おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒子のバスケ #35「信頼だ」感想  

必ずWCの切符を持って帰る。
だから・・・!



「信頼だ」


あらすじは公式からです。

木吉の身体を張った奮闘により、誠凛は第2クォーターをリードで折り返す。
木吉を愚弄し、バスケに不誠実な態度をみせる花宮に対して、黒子は静かに
怒りの炎を燃やす。
第3クォーターに入ると、霧崎第一は満を持して瀬戸を投入、花宮と瀬戸の
連携による「クモの巣」で伊月のパスを100%スティールし、逆転。
入れ込みすぎている日向のシュートも1本も決まらず、誠凛は窮地に立たされる。
そして迎えた第4クォーター、クモの巣を破るために、黒子がチームプレイをやめる!?



**************************************



いやー、今回、本編もですが週替わりED,EDカードと盛り上がりましたねえ!
腐った発言多め、ご容赦です!


まず週替わりEDで来たのが

チャリア@吉祥寺!!!


関東リアルタイムで見ていたらつぶやきが「吉祥寺」だらけにーーー!!!(爆笑)
私、学生の時に二回くらいしか行ったことが無いので分からなかったのですが、
皆さまのおかげで

チャリアがどこでデートしていたのか!

ささっと知る事ができました!!!
画像サイト様もありがとう!→こちら♪
吉祥寺がチャリアの聖地ってwwwぶふぉおお!!!(興奮しているんです!!!)


それにしても公式もあれこれネタを投下してくれるので妄想のし甲斐が
あります!


カレンダー20142

笠松先輩のマフラーはバー〇リーとか、真ちゃんが使っていたペンケースも
そのうち突き止められたりして!?〇ルメスとかwww



真ちゃん筆箱2



真ちゃん、
テツヤ1号だけじゃなく2号とも相性が悪い!!!(爆笑)

25巻同梱DVDアニメツアーの中で屋上でお弁当を食べていた時の
ラッキーアイテムですかね。サイズがこっちのほうが小さいかもですがwww
積み木仕様の汽車を2号に破壊されて動揺しまくりです!!!



そしてネッ友様と盛り上がってしまったのが

真ちゃんの服装・・・この人に見える!!!





この左側の人ですよ!高野さーん!!!


アニメのキャラクターデザインが同じ菊地洋子さんということもあって、以前真ちゃんが
シュートしたカットが高野さんに良く似ている場面もありました♪
(某動画サイト様では世界一緑間とかコメントされてる。(爆笑))
真ちゃん=高野さん妄想を始めたら止まらなくなってしまったー!!!(^^ゞ)


さらにネッ友様の





高尾ちゃんが

井坂さん@純情ミステイクに見える!!!発言!!!



真ちゃんは卒業して医者にはならずに丸川書店に就職する→営業に向いている
高尾くんも一緒に就職する→もれなく少女漫画担当になる・・・


漫画家さんから描きにくいカットの実演を頼まれ・・・
ゴロゴロ!!!


以下ry・・・すみません!すみません!!!
(セカコイ、純ロマ見ていない人にはすみません!!!)


EDカードはスタイリッシュ・霧崎!!!


花宮の作画が毎回、良いのでスタッフ様の愛を感じていましたが、
ここにも愛です!



さて、本編の萌えポイントでも♪(遅!)


☆花宮と青峰の遭遇


「アンタか。」

「相変わらず躾がなってねーな!」

ってことでキセキのエースと悪童、男子トイレでの遭遇です!
青峰くんが用を足す音は花宮が洗面の水を出したのでかき消され・・・。(いやん)


適当に観戦していたはずの青峰っち、黒子が花宮に詰め寄ったところは
がっつり見ていたんですね。


元・相棒は口数が多くないので相当、怒っていることを感じたんでしょう。
黒子が本気で怒ればそれなりの代償を払わなければいけなくなることも知っている
わけで。
秀徳戦、「奴が手ぶらで戻ってくるはずがない」と真ちゃんが警戒していた
ように、中学時代”逆襲の黒子っち”を青峰くんも何度も体感したのかもね。
それがバスケだろうとなかろうと。(笑)


