おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「進撃の巨人」Reading&Live Event「Attack 音 体感」、レポ&感想  

10月12日(土)、横浜アリーナで行われた「進撃の巨人」イベント、
「Reading&Live Event「Attack 音 体感」」に参戦してきました。



進撃イベント


公式では
19:00開演/20:30終演(予定)
ということでしたが終わったのは多分、9時30分くらい!?
遠方から来たファンの皆さんは終電、間に合うか!?な時間に
なってしまいましたが、澤野サウンド&声優さんの演技をたっぷりと
楽しむことができました。


出演の皆さんは以下の通り。(敬称略)

出演:梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、谷山紀章、小林ゆう、下野紘
音楽:澤野弘之



ネッ友様ののんのんさん、るみさん、空想さんと4時に待ち合わせを
したのですが、その時点ですでにパンフレットは売り切れ、とのこと
でした。


少し感想巡りをさせていただきましたが、パンフ、白色のペンライトが
圧倒的に足りなかったようで、思い出してみれば、会場を埋め尽くした
ファンの数に比べたらペンライトの光がとても少なかったように
見えました。
(私は自前のを持っていきましたが。^^ゞ)
Reading&Live ということで「振るタイミングがあるの?」と思われた
方も多かったようですね。


でも、早々に調査兵団マント仕様のタオルも売り切れだったので、これは
主催者様も再販&通販を御一考いただければな、と思いました。



会場する6時頃にアリーナ前へ。
入場待機列が終わる頃に入場、私はアリーナ席D扉・・・ステージに向かって
左側、前から10列目という席でした。
舞台に用意されていたオーケストラの左側の方が音響セットでちょっと切れて
しまうかな、という位置。


7時を少し回ったところでアナウンス、それから開演です。
正面には壁のセット、中央と左右にスクリーンがある配置です。



場内が暗くなり・・・


BGMに合わせて壁の向こうから超大型巨人がああああ!!!

迫力!!!


さらに

立体機動装置を付けた調査兵団の

兵士、二人が!!!



ワイヤーアクション!!!
おおー、壁にとりついて超えていきましたーーー!!!


コバヤシさんでしたか、迫力あるヴォーカル!


そしてミカサ@石川さんが過去話の時のミカサのような白いふわっとしたレースの
ワンピに赤いマフラーで登場。
マイクの調子が悪いーーー!!!
焦りましたが治って、そのまま朗読が続きます。
時は第57回壁外調査前日の夜・・・
エレンを探すミカサ。



「奴らは来た・・・。」


ナレーション&アルミンの井上さん、テイルズ・フェスで拝見しましたが
その時のロングのヘアーと打って変わって黒いショートカット!
新鮮なマリーナでした。(^^)

「進撃の巨人」の概要が語られます。
100年の安寧、しかし、壁の外には別の世界が広がっていることを。
やってきた逃れられない恐怖。


団長がスクリーンに!

「死にたくありません!」

のシーン。


ここからキャストの皆さんが「なぜ調査兵団を選んだのか?」
自問自答していく朗読劇が始まりました。


が!

サプライズでRevoさん、来たー!!!

ステージから炎が吹きあがる!!!
皆、立ち上がる余裕もなく大興奮!!!
Revoさん、スケジュールの合間を縫って来てくれたようで
「紅蓮の弓矢」をTVサイズで熱唱!!!
皆で

イェェェェェガァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!


「来ちゃったー!」「進撃、最高!!!」ととても嬉しそうに
舞台を駆け去っていったRevoさんでした!



朗読のトップはジャン@きーやん。
黄色い悲鳴♪
黒のかっちりしたジャケット・・・今夜のキャストの皆さんは全員、黒い
ジャケットで調査兵団風な固いイメージの装いでした。


(ジャン)
壁外調査に出て生死を分けるのは36分の戦闘。
ネス班長を囲んでの会話からそのことをずっと考えるジャンの葛藤の
告白でした。



(アルミン)
星空を眺めながらやはりどうして自分は兵士になったのか語っていきます。
エレンとは資質が違う自分。
一体、どうして?
エレンが言う地下室を見てみたいから、かもしれない・・・。
エレンを探すミカサが側に来て、二人は会話を終えます。


スクリーンにはアニメの名場面がどんどん流れていきます。
ミカサを助け、壁の穴を塞いだエレン。
そして女型の巨人!


