FC2ブログ

おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

弱虫ペダル GRANDE ROAD #11「サバイバル」感想   

ここからが本当の死闘。
例え仲間のジャージを踏み台にしても。


「サバイバル」

あらすじは公式からです。

過去の自分に捕われず、前だけを見続けてきた荒北は、待宮を退けた。
総北・箱根学園それぞれ6人ずつが揃い、ラストステージに突入!



************************************



荒北さん、かっこ良すぎる!!!(;;)



「オレの役割は終わりかな。」
そんな事は無いよおおおお!!!


高校生最後の夏、最初で最後のIH。
三年間、短いようで長かった。
ずっと福ちゃんが言った通り、ローラーを回し続けてきたんだからね。(^^ゞ)
でも、それを乗り切ったからこそ、福ちゃんの前を走って、横に仲間がいて。
チーム箱学は誰が欠けてもダメだったんだよ!!!



福ちゃんの注文はいつでも厳しい。(^^)
今回は不思議ちゃんを連れて来ること。
おまけの不思議ちゃんが増えてしまったけどね。


全員が合流してからも、京伏の動きを注意してみたり、レース全体の流れを
考えてみたり、荒北さんは”職人”だと思う。
職人だけど熱いハートも持っていて勝負では決して負けない。
仲間も置き去りにしたけど、福ちゃんと同じで必ず追いついてくる、と仲間を信じてる。
だから自分がここで脱落しても。
一度は真波くんと坂道くんに支えられることになったけど。



「お前にだけは誉めて欲しいんだ。」


言ってやってよ、福ちゃん!!!(;;)
いや、「最高の走りだった」って言ってたけど、ちゃんとさ!


荒北さんは「誰も触れない」中で、ただ一人言葉を掛けてくれた福ちゃんの
「友達」としての”笑顔”も欲しかったんじゃないかと思うんだよね。
一緒に泣いて、笑って。
手を合わせても、福ちゃんから紡がれる言葉は強くて当たり前のチームメイトに
対する言葉で。


福ちゃんには枷がある。
2日目のリザルトを取って、「心から笑える」と言ってはいたけどチームが
最終的に勝利しなければ本当の意味での心の開放にはならないのだと思う。
「鉄仮面」
分かってる、チームが勝つまでは・・・不器用な福ちゃんが分かってくれていることも
分かってる。
だけど自分はここまで。
だから、せめて・・・そう思うと、ますます荒北さんが残されることが切ないのですよおおお!!!



落ちていく荒北さんを何とかしたい!!!
箱学の皆の気持もツラい!!!
ヤマアラシのようだった荒北さんと同じチームになってぶつかり合いながらも
三年の夏、ついにここまで来た。全員で、来た。
つなぎ役としても荒北さんの頑張りを皆が実感した瞬間だったのでは・・・。



役割を終えたように脱落していく荒北さんを見て、動揺する坂道くん。
坂道くんも自分は金城さんのオーダーをきっちりこなしてこそ、自分の役割と
居場所がある、と思っているからね。
それが無くなった時、自分もそうなったらどうしたらいいんだろう。
トップ争いの緊張感は半端無く、そこに自分の居場所はあるんだろうか。
もし、置き去りにされたら、自分は・・・。



そんな時に声をかけるのが巻ちゃんってグッジョブーーー!!!(;;)
前にも皆と一緒に走らなければ寂しい、という坂道くんの気持を察して
「それでいい」って言ってくれたよね。
今回も、皆がそろったこの状況を楽しめばいい、と。
巻ちゃん、良い先輩だあああ!




頼みにしていた呉南の待宮が来ない。
石垣さんはほんと良い人で、御堂筋くんが来るまでは楽しい部活、だった
事が良く分かりますね。
IHの優勝者はこの中から出る。
協調したとしても、勝者は一人だけ。
御堂筋くんのSEがまたまたガッツが入ってます!


補給をしてくれる手嶋くん、青八木くん、箱学の部員たち・・・皆の思いを背負って
ゴールするのは誰なのか。
次に脱落するのは・・・早く次回が見たいです!!!

Cパート・・・

アイーン!でも笑ってくれない福ちゃん!!!

いや、後で笑ってたけどさ!!!
だから、ちゃんと面と向かって笑ってあげてよおおお!!!



☆になった荒北さん的な・・・ううう・・・。(^^ゞ)



朝、届きました♪
後でじっくり見ますー♪



スポンサーサイト



category: アニメ

tb: 9   cm: 0