おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

少年ジャンプ33号の「黒子のバスケ」感想  

少年ジャンプ33号の「黒子のバスケ」第221Qの感想です。


今日は「KUROBAS CUP2013」再配信の日でしたがお出かけして
しまったので間に合わず・・・。(^^ゞ)
早くDVDになるといいですね♪

「KUROBAS CUP2013」の二期告知コーナーで紹介されたキーヴィジュアルが
掲載されています。
公式でも発表になりました。
公式HPはこちら♪
キャストは氷室はきーやんで決まっていますが早く花宮も知りたいですね!




では、第221Qの感想です。
「テツヤ」

扉絵は体育祭の風景。
リレーで頑張っているのはきーちゃんと峰ちんのようです。
頑張れ!!!


自分より弱い人に従うつもりはない。
紫原の突然の反抗に赤司は1ON1、五本先取の勝負で決めようと言う。
緑間、黄瀬、桃井が見守る中、勝負が始まる。

真田監督は青峰を信じ切れず、突き放してしまった自分の言動を
激しく後悔していた。


赤司VS紫原の勝負はなんと紫原の4-0!
高さとパワーに対抗できる速さと正確さを赤司は持っているはずなのに
それを楽々と超える紫原の成長。


「初めて赤司が負ける・・・!」

「オレが・・・赤司 征十郎が負ける・・・?」


敗北という結果はあってはならない。
何があっても、誰が相手でも。
この世は勝利が全て。


「すべてに勝つ僕は全て正しい。」

開眼する天帝の眼!!!

紫原のボールを一瞬の隙に奪う赤司!
雰囲気も今までの赤司とは違う。
紫原に調子に乗りすぎだと冷たく言い放つ赤司。


「僕に逆らう奴は親でも殺すぞ。」


勝負はついた。


練習には出ると答える紫原に「好きにすればいい」と考えを改める赤司。
「試合に勝ちさえすればな。」
もう自分たちのレベルでは足並みをそろえようとするほうが無理。
ならば自分たちの能力を最大に発揮するほうが勝つためには効率的。


「キセキの世代(僕達)にとってチームプレイは

邪魔なものでしかない、そう言ったんだ。」



驚きを隠せない緑間、黄瀬。


青峰を連れ戻すことができず、うなだれて戻ってきた黒子を赤司は
出迎える。
「もう諦めろ」と。
青峰を追いかけるよう送り出してくれたのは赤司なのにどうして!?


ヒビの入った皿は戻らない。
でも、今のままでも十分つかえる。


豹変した赤司の態度は黄瀬、緑間にも衝撃を与える。
あれは”アイツ”そのもの。
今までに何度か見たことがある赤司の顔だと緑間は思う。


「君は誰・・・ですか?」

「僕は赤司 征十郎に決まっているだろう、

テツヤ」



ということで・・・
前回の感想で「ズガタカ」と言いましたが「オヤコロ」再び!の衝撃でした!!!
ついに勝利至上主義、そのためなら余計なものはいらないという赤司様の
専制政治(部活ですけど。^^ゞ)始まってしまいましたねえ。


勝って当たり前、敗北を知らない自分が敗北を知る!?
もしも負けたら・・・”お父さん”に常に頂点に立っていることを
義務付けられていた赤司様。
負けたくない思いがついに覚醒させてしまいましたね。
「天帝の瞳」を。


そして知ってしまった”キセキの力”。


自分には勝利に必要な”キセキ”というコマだけがいればいい。
勝つことができるなら。
名前で呼ぶ特別なつながり。


多分、黒子はこの後、必要とされなくなっていったのでしょう。
努力して、努力して、やっとつかんだユニフォームが・・・。
チームプレイがいらないなら、パスがいらないなら自分は
何をしたらいいのだろう。
赤司に見いだされたはずなのに、彼に見切りを付けられることになる?



苦しい展開でしたが、一緒にいて驚きまくってる真ちゃんきーちゃん
萌える~。(笑)


真ちゃんが気づいていた冷徹な赤司様が表に現れてしまった。
真ちゃん、これからどうなるんだろう・・・きーちゃんも。(;;)
二人もそのうち「勝利こそ全て」に傾いていく・・・。
崩壊するキセキ、どうなる!?







スポンサーサイト

category: 少年ジャンプ

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1281-7f3834ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少年ジャンプ33号の「黒子のバスケ」感想

今回の表紙と巻頭カラーは、ジャンプ創刊45周年記念、新連載の鳥山明先生の新連載「銀河パトロール ジャコ」そしてとじこみ付録は「ジャンブック」です。今回は連休と、そのど真...

SOLILOQUY | 2013/07/16 22:36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。