おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

宇宙戦艦ヤマト2199 #24「遥かなる約束の地」感想   

必要なのは星を思う気持ち、強き願い。



「遥かなる約束の地」

あらすじは公式からです。

ガミラスとの死闘の果てにイスカンダルへと到達したヤマト。
イスカンダルの女王スターシャと謁見するヤマトクルーに、
彼女は思いもよらぬことを告げるのであった・・・。




**********************************



「ありがとう、・・・以上だ。」

「ヤマトの皆さんを誘導いたします。

皆さんにはイスカンダル星のマザータウンの港に降りて頂きます 。

計器を私の指示に合わせて下さい。


現在、地上の気圧は980ミリバール、気温、20度・・・」



これが旧作の沖田艦長とスターシャの台詞だったと思います。


思い出して泣けるーーーー!!!


旧作とはガミラス本星の戦いが全く違いましたが、やっとたどり着いたイスカンダル。
16万8千光年の彼方の旅の終わりはやはり涙なくしては見られないものでした!


そして違うといえば「コスモリバースシステム」。
旧作「コスモクリーナーD」は放射能除去装置で完全にメカ、でしたが
今度の「コスモリバースシステム」は人の想いや願いを必要とした
ものだったのですね。
そしてそれを起動する鍵となったのがある人の魂・・・。
旧作でもあっと思ったあの人の場面がこちららでも描かれました。




青いイスカンダルにたどり着いたヤマト。
降下していくシーンは本当に感動的です。
アンカーを降ろして迎えを待つヤマト。
やってきたのはガミロイドと同じですが優雅な仕様になっているお迎えですね。



スターシャと面会するのは真田、古代、新見、ユリーシャ、そして雪。
もしもユリーシャが目覚めていなかったらスターシャの反応はさらに違った
ものになっていたかもしれませんね。
サーシャも失っていますし。
ユリーシャは「見るだけ」と言っていましたが、ヤマトの人々の戦いを見て、聞いて
体験して弁護してくれることになりました。


しかし、スターシャが気にしているのは波動エネルギーを武器に転用したこと。
ユリーシャは「身を守るため」と言ってくれましたが、スターシャは何か
まだ思うところがある様子。
その理由は後で明らかにされますが・・・。



「コスモリバースシステム」は渡せない。
で、ヤマトの皆さん、そこで泳いで気晴らしですかあ!?
旧作で藪たちが先導して脱走を図る方がリアルな反応だと思いますが。
ここで水着回にしよう!という意見具申が通ってしまったようで。(^^ゞ)
まあ、釣りをする徳川さん&加藤、カナヅチのままの怜ちゃん@Free!な
篠原(中の人つながり)を楽しんでおこうと思います♪←女子スルー



ヒスからガミラス本星でのヤマトの報告を聞くスターシャ。
「その行動で」
ユリーシャが言ったようにガミラス本星を救った行動は大いにヤマトに
加点される要素だと思います。



「約束するよ。

君の願いは私がかなえてみせる。」



デスラ―はイスカンダル人が持つアイデンティティ・・・あまねく星々の
救済と彼なりのやり方で遂げようとしていたと思われます。
例え、それが恐怖による圧政、血で染める支配だったとしても。
だからイスカンダルとの統合を目の前にした時、全ての罪=ガミラス本星を切り捨てて
新しい自分になってイスカンダルに赴くつもりだったのでは。
もちろん、スターシャがそんな自分を受け入れてくれるかどうか、
なんて先は見えていたとは思いますけどね。



「その身を守るため、生き抜くためでした。」
デスラ―のやり方が分かっているならスターシャは早々に決意すべきなのに。
そうできなかった訳があることが分かります。



海を眺める沖田艦長、佐渡先生、アナライザー。
軽口をたたく佐渡先生とアナライザーの会話でもなんだか泣けてきてしまう・・・。
艦長はもう・・・ね。
ずっと床にいなければならないほどなのですから。



コスモリバースシステムの事は雪にユリーシャが説明する形になっています。
必要なのは「星のエレメント」。
星の進化や歴史を刻み、星の想いを宿したもの。
つまり「ヤマト」そのものがイスカンダルに来ることが必要だった。
だから届けることができなかったのだと。



やっと沖田の元を訪れるスターシャ。
かつて波動砲を作ったのはイスカンダル人も同じだった。
マゼランの星々を支配し、滅ぼしていった過去の歴史を繰り返さないように。
だから技術供与はしなかった。
それを守って欲しいと言うスターシャ。
ヤマトはコスモリバースシステムそのものになるべく作り替えられる。


メルダもまたこれからのガミラスの行方に思いを馳せる。
地球の事が終わったら次は・・・ユリーシャの瞳はガミラスを見ている
ようですね。


スターシャに声をかけられ、古代君は墓地へと誘われる。
もうこの星には自分とユリーシャ、二人しか残っていない。
悲しい星。
墓石に刻まれていた「石津英二」の名前、そして


「古代 守」


撃墜されエンケラドゥスに不時着していた「ゆきかぜ」に守の遺体は無かった。
ガミラスが生態サンプルとして連れ去っていたのですね。
これは旧作でもスターシャが同じことを語っていたように思います。
が、捕虜護送船は事故に遭い、イスカンダルに不時着。
一命はとりとめたものの守の身体は永らえることができなかった。



