おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

少年ジャンプ36号の「黒子のバスケ」感想   

少年ジャンプ36号の「黒子のバスケ」第224Qの感想です。


まずは8月2日は火神くんの誕生日!おめでとう!!!


2日にお祝いモードのアニメイト横浜にまたまた突撃して参りました!


1階ジャンプ・コミックス&雑誌コーナーのフラッグです。

青火12

青火13


23巻が発売になったばかりのコミックス・コーナーはお祝いメッセージが一杯!
2期を見据えて青峰と一緒とは萌えるーーー!!!(^^)

青火15

ちょっと大きく♪

青火2

メッセージカードです。可愛い!
青火6


コミックスコーナーの上のポップ♪

青火11

販促ポップなかがみん♪

青火7


続いて3階、キャラグッズコーナーのかがみんとツッコミ真ちゃん!!!

青火16

青火10


青火17


2期は暑く戦っていただきましょう!!!


青火18




今週の誠凛バスケ部通信はゲーム第二弾情報です。
誠凛メンバーは新ユニフォームで参戦!
楽しみです。


それからラジオ「黒子のバスケ放送委員会」のテーマソングが決定しました。



W小野のお二人が歌うOP,EDは9月25日に発売予定です。


今年のカレンダーの予約も始まりました♪
原作バージョンで壁掛け型と卓上型の二つです。
描きおろしは無いようですが、美麗キャラを一年間楽しめそうですね!


先週お知らせした12月4日発売のコミックス25巻アニメツアーDVD
同梱版の締切は10月18日です。
予約限定版なので忘れないようにね♪!


と販促したところで今週の感想です。
第224Q「・・・いいなぁ」。


扉絵は向かい合う黒子と荻原くん。


全中予選が始まり、圧倒的な強さで進撃する帝光中のキセキの世代。
監督も桃井も思う。
チームは確かに強くなったが、笑顔は無く、勝利のノルマを無感動に
こなしていくだけだった。
黒子は主力温存時の交代要員として使われるだけ。
本人も自覚し、役目をただ果たすだけ。
彼の笑顔もしばらく見ていない・・・。


楽勝過ぎて張り合いが無い。
次の試合、誰が一番得点するか、賭けをしよう。
黄瀬が言いだした事に赤司も乗ってきた。
それで張り合いがでるのなら。



2回戦。
相手に敬意を払う事もなく、緑間を除いて賭け事に興じるキセキの世代。
非難する黒子だが、青峰はやる気を出すための遊びだと一蹴する。



うなだれる黒子とすれ違ったのは誠凛の今の二年生たちだった。
日向が落した生徒手帳を桃井と届けに行く黒子。
二人が試合会場で見たものは、バスケが好きで全力で試合に臨んでいる
誠凛の選手たちだった。
うらやましく思う黒子。


誠凛はその後、主力の怪我で敗退。
帝光は全中予選を楽々と突破していた。



ということで・・・


相手チーム・・・


「くそっ・・・アイツら何かおかしいと思ったら

誰が点を一番、取れるかで遊んでやがる・・・。」



普通ならキセキ全員、ハリセンものですよー!!!(^^ゞ)
だけど、真田監督自身が自責の念を抱えているし指導方法に自信が無い、
赤司に注意できない、「勝利が全て」・・・赤司様も勝つなら何をしてもいい、
感じになってしまっているからねえ。


だから赤司様、いやキセキ皆が


「父さんにもぶたれたことが無いのに!!!」

な「ズガタカ」なキャラに育ってしまったんですよー。(^^ゞ)



相手に敬意を払って試合をする。
もし、笠松先輩や大坪さん(宮地先輩!)がいたら絶対、許さないですよね。
そういう意味では海常・秀徳の先輩たちは偉大だなあと思いますね。
レインボー先輩がいた時はほんと抑えになっていたんだなあ。


ただ、キセキの中で真ちゃんはイラっとしてましたね。
人事を尽くしていない。
むっくんが「楽勝すぎてやる気が出ない」といった時の「・・・」が
怒りを表してますー!
それは高校生になっても変わらなくて花宮に嫌悪感を示してましたよね。



試合が終わった後、「ふざけるな、オレは参加した覚えなどいない。」と
頑なー。
世間的には「空気が読めてない」「ノリが悪い」と言われるんだろうけどね。
でも、キセキの中ではほんと良識派なんだと思います。(;;)




↑ こういう事さえしていなければ!!!(爆笑)

一見、トロフィーに見えるけどラッキーアイテム!!!


で、おごるのは


きーちゃん!


安定の扱いです!
けど言いだしっぺだし、言い出したコマの絵がゲスいですからー。(^^ゞ)



落ち込んでいく黒子くん。
そんな時、出会ったのが誠凛の皆さんだったんですね。
日向が落とした手帳を届けにいく黒子と桃井。



一生懸命プレーしている姿が眩しくて。
この時、黒子は自分が進学する学校を決めたんでしょうね。
誠凛はそこそこの強さも持っていましたし。
木吉はこの試合で残念ながら花宮の陰謀(^^ゞ)にかかってリタイア
してしまいます・・・。



笑顔が無くなって、覇気も無くなっていく黒子くん。
荻原くんとこれではまともな試合ができなかったのでしょう。
次回、ついに全中が開幕します。




モデルーーー!!!(^^)



スポンサーサイト

category: 少年ジャンプ

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1307-32839dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少年ジャンプ36号の「黒子のバスケ」感想

今回の表紙は新連載「ひめドル!!」「教えてあげる、私の秘密」とは意味深な(笑)さて、表紙を開いてまず目に飛び込むのが「黒バス」国民投票選ばれた2名をペアとして、藤巻先生...

SOLILOQUY | 2013/08/05 23:41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。