おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

金色のコルダ Blue♪Sky #5「英雄たちのアイーダ」感想   

五人の力を合わせて僕たちにできる最高の音楽を。
杜の都の音が響く!



「英雄たちのアイーダ」

あらすじは公式からです。

いよいよ始まった全国学生音楽コンクール。
サードステージで対戦することになったのは、何と至誠館高校だった。
菩提樹寮で楽しい時間を過ごしてきた至誠館高校のメンバーと戦うことに、
セカンドヴァイオリンに選ばれたかなでは苦悩する。
一方、至誠館高校はこのコンクールにすべてをささげる覚悟でステージに立つ。
負けられない戦いに、至誠館高校渾身の演奏が響き渡る。



**************************************



至誠館の皆、頑張ってるーーー!!!(涙)


ヤンキーな皆が集まって何かをやり遂げる・・というのは少年漫画には
良くある展開ですが、一見バラバラな至誠館の5人がちゃんとお互いを認め合って
信じてここまで来た!というのが感動です!!!


普通に考えると良識派の雪さんと火積は反発する関係になりそうですよね。
でも、雪さんの熱さは誰にも負けなかったし、周りに何かを言われても決して
折れなかった。
孤独の淵に立っていた火積を手放さない意志の強さ。
この人に付いて行こう。
優勝という二文字で吹奏楽部を復活させること。
それが火積が雪さんの想いに応えるためにできること。
頑張って!と思わず応援したくなる展開になりました。



☆火積とミネラルウォーター



ゲーム「金色のコルダ3」は一応、全員攻略しました♪
(エピソード、スチルの抜けはありますが。)


火積に何度ミネラルウォーターを渡したことか!!!(笑)


アニメは暑さに負けたかなでちゃんが介抱してもらうシチュが来ました。
ゲームの感想になってしまいますが強面の火積くん、私は一番、普通なリアクションを
してくれる、と感じました。
普通の男の子・・・って他が何かを盛り過ぎる!?(爆笑)


2ndヴァイオリンに指名されたかなでちゃんと微妙にすれ違っていく
響也の気持ち。




☆すれ違う兄弟


萌える如月兄弟!!!


うちは兄弟に負けないすれ違いを起こしてます!
(命までは懸けてないけどさ。)
サスケ化している響也。(^^ゞ)

律の言いなりになってこんなところまで来て、かなでちゃんは
言われるままにヴァイオリンに必死になっている。
かなでちゃんが自分の意志で、というよりもやらされている感が
響也には強いんだね。
もちろん、それは自分も。


「お前はここで終わるのか?」
「ここで止めちゃいけない気がする」
かなでちゃんが自分から殻を脱ぎ始めている事に気付かない響也。
誰か教えてあげてえーーー!!!



☆新がいると華やか♪



新くん、ハデス伯父さん@神あそにもその幸運を分けてあげてください。(^^ゞ)


プールの無料券が当たったー!


水着回、来た!
と思ったら雪さん、火積、律、大地先輩はいないじゃないですかあああ!!!


がっつり水泳スタイルのハルちゃん、某水泳アニメのバタフライだけの人を
思い出します。(^^)


一緒に生活する仲間と戦うことになってとまどいを隠せないかなでちゃんの
表情に気付いた新の気配りはさすが。
素直な新のリアクションはきゅんきゅん来ますね!




☆5人だけの吹奏楽部


帰り際、至誠館高校の皆が話していたことを耳にしてしまったかなでちゃん。


廃部の危機!!!


5人だけになってしまった理由・・・
火積が暴力事件を起こして、他のメンバーは新設されたブラスバンド部に移って
しまったんですね。


長嶺さん、出たーーー!!!


けど、暴力事件の真相は伊織が絡まれたのを火積が額に大怪我を
負ってまで庇った・・・というのが本当。
ただ相手を負傷させてしまったのがまずかった。
学校から火積を退部させろ、と言う要求をきっぱりと断った雪さん。
コンクールの出場権を失ってまでも火積を守り通した強い気持ちには
涙が出ます・・・。
そして、決して見放さなかった狩野先輩も、新も。



仲間を切り捨てて奏でる音楽が良い物のはずがない。


肩を組んで結束する五人!!!



全国の舞台で良い演奏をしよう!
たった五人の吹奏楽部で優勝を!




☆至誠館の音



セミファイナルに進んだ天音と神南。
七海くんがチェロの正式メンバーに選ばれて氷渡さんはイライラ!!!
七海くんもかなでちゃんに余所余所しい態度に。
逆に普段通りの新。(^^ゞ)



音楽でつながる仲間が敵同士になる。
かなでちゃんの悩みはますます深くなり!?



至誠館の演奏が始まる。


アイーダ!


ヴェルディの歌劇「アイーダ」凱旋行進曲ですね!
盛り上がりますー!!!


リングが反応してかなでちゃんの目には仙台の杜で演奏する至誠館の皆が!
渾身の演奏に場内は拍手喝采!!!


廃部になるかもしれない事情を知っているかなでちゃんの困惑。
どんな理由があろうと負けられない星奏学院。
こちらにも律の熱い思いと怪我を押しての出場と思いの強さは負けない。
圧倒され気味のかなでちゃんを心配するハル。
勝負の行方はどうなるのでしょうか!?










スポンサーサイト

category: 乙女ゲーム系

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1610-f7fab22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金色のコルダ Blue♪Sky #5「英雄たちのアイーダ」

「俺はまだ諦めていませんよ、吹奏楽部のこと。  やっちゃいましょう全国制覇、たった五人の吹奏楽部で!」 そう!ハイパーラッキーマン新がいるんだもの!! 廃部回避をかけて大会に挑む至誠館がんばれ。

マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2014/05/11 00:01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。