おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リトルバスターズ!#17「誰かにそばにいて欲しかったんだ」感想   

私はいらない子だったんだ。
孤独を打ち明ける葉留佳に理樹たちはどうする?


「誰かにそばにいて欲しかったんだ」


あらすじは公式からです。

何者かがバラ撒ばらまいた誹謗中傷のビラに傷ついた葉留佳は、
自らの生い立ちを語り出す。
そのあまりに過酷な運命に、理樹たちは衝撃を受ける。
心無いビラによって悪評が広まり、「またここでも居場所がなくなる……」と
脅える葉留佳。
だがすでにリトルバスターズのかけがえのない仲間になっていた葉留佳を、
メンバーみんなが必死に励ます。
そして葉留佳は自らの運命と向き合い、出生の秘密を探ることを決心。
理樹と共にある人物に会いに行くのだが……。



*********************************



先週、判明した葉留佳と佳奈多の生い立ちの秘密。
世間の体裁を気にする大人たちの犠牲になってしまった二人の少女の
幸せな子供時代をもう一度送らせてあげたい、と思わずには
いられませんでした。


一人の母と二人の父親。
やはり二人がどちらの父親の子か、ということははっきりと葉留佳は
知らなかったのですね。
三枝の苗字は葉留佳が継いで、佳奈多は分家の二木家へ。
しかし、三枝の名を持った父・晶が事件を起こして犯罪者になってしまう。


家の主導権は分家の二木家へ。
2人の少女はどちらが跡取りにふさわしいか、犯罪者の子供でないことを
証明するために常に比較されて育った。
結果、佳奈多のほうが優秀と認められ、葉留佳は「いらない子」と
酷い扱いを受けるようになる。
一族の咎を全て背負うように。



学校に来ても監視付き。


「あいつを見返してやる。」

孤独に耐えかねた葉留佳はわざとルール違反をして佳奈多を
困らせるようになる。
そうすると監督不行き届きと咎められるのは佳奈多。
それが楽しかった。



家に自分の居場所は無かった。
だからやっとリトルバスターズの仲間ができてうれしかったのに
あんなビラを撒いて!!!


「私、生まれてこなければ良かった!」


そんな事、思っちゃいけないね。
理樹が言ってくれた。


「そんな事、言っちゃだめだ!」


自分で自分を否定していたら、良いことは何もやって来ない。
自分の事を嫌いにならないか?と涙ながらに言う葉留佳に
「みくびってもらっては困る」と男前なことを言ってくれる
唯湖、さすがです!


クドが言えなかったムードメイカーを言ってくれた
謙吾もかっこいい!
ここが三枝葉留佳の居場所。
零れ落ちるビー玉が胸を打ちます。(ホロリ)


現れた佳奈多をビラの事で責める葉留佳。
自分が嫌われ者だという事を自覚しているのも悲しいですね。
理樹たちに巻き込まれないよう忠告する佳奈多。



翌日、元気を取り戻した葉留佳はシフォン・ケーキで理樹と鈴を
おもてなし。
けど、風が吹けばボロボロなのだよ。(苦笑)
心強くなった葉留佳は最近、出所した父・晶に会いに行こうと思って
いると言う。
会って確かめたい、自分がどちらの子供なのか。
はっきりすれば心のモヤモヤが晴れる。



しかし、理樹と鈴についてきてもらって久しぶりに再会した晶は
飲んだくれのさえない男だった。
思わず罵倒してしまう葉留佳!!!
晶も「帰れ」と返答するだけだった・・・。



残った理樹は本当の事を教えて欲しいともう一度、頼むけれど
知らないほうがいいと突き放されてしまった。
鈴に引き止められる葉留佳。
佳奈多なら知っているかもしれないけれど、今の状況は佳奈多に
良い環境になっている。
本当の事なんて言うわけがない。



夜・・・ふと校門を見た理樹は車に乗っていた三枝本家の祖母に
ビラのことで反論する佳奈多の姿を見る。
平手を打たれ、立ち尽くす佳奈多。


「死ねばいいのに・・・。」


おお・・・っと・・・。


問いかけた理樹に本家の人間が来るのは珍しいと答える佳奈多。
理樹は何となく佳奈多が葉留佳の心配をしているように受け止める。
自分が幸せではないこともにおわせる発言に理樹は本当の父親を
知っているなら教えてあげて欲しいと頼み込む。


そんな理樹を見て誰かを助けて悦に入る傲慢、とばっさり切り捨てる佳奈多。
理樹はそれ以上踏み込めず謝るだけだった。


寮の部屋に戻った佳奈多を窺うクド。
見た事のある髪飾り。


翌日、理樹に美味しいシフォン・ケーキを振る舞う葉留佳。
しかし、それは葉留佳と同じ姿をした佳奈多だった!


「私の事、好き?」


見ていた葉留佳は・・・



ということでほんと、三枝の家の関係に立ち入ることは余計なお世話
なんだろうけど、このままじゃ二人のためにはならないですよね。
佳奈多も分家にやられて肩身の狭い思いをしたのでは、というのは
想像するに難くない。
幸せの分量は二人にはどちらにも足りない状態なのです。


家の枷から解き放たれるにはどうしたらいいのか。
離れられないならせめて2人の関係だけでも修復されることを。
次回が楽しみです。





スポンサーサイト

category: ゲーム系

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1060-aa493b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトバス 第17話「誰かにそばにいて欲しかったんだ」

 体調が不良だったりで、きっと長くはもたないので、サクサク行かせて頂きます。  葉留佳シナリオ・その2ですね。各シナリオは3話で1セット、というところは鉄板のようです

Old Dancer's BLOG | 2013/02/08 02:03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。