おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NARUTO疾風伝 #543「五影集結…!!」感想   

新しい未来を手に入れるために。
第一歩がここに記される・・・!



「五影集結…!!」

あらすじは公式からです。

マダラの力は想像を遥かに超えていた。
忍たちは何人も倒れ、オオノキも重傷を負ってしまう。
ナルトもチャクラを使い果たし一人では立てる状態ではない。
忍たちは戦意を喪失してしまうが、オオノキはまだ諦めず
平和を勝ち取るために立ち上がる!

ナルトや我愛羅もその姿に力を振り絞り立ち上がるのだが、
マダラは容赦なく冷徹に襲いかかってくるのだった。
もはや絶体絶命――のその時、綱手や雷影が疾風の如く現れ、
ついに現在の五影全員が一つの戦場に集結する!!



***********************************



高揚しましたー!!!


原作でも盛り上がった五影集結!
声が付くと・・・特にオオノキ@西村さんの言葉には重みがありましたね!
公式にも7班と五影の声優さんしか記載されていないですわ。(^^)



ずっと世界の平和を夢見ていた。
でも、自国の利のみを考え、奪っては奪われ、奪い返し、血を血で洗う
戦いの連続だった。
それを繰り返してもう四度目。


何も学んではいない、成長など必要ない。
マダラの言葉に反論するオオノキ。


「今までとは違う。」


力及ばず、柱間の言葉よりもマダラの言葉に踊ってしまった過去。
マダラも過去も捨てて、「己を拾う」。
我愛羅が言った


「いつ己を捨てた?」


この言葉は本当にオオノキの心に突き刺さったんだろうなあ。
夢を夢物語だけでは終わらせようとしない若い忍が奮闘している。
やっと来た機会、残り少ない人生を掛けるオオノキに感動です!
(そしてそれはカカシの言葉に動かされた雷影もそうなんでしょうね。)



マダラの木遁の前にはもうチャクラが無いナルト分身体と我愛羅、オオノキ!!!
ピンチ・・・と思ったら


九尾がチャクラを貸してくれたあああ!!!


マダラよりもお前のほうがマシ・・・ってツンデレが始まりましたね、九尾。(^^)


多重影分身でそれを防ぐも、マダラはまだ試運転の最中!
ナルトはあっという間に九尾のチャクラまで使い果たしてしまう。
接近するマダラと無を前に怯まないオオノキ!



木ノ葉をまとめた柱間と反目していたマダラは他里との同盟などさせなかったのですね。
戦うということが生きるということ!



けれど今度の戦いは違う。


「別のものを手に入れるための戦いじゃぜ。」


世界は平和に向けて成長している。
オオノキの言葉を否定して無限月読の世界で眠れ、というマダラ。


「ここでアンタから己を拾う!」


オオノキを支える我愛羅がいいですね!
一緒に拾い、共に倒そう!!!
過去と過去の遺物との決別ですね。



マブイに強制的に自分を次元転送しろ!と強気の綱手。(^^ゞ)
今さらながらこの人の力押しの思考と強情さに苦労が絶えないシカクさんを
思ったり。(笑)
おまけに”似た者同士”の雷影エーに苦労するマブイさんを心配したり!?



結局、綱手のあの術とエーの強靭な肉体で転送することになってしまいましたー!!!


「今こそ総大将の出番だ!」


うん、まあ相手がマダラならそうだね。(^^ゞ)


完全にヒラメカレイを使いこなしている長十郎に満足そうな水影様♪
同行しているゲンマにシカクさんから通信・・・



ここからが笑える!!!(^^)

「ツッコミは無しだ。」


というシカクさん。
なんと穢土転生でマダラが復活した!
ゲンマ・・・


「すいません、ツッコんでいいですか?」


わはは!!!ゲンマ@平田さん!!!


とにかく飛雷針の術で水影を運べ!
最初は火影&雷影をカツユを使ってこの術で運ぼうと考えたんですよね。
でも、マブイの転送術で二人は強引に行ってしまった。
飛雷針の術は大名と一緒に別行動をしていた水影に。


ゲンマ、ライドウ、たたみイワシ!!!


四様護衛の特別上忍で、飛雷針の術を会得していたって、この設定も
萌えるーーー!!!(^^)
窮屈でもなんでもいいですわ!!!


長十郎に後のことは任せて飛ぶ水影。


「遅れるのは婚期だけで十分ですわ。」


あああ、自分でそれを言ってはーーー!!!



マダラと無の前に立つことしかできなかったナルト、オオノキ達の元へ
綱手、雷影が参戦!
さらに水影!!!
共に戦う日が来ようとは!



並び立つ五影の皆さん!!!


マダラはこれくらいでないと、と余裕の構え。



綱手は早速、オオノキと我愛羅を回復!
攻撃を仕掛けるのは雷影と水影!
強烈な雷遁パンチと溶遁でマダラの須佐能乎が激突!!!
しかし、須佐能乎の強固なガード。
青とゲンマたちは無に向かっていく!



オオノキと我愛羅の回復に時間をかける綱手。
ナルト君、再生術の後に回復までやったんじゃ


「ババアになって倒れちまう!」

ってそれは本当なんだろうけどダイレクトに言い過ぎー!(^^ゞ)
でも、今回は里の皆じゃない、自分だけだからチャクラは満タンという綱手。
ナルトは回復する必要はない。
驚くナルトにオオノキは言う。


「お前を守るためだけの戦いじゃないんじゃぜ。」


そう、守って守られて。
水影の援護を受けた火影、雷影の攻撃、我愛羅の砂の防御。
土影の援護を受けた雷影の攻撃!!!



忍連合として新しい未来がオオノキには見え始めていた。
憎しみから脱却した忍の世界の新しいシステムの糸口が!
だから過去の遺物の精算は自分たちがする。
マダラを倒すと宣言するオオノキ。



だから


ナルト本体は仮面のマダラを!!!


ということで互いに助け合って未来を切り開く、たどり着いた平和への
道筋を守ろうとする五影の皆さんの奮闘でした!
まさに「今でしょ!」ですね。(^^ゞ)


九尾と八尾を守って残る戦いから、共に並び、共に掴み取る平和を。
五影の皆さん、頑張って!!!



次回は仮面マダラと遭遇したナルト君本体のエピソードですね。
ウタカタ様、しゃべってくれるかな?(^^)



ちょうどこの巻のあたり♪




スポンサーサイト

category: NARUTO

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1305-22a6bf4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。