おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

宇宙戦艦ヤマト2199 #13「異次元の狼」感想  

次元の向こうから見えない敵が仕掛けてくる!
手も足も出ないヤマト!



「異次元の狼」


見えない敵からの攻撃。
それはドメル配下となったフラーケン操る次元潜行艦だった。
その魚雷攻撃に翻弄される中、沖田は倒れ緊急手術が必要と
なってしまう。
古代は命令違反を犯しながらも、ヤマトを救うために危険な
賭けに出る。



************************************



古代「艦長の事は信頼している。」

沖田が言った

「もし、それが命令であったとしても

間違っていると思ったら立ち止まり、

自分を貫く勇気も必要だ。そうわしは思う。」



この言葉を実行する古代君・・・なエピソードでしたが、玲も勝手に発進するは
古代くんも榎本がついていたとはいえ、勝手に発進するは、で正直、この艦の
命令系統はどうなのよ、と思ってしまったわけですよ。(^^ゞ)


でも、フォローした榎本の

「常に一手先を読めってね。

訓練課程で教えたろ。」


これこれ、これね。


だから、真田さんと新見がもしもピンガーによって相手を索敵する作戦に
失敗した時の備えとして、それなら・・・ってことで発進準備をさせて
いたら、沖田の後任として真田さんはOK!って事になったと思うんですよ。
多分、沖田が万全の状態だったら両方の策を採用したんじゃないかな、
なんて勝手に思ったりしました。


後で真田さん・・・

「彼を死なせたくなかったからでしょ?」

いくら古代君が戦友・古代守の弟であったとしてもこれはちょっとねー。(^^ゞ)
いやいや、鉄面皮な真田さんの人となりを表現したかった、そのためのエピソード、と
思っておきましょう♪


それにしても、新見の

「あの人にそっくり。」


「貴方ねえ!!!」と自分の作戦が失敗したことを命令違反した
古代君に怒りをぶつけるような言動をしていた新見女史でしたが、
次第に「あの人にそっくり」ってそれなら「仕方ないか♪」な態度に
変わってきましたよね。


真田さんも新見女史も、古代君を「戦友の弟で可愛い後輩」と見るように
なってきたような気がします。


良い仕事をしたのは徳川さんもね。
この人がいなければ艦橋の雰囲気がもっとトゲトゲしたり、不安に満ち満ちて
いた事でしょう。
手術になってしまった沖田を古代君に見舞うよう勧める徳川さん。
良い人だあ!!!


「肩に力が入ってるぞ。」


機関室でも藪の不安を吹き飛ばす一喝!!!
強い信念を持って事に当たらなければ地球を救うなど無し得ない
任務であることを分かっているんですよね。



一方のガミラスは職人ぞろい!!!


除く、ゲール君です。(^^ゞ)


ドメル配下の将も、デスラ―直属をディッツの裁量で配備されたフラーケン部隊も
百戦錬磨の相ですね。



動かないヤマトを焙りだす!
仕掛けるフラーケンの作戦にまんまと乗ってしまうヤマトを
魚雷で攻撃!!!


しかし、亜空間ソノブイをシーゲルで放出し、敵を索敵するという
作戦に出た古代と榎本たちの活躍でフラーケンの艦の潜望鏡は
破壊され、ヤマトはワープ!


「良い猟犬は深追いしないものさ。」


譲治・中田の良いお声が炸裂です!!!


ヤマトの本来の艦橋スタッフは発進直前の砲撃で戦死、対してガミラス側は
経験豊富な士官多数。
その差を沖田の才覚で乗り切ってきたけれど、ついに彼は病魔の前に倒れてしまいました。
ヤマトの救世主になったのは

古代君の直感!


これから彼の器量が試されていくわけですね。


それにしても宝の持ち腐れの航空隊。(^^ゞ)
シーガルに乗るのは彼らじゃダメだったのかな?








スポンサーサイト

category: アニメ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1268-a691c607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」 感想

今回 戦艦とか作画が綺麗でしたね~惚れ惚れしながら見てしまいました。今回の敵は フラーケン@中田さん操る次元潜航艦。 なんかハ―ロックみたいな人キマシタww それにして

薔薇色のつぶやき  別館 | 2013/07/03 17:45

宇宙戦艦ヤマト2199 #13

ヤマトが次元潜航艦と対決するお話でした。バラン星へは、銀河方面司令官としてドメルが着任しました。前任者であるゲールは、副司令に降格されたのでした。ここに赴任する

日々の記録 | 2013/07/03 18:18

宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(6/30)#13

第13話 異次元の狼 自由浮遊惑星バランに赴任してきたドメル大将。前任者のゲールは副司令官としてドメルに仕える。 次元潜航艦がヤマトを襲う。総統直轄の艦を利用したドメル、デ

ぬる~くまったりと | 2013/07/03 20:05

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話 「異次元の狼」

宇宙戦艦ヤマト2199 4 [DVD](2013/02/22)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る 次元潜水艦の攻撃に翻弄される宇宙戦艦ヤマト。 こんな時に沖田艦長は倒れ、佐渡先生と原田真琴の

北十字星 | 2013/07/03 22:48

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」「狩りを始めよう」今回は、この方の一声で萌え・・た(腐っ)ヴォルフ・フラーケン(@中田譲治さん)この方も、今回フル・ネームが。いか...

SOLILOQUY | 2013/07/04 02:33

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」 「狩りを始めよう」 今回は、この方の一声で萌え・・た(腐っ) ヴォルフ・フラーケン(@中田譲治さん) この方も、今回フル・ネ...

SOLILOQUY 2 | 2013/07/04 02:35

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」

宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」

SOLILOQUY別館 | 2013/07/04 02:36

アニメ 宇宙戦艦ヤマト2199 第13話 「異次元の狼」 感想

「やりますか?、やりますねぇ?!」ガミラスの特務艦、次元潜航艦が異次元からヤマト

くまっこの部屋 | 2013/07/04 18:25

『宇宙戦艦ヤマト2199』 第13話「異次元の狼」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ バラン星鎮守府に、銀河系作戦司令官としてドメル将軍が着任。旗艦ドメラーズ?世を先頭に堂々の艦隊をひきいて登場する名将がカッコいいです。前任者のゲ

ふるゆきホビー館 | 2013/07/04 18:57

宇宙戦艦ヤマト2199 第十三話「異次元の狼」

 ドメラーズ三世(ドメル将軍の乗る旗艦)の登場シーンからスタートした第十三話。  このBGM~艦体集結~は、いつどのような時に聴いても、実にワクワクしますね。子ども時代の

Old Dancer's BLOG | 2013/07/06 13:55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。