵な言葉だけど、努力して全てがかなう
というのは限られた人なのではないか。」
「ここで頑張ることにするわ。」


そんな感じの台詞でした。
漫画界にあって、「頑張ればできる」は魔法の言葉ですよね。
夢も勇気も与えてくれる。
でも、そうではなく頑張っても自分の力の限界が見えることも
あるのです。
現実にはそういう人のほうが圧倒的に多いことも。


女将さんや皐月のように人の前を走って、人の上に立てる人間は
考えてみればほんの一握りで、生来備わっている才が必要でもある。
後から開花する、自分は変わった、と人生180度転換する場合も
ありますが、菜子は自分の性格をしっかり把握しているし、どう逆立ち
しても自分ひとりでは変われない。
だから選んだのが喜翆荘だったんですよね。


その喜翆荘から笑顔が無くなってしまっている。
女将さんに勝って、経営を存続させる。
そのためには一組一組のお客様に対するおもてなしは置いておいて、
皆に等しくサービスを提供する。
喜翆荘でなくてもできるサービスに転換して、この危機を乗り越えようと
している。


「私の好きな喜翆荘を返してください!!!」


はっとなる皆。


女将さんへの対抗意識に凝り固まっていた縁や徹たちも間違って
いたなんて思わないですよ。
菜子に負けないくらい自分の夢を喜翆荘にかけていたからです。

民子も板前はどこでもできる、と徹に言われ、その通りだと思うの
だけれど、皆がいる喜翆荘で修行したいとはっきり意識しました。
(緒花までいて笑いました!)
どこでも板前、と言ったはずの徹だって態度を曖昧にした緒花に失望した
くらい喜翆荘存続に賭けた。
レンさんも巴さんも。


菜子の話を聞いていた女将さん。
自分達の夢を引き受けることはない。
宿をたたむ理由はそれでしたが、喜翆荘はもう旦那さんと自分だけの
夢の宿ではなく、皆の夢なのだと気付いたはずです。



夢は旅館のお客様にも与えなければ。
怪我をした巴の戦力ダウンは痛いけれどいつも通りのサービスを提供するために、
女将さん、遊びにやってきた皐月も動員して喜翆荘の危機を乗り越える!!!



途中、少し座り込んでしまった女将さんを見つけた緒花。

「お客様第一、自分は二の次、三の次。

それが楽しかったんだよ。」



女将さん、皐月と一緒に喜翆荘で働く。
不思議な高揚感にとらわれた緒花。
結名に「夢は?」と問われて答えられなかった答えが見えてきた気がする。


「私の夢は・・・。」


緒花は望み札になんと書くのでしょうか?
喜翆荘は?孝ちゃんは?
次回、楽しみです!










スポンサーサイト



category: 花咲くいろは