壁には調査兵団のマークの緑のタペストリーが垂らされます。
高揚するーーー!!!



(ミカサ)

「エレン、どこにいるの?」

自分が守りたいのに明日は一緒にいることができない、守る事が
できない。

「あのチビがエレンを守ると言う。」

「チビの部下がエレンを守る」「変な人たち、不安」と

ミカサ、”チビ”を連発、先輩たちを”変な人”!!!

シリアスな雰囲気の中、思わず吹き出しそうになってしまいました!!!
エレンを失う不安に駆られるミカサ。


BGM・・・白と黒の衣装のダンサーさんが長い髪を揺らして踊ります。


壁の上にやっとエレン@梶くん、登場!


(エレン)
リヴァイ兵長に許可をもらって一人、壁の上にやってきたエレン。
ジャンに言われたこと、「値踏みさせてもらう」・・・
でも、自分は巨人の力をまだ把握していない。
皆も守るといっても守られてばかりのひよっこな自分・・・
ミカサの事も傷つけてしまった・・・


「情けねえ・・・。」


苦悩するエレン。


梶くんの朗読が終わった後、舞台には最初に出た調査兵団コスの
お兄さんが二人、登場!!!
ワイヤーアクション、ブレードを使っての剣技、場内を走って
もう一度、ワイヤー!で壁を超えていく!!!
まさに”体感”!!!を感じさせてもらいました!



朗読、アクションの合間に流れる生BGM(タイトル表記できなくて
すみません!)は迫力のサウンドです!
スクリーンにはアニメ名場面、他に壁にライティングで巨人の影が映し出されたり、
レーザー光線、エフェクターを使っての幾何学模様が映し出されたり、と音楽を
盛り上げる演出が!



緊張が解けるサウンドに続いて登場したのがテーブル、椅子に座って
語り合うサシャ@小林さんとコニ―@下野くん!


(サシャ・コニ―)


実は食後のデザートを待っていたサシャ!?
出ないとあきれ顔のコニ―・・・

なぜ調査兵団を選んだのか?
憲兵団に入れたのに・・・自分は天才だと言い切るコニ―。

「三科目で7点しか取れないのに!?」

わはは!!!
それで自分より順位が上なんて!!!と驚くサシャ!


「何たって俺、天才だからな!」


場内、笑い声♪
ここに居たのは・・・一人になりたくなかったから?
笑い飛ばすコニ―に笑顔が戻るサシャ。


BGMに乗って、壁には緑のビーム!


アルミンと出会うジャン。
そしてミカサ。
エレンを探すミカサにエレンは壁の上、と教えるジャン。



(ジャン)

亡くなった訓練兵団の同期たちの名前を挙げて死を悼むジャン。
マルコへの思い。
彼は生きていたらどこを志望しただろうか?
オレは何をすべきなのか・・・



(アルミン)

ジャンと同じように亡くなった同期を悼むアルミン。
ただ一つ、分かっているのは

「戦うことを選んだ」こと。


BGM・・・エイミーさんかな?綺麗な長い髪を揺らしての熱唱!



(ミカサ)

ステージとは反対の客席内に設置されたブースでの語り。
手が届かない、自分が求めれば求めるほど遠くに行ってしまうエレン。


(エレン)


自分は巨人になることで存在価値がある。
「俺達が守ってやる」「ピクニックだと思え」・・・先輩たちの軽口を
冗談とは思えず、自分を弱い存在だと、任務にあたるにはまだ何の力も無い自分は
・・・と落ち込むエレンの独白。

それでも、多くの仲間が死んでいった、その命をムダにするわけにはいかない。
何があっても。


炎が上がり、場内、赤く燃え上がる!!!

