おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リトルバスターズ!~Refrain~ #7「5月13日」感想  

恭介が帰ってきたあの日から。
僕達の全てが変わってしまっていたんだ。


「5月13日」

あらすじは公式からです。

鈴はいつからか、変わってしまった。
人を怖がるようになった鈴は、もう理樹や子どもたちにしか笑顔を向けなく
なってしまった。
恭介もまた、変わってしまった。
真っ暗な部屋に閉じこもり、授業にも出ていないようだ。
いつも恭介の手に引かれて、笑い合っていた幼い頃のリトルバスターズ。
あの頃にはもう戻れないのだろうか。
「もし、あの日をとり戻すために、僕にできることがあるなら……なんだろう?」と
理樹は考える。



***************************************



謙吾@織田さん、良い声!!!

って、まずそこー!?(^^ゞ)
織田さんと言えば私には「テニプリ」のサエさんなんだよなあ。
サエさん、ムダに二枚目、とか言われたりしてるイケメン♪



そっか!バレンタイン・キッスも歌ってたんだよね!!!
一度、聞いてみたいものです。(^^)


と、織田さん萌えはこれくらいにして本編はまた暗い闇の中に入って
いった気がしました。
いや、最後に光を見出した感じ?


「恭介が帰ってきたぞ!」

夜、校内に響く声。
飛び出していく真人。


けれど、食堂で真人は謙吾とマジな喧嘩モードに突入ですよね。
駆けつけた理樹は止めるためにあの、「ギャラリーが得物を投げる!」を提案するけど
「何でお前が仕切る?」で却下!
恭介を呼びに走るわけですが・・・


同じ5月13日なんだけど、鈴と引き離されてまた違うステージに
ループした、と考えていいのかしら?
いるべき恭介はなんと引きこもり、鈴も理樹にしか笑顔を見せない、
会話もできない状態に陥ってしまってます。


恭介は完全にひきこもり・・・いつも華麗な響きを感じさせてくれる
グリリバ・ヴォイスが今回ばかりは辛いです。(;;)
彼が鈴の手を引いて、自分のところに来て、自分を引き上げてくれた。
理樹にはなかなかギャップが埋められないけど、恭介は動きそうにない。
自分でやるしかない、と動き始めるわけですね。



謙吾には皆で楽しめる何かを見つけて欲しいと頼まれる。
あれこれ悩んでいるとヒントのように野球のボールが転がってくる。
恭介が始めたように。
活動停止中の野球部の部室とグローブ、バットを取り出して
鈴にキャッチボールを勧める理樹。



ここで鈴が乗り気になって明るさが少し戻ってくるんですよね。

「昔、理樹と野球をした。」


うーん・・・恭介がいない、恭介の代わりを理樹がする。
鈴と理樹で強くなる。
これが今回のステージの狙いなのかな?



驚いたのは野球を始めた理樹に謙吾が嫌悪感を露にしたこと。

謙吾は恭介になにかトラウマがある?

この間も勝負の時、古式さんが姿を現したのをあたかも恭介が仕組んだかの
ように掴みかかっていってましたよね。


「野球なら降りる」
謙吾の冷たい態度に驚く理樹。
何か隠し事があるはず。
それは真人も知っていること。


「世界の秘密」はこの世界には無い。
それが知りたい。
真人はそこまで来たなら・・・と言うけど何も教えてくれない。


「鍵」は理樹が鈴に対して「愛情」を持って守っていくことなのかな?
恭介と同じ道、ではいけないことなのかな?
恭介がいないリトルバスターズ、理樹にしか懐いていなかった鈴。


知るために二人で進んで行こう。
屋上に小毬さんはいなかった。
他の女の子たちも今はいない。
じゃあ、謙吾と真人の役割は?
次回がまた楽しみになりました。





商品解説・・・「恭介を抱きしめることこそ、キミに与えられたミッションだ!」

そ、そうなの!?(^^ゞ)




スポンサーサイト

category: ゲーム系

tb: 5   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1439-328f4ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトルバスターズ!〜Refrain〜 第7話「5月13日」

第7話「5月13日」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2013/11/19 19:15

リトルバスターズ! ~Refrain~ 第7話 「5月13日」 感想

リスタート―

wendyの旅路 | 2013/11/19 20:55

リトルバスターズ!~Refrain~第7話

感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/11/18/041435 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...

二次元世界を追い駆ける日々 | 2013/11/21 23:29

リトバス Rf 第7話「5月13日」

 今週のまとめ:  「リフレイン」のスタートとしては、  もーカンペキじゃないっすかね?!  コンパクトな構成に落とし込むことを基本にしつつ、初見の方でも分かるような絶妙なコントロールの良さは、一期の頃から感じていたことではありますが……ホント上手いな!!それでいて、ツボを外さないと言いますか、ゲームのファンに対しても「おお…」って思っちゃうような殺しポイントが...

Old Dancer's BLOG | 2013/11/22 00:08

リトルバスターズ!~Refrain~ 第7話「5月13日」

逃亡先を見つかってしまった理樹と鈴。彼と彼女の繋がりを引き裂くようなイメージシーンで 「生きることは、失うことだったんだ」 と呟いて意識が途切れたところまでがアバン。そしてAパート、真夜中に 「恭介が帰って来たぞー!」 と響きわたった叫び声で理樹は目が覚め、同部屋の真人は勢いよく部屋を出て食堂に向かい謙吾とケンカを始めて・・・でもすでにここから先が1期とは全く違う流れ。帰ってきたはずの恭介が...

ボヘミアンな京都住まい | 2013/11/23 15:16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。