おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

幕末Rock #4「風呂屋雷舞!裸でパッションぜよ!」感想   

この思いをROCKでぶつければいいのか!!!
桂の迷いとは一体!?



「風呂屋雷舞!裸でパッションぜよ!」

あらすじは公式からです。

日々、Rockの弾圧が厳しくなり、ついに雷舞小屋(ライブハウス)で歌う事すら
出来なくなった。
途方に暮れた龍馬たちは、気分転換に行った銭湯を会場にした雷舞(ライブ)「風呂Rock」を
思いつく!
雷舞(ライブ)に向けて盛り上がる龍馬と高杉だったが、そんな二人とは対照的に、桂は音楽に
ノってこない。
心配する龍馬と高杉をよそに何も話そうとしない桂。
3人の演奏がうまくかみ合わないまま本番だけが迫ってくる。
そんな中、さらに「風呂Rock」の話を耳にした新選組が取締りを強化してきて、
雷舞(ライブ)開催まで危ぶまれる事態に!!
無事に雷舞(ライブ)は開催されるのか!?
そして桂は再びRockを演奏することが出来るのか!



**************************************


桂さんの迷いとはナニの事だったのか!!!(違!!!)


今回もムダにくだらなくって!?笑えました!
会話のテンポが良いので、ROCKノリノリ!のスピード感が心地よいです♪


新選組も隊士たちがパラパラ出始めました。
槍使い・・・


左之助@羽多野くん!!!


藤堂がとっしーなので新選組キャラソンも出てくれたらいいですね!
(投資できるかわからないけど!?)


皆、実はRockが聞きたいんだけど幕府の取り締まりが厳しくて
言い出せない。
龍馬たちは雷舞ができなくなったので気分転換に風呂屋へGO!
でも、このあたりから桂の様子がおかしくなって・・・。



龍馬のボケな発言と行動につっこむシンディ、お疲れ様!なんだけど
意外と見えていたのは龍馬のほう?
桂とは長い付き合いなのにシンディは一緒に風呂に入ったことも無いんですね。
一人、もじゃもじゃ松陰先生の絵の前で悩む桂・・・。


新選組、沖田と土方さんも風呂屋に来ていた。
ムダに色気と殺気を垂れ流す沖田くん・・・ふふふ♪
CM背景も最初と終わりとも沖田くん♪


風呂屋雷舞を思いついてから実行に移すまで・・・弥太郎の行動力が
すごい!
杉山くん、ノリノリヴォイスで楽しそうだなあ!

グッズが売れ残っていたのも風呂屋とのタイアップでうまく売りさばけそうに
なったのに、新選組がまたまた突入して没収されてしまったー!!!
お登勢さんの反撃!!!
その美貌=破壊力(ぷッ!)に原田たちも撤収!



こんな事で挫けてはいけない!
諦めきれない龍馬に桂は雷舞を中止したほうがいいと言う。
何より自分自身が乗り気になっていないから・・・。
シンディも思いつかない桂の悩み・・・コンプレックスのようなもの、と
桂は言う。


なら、そのコンプレックスをRockにして歌えばいい!!!
身も心も解き放つんじゃーーー!!!
って事で桂さんもやっと乗り気に!!!


男だらけの風呂Rock!!!
会場の葡萄酒風呂で待ち構えていたのは沖田と土方!!!
藤堂が気にしているRockをもう一度、この目で確かめる。


腰布を取った桂・・・OK!!!


わはは!!!問題はソコなの!?(^^)


雷舞は大成功!
酒を酌み交わす龍馬たち。
桂の悩みもどこかへ行ってしまった・・・!?


けど、実は何だったんだーーー!!!(笑)
腰布一枚、タオルを振り回す男だらけのRock!!!
実際にあったら熱気ムンムン、圧倒されそうーーー!!!


いつも一直線に突っ走る龍馬のブレーキ役なシンディだけど、すっかりペースに
巻き込まれて笑える絵が増えてきた!!!
照れる顔が可愛いぜよ♪




何かもう色々脱ぎまくり!!!(^^)



スポンサーサイト

category: 乙女ゲーム系

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1687-d3e446f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幕末Rock 第4話「風呂屋雷舞(バッスライブ)!裸でパッションぜよ!」

第4話「風呂屋雷舞(バッスライブ)!裸でパッションぜよ!」 初回から肌色全開なので、特にテコ入れにならないお風呂回w ライブがしたい龍馬たちだが、幕府による取締りが厳しくなり、どこの雷舞小屋(ライブハウス)もロックと聞いただけで門前払い。 ストリート雷舞でサムライセンサー反応!サムライ限定で感知するってどんな技術だよwww

いま、お茶いれますね | 2014/07/25 20:41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。