超大型巨人、再度、登場!!!


(ジャン・アルミン)


いくら考えても答えは出ない。
分かっているのは


「戦う事だけ。」


ジャンも、アルミンも。
星空を仰ぎながら宿舎に戻る二人。



(エレン・ミカサ)


「エレン!?何処に居たの?」
「別にどこだっていいだろ。お前は何してるんだよ?」
いつもの会話です。(笑)
でも、心配してくれているのは分かってる。
ミカサに謝るエレン。
戸惑うミカサ。


BGM


(サシャ・コニ―)

憲兵団に入ってればいい暮らしができただろうと、まだ話している二人。
アニだってきっと、市民だって美味しいものを食べているに決まってる!
牛も羊も・・・飼える、食べられる!と話す二人。(^^)


ここで合流する皆さん。
(エレン・ミカサ、アルミン・ジャン、サシャ・コニ―)


ジャン「と、ところでお前らはずっと

二人で居たのか……?」


わはは!!!

慌てるエレン!
「それじゃあ、リヴァイ兵長にぶっとばされる!」

「させない!!!」

ジャン、エレン、ミカサのトライアングラーがたまらん!!!


食堂にはもう何もない。水しかない。
昔、水杯を挙げる風習があった・・・俺達にぴったり、と水で
乾杯する皆。


答えは出たわけじゃない。
でも、分かるのは「巨人を倒して、皆で帰ることだ!!!」


調査兵団のコスをした皆さんがステージに勢揃い!
失ったこれからを取り戻そう!

エレン「俺達の戦いはこれからだ!

心臓を捧げよ!!!」



皆さん、兵団の敬礼ポーズ!!!
キャストさんから退場です。
調査兵団コスの皆さんがマイクを持って退場。(笑った!)


スクリーンに一期EDの映像が流れます。


壁の上に日笠さん!!!


黒いレース地の衣装に髪飾り。
ひよっちさん「美しき残酷な世界」を熱唱です!

それからスクリーンにED2!


「Great escape」!!!

cinema staffさんも熱い!
特に上半身脱いだギターの辻さんですか、転げまわり、ギターを破壊しそうな
パフォーマンス!!!
盛り上がりました!



歌が終わって、キャストさん、澤野さんが一言ずつ挨拶。



澤野さんはこんなに大きい素晴らしいイベントに参加することができて嬉しかった!
とのこと。
「エレンちゃん、アルミンちゃん、ジャンちゃんに会えた」のも嬉しかったそうです。(^^)


コニ―@下野くん。
始まるまでずっと緊張していてどうしようと思ったけど、サシャとコニ―の会話で
皆が笑ってくれてほっとした、と言っておりました♪
コニ―らしく演じられた!


サシャ@小林さん。

手にふかしたジャガイモ!!!

「イモ女!!!」

わはは!しかも、剥いた皮を下野くんと梶くんに渡す!!!(爆笑)
弾けて「パーン!」わはは!


ジャン@きーやん。

「谷山 紀章ジャン!!!」

言えたーーー!!!と喜びのきーやん!
皆さん、こういうギャグが言えるステージなのか心配してたらしいです。(^^)
「進撃の巨人」の世界観がきっちり作られた素晴らしいステージは
皆が創り上げたステージ。
ぜひ二期をやりたい!と言ってくれたきーやんでした♪


アルミン@麻里奈さん。


アルミンとナレーションを担当して緊張していた麻里奈さん。
言いたかった一言!