☆花宮と霧崎第一



監督がいなくて花宮が主将兼監督。
あのラフなやり方に皆が納得してる、ってことですよねー。


ラフプレーなど問題外ですが、あえて理由を考えてみると皆、頭の回転が
良すぎて先が見えてしまうのでは・・・。(^^ゞ)
リアルでWCのナビ的番組をやっていますが、各校にパパのような留学生が
いると全く歯が立たない。
きーちゃんが言っていたように「サイズのスポーツ」なんだよね。
おまけに”キセキ”。



そういう”ギフト”を持つ奴らに勝つためには・・・
聡い花宮がたどり着いた歪んだ結論は、そうしたギフトを持つ奴らへの逆襲
ですよ。
木吉にだってある。
努力しても導き出される結果が虚しいだけなら、ただでは帰さない。


今吉さんと先輩後輩の仲。
二人が似たようなタイプの選手でありながら、違う道をたどったのは
テクニックとかではなくて、選手としての器の違いかな。
あの”我が儘キセキ”を預かるには余程の人格者でなくちゃね。(笑)
実際、相棒組・学校は皆、できたお人がいるバスケ部ばかりです♪


霧崎の隠し玉はIQ160を持つ瀬戸!!!





これ、ウチに色違いのがあって爆笑しましたよ!!!
これも証拠OKです♪(^^)



☆誠凛の覚悟


黒子の本気の怒り、そしてプレーに。
「チームプレーを止めた」後の黒子のパスが通る!
この辺りの作画は素晴らしかったですねえ!


花宮たちのラフプレーの真意は相手を「単調な攻めにすること」で、
スティールの精度をあげることだったんですねえ。
瀬戸込みで。
伊月があんなに怒っているのも初めて見ました。



黒子のプレーで勢いを取り戻す誠凛だけど木吉のダメージは大きい。
日向の3Pは今日の試合では調子が悪い。
交代はどうかと思ったけどリコちゃんの涙にはぐっと来ましたね。


「ここで恨まれたほうがマシよ!!!」


周りが男子ばかりなら行け行けだったかもしれないけど、女の子は
待つとか見守るとかが多いから、だから失った結果を恐れるんだよね。
(時には背中を押してあげることもあるけど。)
残されるのはリコもだけど、黒子や火神、一年生がいるんだから。



「信頼だ。」


青峰が言った言葉は黒子が誠凛の皆にパスする時、託した気持ち。


青峰自身は失ってしまったものだけれどかつての相棒のパスを
受けた時、何度もこういうことがあったんでしょう。
だからって青峰が感傷的になったりはしないだろうけど。
桃井ちゃんの表情にそれは表れてましたね。



木吉が誠凛の皆を”信頼”できるのか。
そこを試されるのもこれから。


「大人しく待ってろ!!!」


日向くん!旦那(笑)の分まで働こうと気負ってしまっていたけど、
最後は頑張ろうね!!!
木吉は信じて待ってくれているんだから!
周りに他校主将もいっぱいいるから見せつけろ!(^^)





スポンサーサイト

category: 黒子・ハイキュー!!ジャンプ系

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1461-bea1f876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ #35

霧崎第一が、ラフプレーだけのチームではないことがわかるお話でした。大ダメージを受けたかと思った木吉でしたが、なんとか大丈夫でした。そして誠凛のリードで、試合の折

日々の記録 | 2013/12/12 16:42

黒子のバスケ 第35話「信頼だ」感想

あなたから よもやそのような台詞が聞けようとは・・・青峰っちが つぶやいた言葉「信頼」キセキの世代と呼ばれて彼らとともにバスケをしていたときには 彼自身、そんなものは 意識してなかったんじゃないでしょうかね。でも みんなバラバラになり、それぞれの高校に進学し、新しいチームでバスケを続けるうち 黒子と一緒にバスケをしていた中学時代を思うと そこには「信頼」があったことに気付いた ってこと...

薔薇色のつぶやき  別館 | 2013/12/13 00:29

黒子のバスケ#35【信頼だ】やっぱり黒子はカッコ良い♪

黒子がカッコ良かったー。 うーん、やっぱり黒子の活躍見るの 一番ワクワクするなぁ。 このところ、日向が男前だったり、 木吉が男前だったり、 それ以外でも 結構良いオトコよりどりみどり状態な 黒バスですけども、 カッコ良さは、 それぞれ違うじゃないですか。 そんな中で、 黒子のカッコ良さが、 どうやら私的にはツボのようです。 見ためは子供だし (実際皆高校生...

橘の部屋2 | 2013/12/13 23:18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。