おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒執事Book of Circus #4「その執事、同僚」感想  

こんな生活はもう耐えられない!
シエルに試練が!?



「その執事、同僚」

あらすじは公式からです。

潜入したサーカス団で、新人として紹介されたのは死神・ウィリアムだった。
まさかの邂逅の驚きが冷めやらぬままに、セバスチャンとウィリアムは宿泊テントまで
同室になってしまう。
険悪な雰囲気のまま対峙する二人。
そして夜が更けていく…。



*****************************************



前半はセバスチャンとウィルの漫才(^^)、後半は血みどろシーンにシエルの痛い
シチュ、と見ごたえがありました!


前半はとにかく

セバスチャンとウィルが同室になった!!!

ですね!
原作でも爆笑したところです!


二人きりで悪魔と死神、互いの領域を確認し合うセバスチャンとウィル。
本当は悪魔に触れられるのもウィルは我慢できないことですよねえ。(^^)
本当は空腹でたまらないくせに・・・赤い瞳に牙を見せるセバスが悪魔、悪魔
していて素敵♪
高枝鋏で威嚇するウィルの角度がかっこいい!


でも、今は首に縄が憑いている状態。
セバスチャンが望むのは高貴な魂。
それほどの価値があるのかどうか、ってウィルは興味無さそげですが
セバスにとってはこれ以上ない唯一無二の魂なのですね。



部屋割りが決まって、セバスチャンと離れてしまったシエル。
シエルはソバカスと、セバスチャンはウィルと同室!
ぴしっ!!!となる二人に爆笑です!


ソバカスに綺麗な英語を話すと言われたシエルはうまくごまかす。
同じ年頃の少年二人がこんなにも違う生活をしている事に切なさを感じますね。
ソバカスが大事にしているファントムハイヴ社製のキャンディはシエルにとって
ビジネスであり、本当のところは片手間の事かもしれない。
でも、それが目の前にいる少年に小さな幸福を与える。


シエルは自分がやっている「女王の番犬」とか復讐が人の幸福からもっとも
遠いところにある事柄だから、幸福を与えているのが自分なんて複雑な気持ち
なんでしょうね。
わずかな施しが大きな役目を果たしているなんて。


夜になってサーカス団が動き出す。
目を開けていたセバスチャンを下からチェックするウィル!!!

前髪下し、来たーーー!!!


なでつけているよりもちょっぴり若く見えます♪
団員の尾行の任務は負っていない、ともう一度ベッドに横になるセバスチャン。
退屈な夜・・・。



花売りの少女がサーカス団のジョーカーに声をかける。
このシーンは少女が幻覚を見ながら馬車に誘導される・・・という描写になって
いるのだけれど、幻覚がとても美しいですね。



追ってきた警官たちがクマのぬいぐるみに見える。
表現の仕方は違いますが、クマが殺られる=警官が攻撃されている、という
シーンはちょっと「まどマギ」を思い出して、ゾクゾクしてしまいました。
少女は連れ去られてしまう・・・。


団員を追いかけ、見届ける任務を負っていたのはノックスくん!
出番が楽しみDEATH☆



さて、シエルの困難な生活が始まります。
セバスチャンは早くもサーカスの花形候補になっているので下働きでも
命令できる立場になっているのですね。

「スマイル♪」


上から目線で坊ちゃんに指示を出すブラックは楽しそう♪


貴族の坊ちゃんがジャガイモの皮むきなどできるはずもない。
セバスチャンの妙案でフィッシュ&チップスにすることになりました。
食事、練習、全て後から追い掛ける始末のシエル。


やっとシャワーができる!と思ったら水!
止めようとしたシエルをソバカスがしつこく誘ったために、水で滑って
背中の刻印を見られてしまったー!!!


坊ちゃんの我慢も限界・・・。


「もう、沢山だ!!!」


セバスチャンにしてみれば「そんな事で」挫折するなんて、でしょうね。
でも、この魂はすぐには挫けない、腐らない。
セバスチャンの「坊ちゃんらしくない」で立ち直ります!
シエルを支えるのは「女王の番犬」であるプライド。
当然、当主としてのプライドも。


「御意」


プライドで立ち直り、不屈の魂を見せるシエルはセバスチャンにとって
この上ない魂を作る発展途上過程の御馳走なんですねえ。
嬉しそう♪


さて、少女がさらわれ、警官の多くが死んでしまいました。
怪しいサーカス団の心臓部にシエルたちはうまく入り込めるでしょうか?
来週も楽しみです。








スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1700-7703dbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。