おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

金色のコルダ Blue♪Sky #9「咆哮のタランテラ」感想   

錯綜する憎悪!
俺はお前を絶対に許さない!!!




「咆哮のタランテラ」

あらすじは公式からです。

セミファイナルで神南高校に勝利した星奏学院。
もう1つのセミファイナルのステージでは、冥加を取り巻く因縁が
予期せぬ方向へ進む。
天音学園と対戦する、九州の名門サンセシル女学院の円城寺冴香は、
かつて弟の阿蘭が冥加との対戦によってヴァイオリンを弾けなく
なってしまった復讐のため、捨て身の選曲で挑みかかる。
セミファイナル終了後、天宮は自らに足りない音楽を求め再び
かなでをデートに誘う。



************************************



昨日、横須賀で開催された至誠館イベントは盛況のうちに終わったようです。
良かった、良かった!


さて、アニメはセミファイナルに突入して、華やかな女帝様と可憐な冥王の妹が
絡むエピソードに突入しました。
天音のアンサンブルの裏側も少し見えてきましたね。



☆正チェリストの座



ただの雑音


ちょー!!!部長、予選で一度は選んだ氷渡さんなのにその言い方は厳しいーーー!!!
氷渡さんの瞳に薄暗いものが浮かんでいます!
宗助くんは完全にビビり・モード!



☆復讐の女帝!


サンセシルの女帝・円城寺冴香様、普段からあのようなピンヒール靴なのでしょうか?(^^ゞ)
弟・阿蘭@千葉さん(笑)は冥加のヴァイオリンを聞いて恐怖のどん底に叩き落とされ、
ヴァイオリンを弾くことができなくなってしまった!!!
(響也はグーパンチでも助かった、と言えるのかも!?笑)


部長の周りにはかなで、枝織、女王様とにぎやか。
静くんは興味深々?



☆ソルヴェイグの歌


組曲ですけど単体で聞いても良い曲ですよね。
冥加にとっては幼い頃のトラウマになる曲!!!
(冴香様、リサーチ力すばらし・・・!)


冥加の両親は幼い兄妹を置いて自動車事故で亡くなってしまったのですね。
車内に流れていた「ソルヴェイグの歌」。
トラウマを掘り起こされた冥加は控室に駆け込み、膝をついてしまう・・・!


「私の兄は冥加玲士です。」


枝織ちゃんは心配して声をかけてきたかなでに兄の様子を見に行って欲しいと!
それ、彼の地雷だからーーー!!!
代わりに行くとか言っちゃって大丈夫!?



☆冥王のヴァイオリン



「さ、消滅の時だ、魔王!!!」

「ぐああああ!」


とか


冥加の魂を吸い取るヴァイオリン


のシーンは思わずNARUTOの一場面かと思ってしまいました。(^^ゞ)


「小日向・・・かなで・・・!」


肩に手!!!でドキドキなシーンだけど冥加さんは御立腹ですね。
全く覚えの無いかなでちゃん。
無自覚の罪・・・は冥加さんには痛いですね。
ちゃんと話せばいいと思うのですが。(苦笑)



本気のヴァイオリンにとまどう静くん、宗助くん。
けれど圧巻のヴァイオリンでファイナルに進出することを決めた天音学園!
ジューコフさんの計画通り!
でも、彼には静くんのヴァイオリンが相変わらず納得できない。




☆もう一度、実験



敵だから声を掛けないほうが・・・前にハルくんは納得していましたが、
宗助くんの様子に声をかけずにはいられなかったようで。
納得できていない・・・一体何が!?



冥加が関心を寄せるかなでちゃんに静くんも興味津々ですね。
実験のためとはいえ。



「恋が感じられない」
「花が無い」


似たような悩むを持つ二人。
天音学園にかなでちゃんを連れてくる静くん。



理事長の夢の世界のために作られた青い薔薇を見て会話をかわす
かなでちゃんと静くん。
この温室を出れば枯れてしまう青い薔薇なんて生物としては異種、と
言う静くんに、生きている間に広い空を様々な風景を見せてあげようと
言うかなで。


「大切にします。」



こういう違う意見で惹きつける・・・のも乙女ゲーでは王道です!!!



かなでちゃんが帰った後、御影お姐さんがチェック!
静くんも冥加部長がご執心だからって気にすることは無いと
強気な姿勢ですね♪
別に結果が得られれば・・・言葉ではあくまでもかなでちゃんを
実験対象と見ている静クン。
「難儀な子ね。」
実験の結果が楽しみですわ!



☆ファイナル・ステージ



VS天音の1stはかなでに決定!
響也くん、ちょっと拍子抜けかも。(笑)


闘志と敵意を燃やす冥加。
ピアノに変化が見られた静くん。
ジューコフは幼い頃のかなでちゃんを知っていましたね。
あの時のコンクールはかなでと冥加の運命の分かれ道。
優勝したのはかなで・・・そして冥加には何があったのでしょうか!?



ということでついに、ファイナル・ステージ目前!
前回、大きな大輪のコスモスを皆で咲かせたもののまだ「地味子」と言われてしまった
かなでちゃん、次は1stヴァイオリンで冥加と真っ向勝負です!
何か思うところがある律くん、天音の正チェリストを巡るもめ事、静くんの課題とか
まだまだ目が離せませんね。


EDが天音ヴァージョンになりました♪








スポンサーサイト

category: 乙女ゲーム系

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1633-8ff66a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。