FC2ブログ

おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

BLOOD-C#11「たれをかも」感想  

もう、こんな茶番は終わりにしましょう。
小夜、「古きもの」。
私は見つけた・・・!



「たれをかも」


生きていた時真、ののとねね!
もう待っていられない。
小夜を無理やり覚醒させる香奈子たちの本当の目的は?!



************************************



先週はかなり辛口な感想を書きましたが、なんとか11話、ぎりぎりで
動き出してほっとしました。


劇場版とはチームも内容も全く違う、別物になるということだそうなので
「まだまだ物語は続く!」なラストは何とか避けて欲しいと思います。
ただ残り一話ではねえ。
1クールでのバランスをもう少し考えて欲しかったです。
1話と11,12話を見れば全部、分かる!じゃ情けないじゃないですか。(苦笑)



全ては小夜、貴女の覚醒のために。
「如月」、その名が「衣替え」を示すように。



香奈子、ねね、のの、時真は同じプロジェクトの”エキストラ”。
小夜は自分が主役とは知らない”主人公”。
この町は全て小夜のために用意された舞台。
夏しか来ない、夏服しかない学校。


過去の記憶、思い出が無い小夜を言葉攻めにしていく先生。


言葉だけじゃなくて先生、手が!!!


名前ですら与えられたもの。
「如月」・・・衣替えを示すように頭の中も書き換えられた。
心は変わっていないと思ったけれど!
香奈子の手から逃れて座り込む小夜。



今までの皆の態度が違う。


「金が欲しいんだよ!!!」

ヒロインに近付く美味しい役、時真!!!
ねね、ののもどうやら計画の裏で罪を犯していたよう。
それを帳消しにしたい。
そして先生は・・・?


「持ってきた?」

「はい。」


時真は殺される瞬間に「古きもの」の血を採取したらしい。
試験管に入った「古きもの」の血を飲まされる小夜!!!
瞳が赤く覚醒していく・・・!



記憶に甦るのは制服のまま戦う自分。
兵士たちを、銃弾を、全て退ける強さ!!!
米軍も日本政府も隠したがるはず。


「小夜、人の姿をした人でないもの。」


「君が欲しいよ、小夜。」
そのためには眠ってもらわなければ・・・。
何者かが計画した小夜の封印。


封印されたものの、小夜の性はそのままだったらしい。
「古きもの」を倒すとその血をすする小夜がいた。
化物と呼ばれるものは百人一首でも詠まれてきた。
高位の者は美しい。
醜いものとは違う、小夜はこんなにも強く美しい。


時真は報酬をもらって金を手にする。
のの、ねねは罪をもみ消す。
では、香奈子は?


朱食免(しゅじきめん)


人を喰らうことを許された存在。
やっとこの町で見つけた!!!
自分はそうした存在を探し続けてきたけれど学会の古参たちにずっと
笑いものにされてきた。
そう憤りを口にする香奈子。


ルール違反をしても早くこの茶番を終わらせたかった。
少しずつ記憶が戻ってもすぐに暗示と封印で記憶が元に戻って
しまう。
いや、「如月小夜」という存在に戻ってしまう。


けれど・・・覚醒が遅い!?
小夜の記憶には拘束された自分の血が全て採取され、


「彼にあげないとね。」


という声が。


焦る香奈子を他所に、ののとねね、時真はプロジェクトからの
解放を望んでいた。
監視の目をくぐっていたなら何をしても平気!


が!
監視の目などいくらでもある。
見張っていたのは委員長と優花!
震える小夜を気遣う委員長。


「主役を傷つけるのは禁止事項でしょう。」


小夜のプロジェクトなどどうでもいい!!!
自分の報酬が気になる双子、時真。
自分の学会での確固たる立場、勝利を手にしたかったのだと叫ぶ香奈子!
このままでは学会追放!


「きっとアイツを!」

「ぼくを?」

文人・・・!



ということで「古きもの」を使って小夜を覚醒させるプロジェクトが
存在していた、その中で結果を急ぐ香奈子、時真、双子の独断派が
いたのですね。
そしてもう一度、封印していたのがどうやらプロジェクトを画策した
らしい文人。
計画通りに動いていたのが委員長、優花。
きりっと!な文人さん、かっこいい♪


兵器としての小夜。
やっと「BLOOD」シリーズの本質に辿り着いてきました。
皆、演技派ですね。


さて、唯芳はどういうポジションの人なのか。
「約定」とは?
あの犬の正体は?
全て語っていただきたいです。


ギモーヴ、食べてみました。




マシュマロにしては果実の味がしっかりします。
血の味とか、キスの味とか???!!!


この制服は返り血が目立たないように、だそうです。(メモメモ)
スポンサーサイト



category: BLOOD-C