映像データを受け取り、皆と一緒に兄のメッセージを聞く古代君。
なんとしても青い地球を瞳に焼き付けて欲しい。
古代君は兄の魂とともに帰還することを強く決意したでしょうね。
しかし、兄の死を何度も認識するのはツライ・・・。
墓の前でうなだれる彼の気持を思うとツライです。


悲しいのはスターシャも同じで、どうやら輝く球体・・・
あれが守の生体エネルギーでコスモリバースシステムの起動装置になる
もののようです。
これを手放すのが嫌で、渡すのを渋っていたとも思われます。
二人の間に何が・・・はこれもラストで分かりますね。




地球に帰ろう。
これからは自分たちの手で地球を救うのだ。
ユリーシャはメルダとともにガミラスに赴くことを決めました。
ユリーシャからもう一人の自分・・・雪にはあの青い花「青水晶の花」が
手渡されます。
「秘めた命、秘めた思い」。



別れの握手をする古代君とメルダ。
メルダと友情で結ばれた玲。


「帰ろう、故郷へ!」


守の死を悲しんでいた新見も最後の別れですね。
彼の想いをかなえるためにも地球に生きて戻らなければ。


波動砲に蓋をされたヤマトはちょっと笑えます。(^^ゞ)
自動航法室にはコスモリバースシステムが。
ヤマトはそのまま地球を救うシステムに生まれ変わりました。
人々も変わった・・・異星人とも理解し合えるのだと。



見送るメルダとユリーシャ。
スターシャはそっとお腹に手を当てる・・・


命の危機!!!といってもやることは

やっていた古代 守!!!



さすがタラシ成分満載なお兄さんだと思ってました。(^^ゞ)
ま、結果的に二人の間に子供ができた、というのは同じですからね。
(それでいいのか!?笑)


という事で、大体の伏線は明らかにはなりましたが、個人的には水着よりも
デスラ―、スターシャの思いの描写、ユリーシャと雪の関係をはっきりと
描いてくれたほうが良かったなあ、なんて思ったり。
「もう一人の自分」・・・百合亜みたいに精神感応能力に優れた媒体でなければ
憑依すると記憶が無くなる?雪の記憶喪失はユリーシャが一時的に宿ったショックで
そうなった、と思ったのですがどうでしょうか?



帰路を急ぐヤマト。
ラストまで目が離せないのは同じようで!?







スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 7   cm: 2

コメント

No title

う~ん、
「生きていたんだね!兄さん!!」を
無くすっていうのは忍びないな~(涙)
水着萌えもいらないし・・・。

URL | まそほ #-
2013/09/16 16:42 | edit

Re: まそほさんへ

こんにちはー♪

> う~ん、
> 「生きていたんだね!兄さん!!」を
> 無くすっていうのは忍びないな~(涙)
> 水着萌えもいらないし・・・。

今で言えばベタな場面なのかもしれないけど感動やドラマをことごとく
削られてるよね。(>_<)
萌えよりもロマンが欲しいですね。
男のロマンが水着というならがっくり・・・です。(^^ゞ)

URL | おぼろ. #-
2013/09/17 14:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1363-f590644a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙戦艦ヤマト2199 第24話「遥かなる約束の地」感想

ついにイスカンダル到着ですね~ イスカンダルの空を飛び 海に着水するヤマトの作画が綺麗でした。 あと、スターシャのいる建物とか。。う~~~ん 今回思ったのは・・・スター

薔薇色のつぶやき  別館 | 2013/09/16 16:15

週刊少年ジャンプ2013 42号一言感想

三連休ということで 土曜日発売のWJ ざっくりと 感想行きます。表紙&巻頭カラーは 新連載の「HACHI」では 掲載順に一言。 HACHI 相変わらず個性的でいらっしゃる。主人公・ハ

薔薇色のつぶやき  別館 | 2013/09/16 16:24

宇宙戦艦ヤマト2199 #24.

「遥かなる約束の地」 船務長さんが無事帰還。ユリーシャ姫と並ぶと本当に双子という

色・彩(いろ・いろ) | 2013/09/16 16:28

宇宙戦艦ヤマト2199 TBS(9/15)#24

第24話 遥かなる約束の地 イスカンダルに到着したヤマト。沖田艦長の艦内放送。真田、古代、新見、森、ユリーシャがスターシャと謁見する。森雪をサーシャと見間違うスターシャ。ユ...

ぬる~くまったりと | 2013/09/16 18:14

宇宙戦艦ヤマト2199 第24話 「遥かなる約束の地」

宇宙戦艦ヤマト2199 6 [DVD](2013/07/26)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る ユリーシア・イスカンダルと森雪は、二人並ぶと姉妹のように 見えますね。スターシャ・イスカンダ

北十字星 | 2013/09/16 20:09

『宇宙戦艦ヤマト2199』 第24話「遥かなる約束の地」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ ついにヤマトはイスカンダル星へ到着、首都の湾内に着水しました。病床の沖田艦長は、艦内の全員に「ありがとう」と述べます。しかし、スターシャはコスモ...

ふるゆきホビー館 | 2013/09/17 19:02

宇宙戦艦ヤマト2199 第24話 感想 「遥かなる約束の地」

-凪(なぎ)の回 - イスカンダルの凪いだ海のように,おだやかな回でした。 これまでのヤマトの航海が「嵐の海」だとしたら,「遥かなる約束の地」イスカンダルは「凪の海」の地だった。 全体としてそういう印象が残りました。

ひそか日記 | 2013/09/19 20:17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。