「井上マリーナが横浜アリーナに来たーーー!!!」

可愛い!!!
役を全うできて幸せ、アニメでの仕事は終わってしまったけど
作品は続いているのでまたこういう幸せを々キャスト、スタッフで
味わいたい、二期に期待している、という井上さんでした。


ミカサ@石川さん。


まさに「体感」させてもらったと感慨深げな石川さん。
音のパワー、歌声、歓声にぐっと来た、とも。
「進撃の巨人」は残酷な世界だけど、その中にある家族愛、
仲間との絆を描いた熱い作品。


苦しいこともあったけど皆の応援があって最後まで頑張る事が出来た。
二期に期待しつつ、幸せだったという感想の石川さんでした。



エレン@梶くん。


楽屋でモニターで眺めながら生演奏を客席で体感したかった!という梶君。
お客さんの入りがほとんど満員なのを見て緊張したけど始まって、一つ、
さらに一つ、と進んでいったらもう最後のシーンに。

朗読劇の面白さ、澤野さんの素晴らしい音楽を体感できる素晴らしいステージに
なった。
アニメの打ち上げでも皆が熱い気持ちで繋がっているのを再確認できた、
ぜひ、続きをやりたい、とほっとしつつ、熱く語ってくれた梶君でした。


最後は皆で心臓を捧げて終わる事に!!!

梶くん「立ちましょうか。」

皆さん、起立!!!

「心臓を捧げよ!!!」

「心臓を捧げよ!!!」


拍手!!!で終了したイベントでした。
手を振りながら、特に最後まで手を振ってくれた下野くんの笑顔が
印象的でした!



*************************************



ということでまさにReading&Live なステージでした!


「進撃の巨人」というシリアスな作品と、澤野さんの音楽を中心に据えた企画の
ステージだったので、作品を振り返って楽しむ、というよりも朗読劇を含めた
一つのエンターテイメントなステージがそこで創り上げられたという印象でした。


私の個人的な考えですが、もしかしたらアフレコ・スタイルのほうがもっと
盛り上がったのでは、とかBGMとスクリーンに流れるアニメ場面は
合わせてくれたほうが良かったのでは(時折、ランダムに流れていたので)、と
ステージ構成ではもっと考える余地はあったのではないかと思います。



声優さんの力量はモノローグや朗読でがっちり伝わってくるものがあるので、
キャストさんも大いに緊張されたのではないでしょうか。
そこは皆さん、素晴らしい朗読を聞かせていただきました!


ただ、それの連続だと起伏に乏しくなってしまうので退屈に感じてないかな、と
危惧したところで

サシャとコニ―の会話に癒されました!!!


最後に皆が集合するのですが、もう少し早く集まっても良かったかも
しれませんね。


澤野さんの音楽はCDで聞くよりも断然、迫力があって胸に、お腹にズンズン
響いてきました!
挨拶の時の、はにかんだ笑顔が印象的でした。
The Reluctant Heroesは無かったー!兵長ーーー!!!(^^ゞ)



主題歌のRevoさんの飛び入り参戦は最高で!
「自由の翼」も本当は聞きたかったですけどね。(^^)
EDのお二方の参戦も嬉しかったです。



乙女ゲーなネタになってしまいますが、ヴァイオリンに参加されていた室谷さんは
「金色のコルダ」できーやんが演じていた月森くんのヴァイオリン・パートの担当
奏者さんだったので、ここで共演!を見ることができて感動でした♪



帰る間際にグッズ列に突入して、クリアファイルセットだけ購入しました。
私は市営地下鉄を利用したので聞くことができませんでしたが、JRには
愉快な駅員さんが登場したようですね!

イベント終了後のJR駅員さんに関するつぶやきまとめはこちら♪


アニメは終了しましたが、まだイベントは続きます。

サンシャイン60展望台資料館のサイトはこちら♪

ぜひ、見に行きたいと思います!
イベント直前まで同行くださったネッ友の皆様、ありがとうございました♪










スポンサーサイト

category: イベント

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1399-6097787e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「進撃の巨人」Reading&LiveEvent「Attack音体感」...

「進撃の巨人」Reading&LiveEvent「Attack音体感」日付:2013年10月12日(土)会場:横浜アリーナ出演:梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、谷山紀章、小林ゆう、下野紘音楽:澤野弘之新横浜でネッ...

SOLILOQUY | 2013/10/22 00:28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。