おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

曇天に笑う #4「風魔、獄門に忍ぶ」感想  

オレは強くなる。
いつでも笑っていられるように。



「風魔、獄門に忍ぶ」

あらすじは公式からです。

罪人の変装をして獄門処へ潜入した空丸は、そこで怪しげな仮面の男と出会う。
男の全貌を見た途端、空丸は忘れていた過去の記憶を取り戻し、その男が自分の
両親を殺した人物だと気付く。
男へ襲い掛かる空丸だったが、逆に首を絞められ、気を失ってしまう。

一方で空丸を救出しようと琵琶湖の湖畔までやってきた金城白子は、そこで犲の
一員である武田と出会い、二人で獄門処へ乗り込むことに……。



**************************************



空丸のサスケ化が長期化しなくて良かったです。ほっ!(笑)


仮面の男は空丸になぜとどめを刺さないのか・・・と思ったら
「家族に手をあげたくない」と?
彼にはここで目的もあるんでしたよね?


空丸の脳裏によみがえる記憶。
両親を殺した狐面の男は今と同じように空丸の首を絞めている。
母親は殺すつもりは無かった。
薄れる意識の中で呼んだ兄の名。


天火は来てくれた!!!
でも、背中に深い傷を負ってしまったのですね。
狐面の男がそこで去ったのも何か意味がある?



「全部忘れちまえ。

な?お前は笑っててくれ・・・。」




それで、空丸の記憶はおぼろげになってしまった・・・。



武田さんは空丸にライバル意識を持っているんですねえ。
敬愛する隊長や先輩方に認めてもらおうと。
白子は彼に頼み込んで獄門処に渡る。


独房から出された空丸を見ていたのは看守の錦。
彼女も仮面の男に遺恨あり、な人物。
空丸から情報を引き出した錦は自分と同盟を組もう、と手を差し伸べる。
二人で復讐を果たそうと!?


「復讐は簡単なんだろうな・・・」


空丸の気持には変化が起きたよう。



その時、爆発音が響き渡る!!!
囚人の脱走に対処しつつ武田は白子さんの仕業ではないかと考える。



その通り、白子さん、見事な変化の技で空丸と接触!
偽装した顔が笑える!
脱出しようと言う白子さんに空丸は頼みごとがあると言って
独房に戻る!



憎しみはある。
けれど、自分を守り、ここまで育ててくれた兄がいる。
慕ってくれる弟がいる。
空丸は兄の大きな気持を受け入れることができたんですね。



憎しみは消えないけれど復讐に捉われる独りよがりな生き方はできない。


「復讐なんかで失ってたまるか!!!」



自分の名前を名乗ってその場を去る空丸。
狐面の男も記憶に刻んだ様子。



天火は両親の死の真相も、空丸の記憶のことも全部、分かってた。
心身共に傷ついているのは兄も同じなのに、それでも・・・。

「全部知ってて、育ててくれた・・・

なのにオレは・・・」




復讐に生きるのは虚しすぎる。
看守の錦を諭しに行く空丸がかっこいい!


「どんな時にも笑えるよう強くなりたい。

俺達はやり直せるんだ!!!」




これだね!
誰かを支えられるほど強くなりたい。



獄門処を出る空丸、白子、武田。
武田さんは空丸たちを犲に突きだすようなことはしないのかな。(^^ゞ)


気まぐれな兄貴だけど尊敬している。
素直に言えるようになった空丸を待っていたのは


褌OFF!な曇マークのお兄さん!!!



それだけ心配してた、ということで!


互いに頼って欲しいと思いながらすれ違っていた気持がここでやっと
つながりました。
心配してくれる家族がいることが一番、大切なんだね。
笑顔で家族を迎えられるように。




白子は大蛇のことを知ってる牡丹に釘差し。
今は兄弟水入らずの時ですね。
笑顔を守りたいのは白子も同じ。
彼もまた仮面の男=風魔を一人で滅ぼした男につながっている?
仮面の男に瀕死にされた白子を助けてくれたのが天火だったから。


久しぶりに三人で川の字になって眠ろうとする曇三兄弟。
笑って、ただいま、お帰りが言えるように。


白子の元に看守の錦が現れた。
素顔を晒す錦。
白子をこう呼んだ。


「十代目風魔小太郎さま!」


と。



ということで、全ての憎しみの元凶として存在するのが狐面の男、
風魔に連なる者、ということになってきましたねえ。
維新によって、戦う大義と存在意義を失ってしまった忍の一族。
白子、錦とその風貌から消える事の無い風魔の血はいつ安息の場を
得るのでしょうか?


狐面が獄門処にいる限り、三兄弟にも真の心の平安はやって来ないのかも
しれません。




*****************************************



横浜駅西口にある書店・有隣堂さんで原画展が開催されていました。


曇天2


原作は未読なので、美麗で肉感的な原稿にため息・・・。
アニメももう少し繊細さが出るといいなあと思いましたわ。


曇天1







スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1770-a158373b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

曇天に笑う 日テレ(10/24)#04

第4話 風魔、監獄に忍ぶ 公式サイトから罪人の変装をして獄門処へ潜入した空丸は、そこで怪しげな仮面の男と出会う。男の全貌を見た途端、空丸は忘れていた過去の記憶を取り戻し、その男が自分の 両親を殺した人物だと気付く。男へ襲い掛かる空丸だったが、逆に首を絞められ、気を失ってしまう。一方で空丸を救出しようと琵琶湖の湖畔までやってきた金城白子は、そこで犲の一員である武田と出会い、二人で獄門処へ乗り込...

ぬる~くまったりと | 2014/10/25 21:51

アニメ「曇天に笑う」 第4話 風魔、獄門に忍ぶ

曇天に笑う 3 (コミックアヴァルス)(2013/04/01)唐々煙商品詳細を見る あの約束、果たしてみせるから。 「曇天に笑う」第4話の感想です。 兄との。 (物語をなぞりつつ、感想など) 帰還。 ちょい危険な目にもあったけど、帰って来れてよかったよ。 白子さんのところに同じ一族がやってきたけど、錦どうすんのかな。

午後に嵐。 | 2014/10/27 19:46

アニメ「曇天に笑う」第4話あらすじ感想「風...

お前が、殺した------------!!記憶の断片。血だまりと、殺されそうになった恐怖がよみがえる空丸。だが狐面を被った男は首を絞めながらも「家族に手をあげたくない」などと言ったのだ...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2014/10/28 00:16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。