おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

蟲師 続章 #13 「残り紅(のこりべに)」感想   

逢魔時、影を踏まれると全てを失う。
この世の狭間の世界への入口。




「残り紅(のこりべに)」

昼でも夜でもない、不確かな刻──夕暮れ。
地に長く延びたふたつの人影が重なる時、永く眠っていた闇が目を醒ます。



******************************************



ゲスト・キャラはベテランのお二人ですねえ。(敬称略)

みかげ:鈴木れい子
陽吉:西村知道


銀魂で言うと八郎(狂四郎さん)のお母ちゃんと全蔵の父ちゃん役のお二人。(^^ゞ)



いやー、泣けた・・・けれど

怖かったーーー!!!


逢魔時(おうまがとき)、あの世とこの世の狭間の時間。
化け物や幽霊に出会うという黄昏時ですね。(ドキドキ)


ギンコが山中で見つけた老婆・みかげ。
つれ合いの夫・陽吉はみかげが最近、こうして外に出かけていくのだと言う。


「帰らなくちゃ」


どこへ?
陽吉によると、みかげは記憶を失くしたまま突然、現れたのだと言う。
幼い頃、親しかった少女・アカネは陽吉と別れた後、夕闇の中、姿を消した。
彼女の側には近づく影があった。



入れ替わるように現れたみかげは、そのままアカネの父に引き取られた。
アカネの身代わりのようで不満もあったが、成長し村にも馴染み、陽吉の妻になった。



子供も育て上げ、陽吉とみかげは安穏とした余生を送るはずだった。
しかし・・・


陽吉の話を聞いたギンコは”逢魔時”の話をする。
影を踏まれた者と踏んだ影の人物が入れ替わってしまうのだと。
記憶を失って入れ替わるから、どこから来たのかもわからない。



アカネはどこへ行ってしまったのか。
ギンコが分からない、と答えると「そうか」とただうなづく陽吉。
その話をみかげは聞いていて・・・。



膝の痛みを治してくれたギンコに村の仲間たちの足を治して欲しいと、
もう一夜の宿を申し出る陽吉。
夕飯にふるまう魚を取りに出かけた陽吉だが、戻って見るとみかげの
姿が無い。
慌てて、ギンコに伝える陽吉。
提灯を持って出かけているので、家を出てしまったのだと陽吉は言う。
近くの森まで足を延ばすギンコ。



二人が夕闇の中、見つけた灯り・・・みかげだった。
大粒の涙を流して陽吉に詫びるみかげ。



思い出したのは帰るべき故郷の事ではない。

自分が影を踏んで、アカネと入れ替わったのだと!


アカネの全てを奪ってしまった、と顔を覆うみかげ。
陽吉はそっと手を伸ばして、みかげとの人生は幸せだったと労わる。



二人はその後、静かに暮らし・・・みかげはこの世を去った。
墓に手を合わせていた陽吉が見たのは小さな影。


「寂しい・・・」


誰もいない世界で、孤独な影として存在していたアカネ!
陽吉は理解する。
心根が優しかったアカネは誰の影も踏むことができなかったのだと。
もちろん、みかげの影も。


アカネの無念を感じた陽吉は去っていこうとするアカネの影を追いかけ・・・


踏んだ。



村に現れた一人の少女は幼い頃のアカネの姿のままだった。
幼い頃のまま、結わえられた赤い髪紐。




ということで・・・怖い・・と同時に泣けました・・・。
運命はどう転がるかは分からない。
取り替えっ子のようにそれぞれの人生の行先に幸福と不幸があって。
暖かい身体と居場所が欲しかったみかげもまた誰かに影を踏まれて
小さな影になっていたのでしょう。
アカネの全てが欲しかった・・・。


同じように誰かの影を踏めば、人としての生をもう一度、手にできたはずの
アカネ。
そうしなかった彼女の無念を陽吉はそのままにはしておけなかったんですね。







スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 5   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1781-860fba07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蟲師 続章 BS11(11/01)#13

第十三話 残り紅 公式サイトから昼でも夜でもない、不確かな刻──夕暮れ。 地に長く延びたふたつの人影が重なる時、永く眠っていた闇が目を醒ます。 夕方、子供達を迎える母親。一人残ったアカネの側に影だけが存在した。陽吉は帰りに声を掛けたが父親を待つと話したアカネ。 里ではアカネが帰らないと総出で探す。そこで別の少女、みかげを発見する。アカネの父がみかげを引きとって育てた。 夕闇の山中で老女を発見...

ぬる~くまったりと | 2014/11/05 21:16

蟲師 続章 第13話「残り紅」

第13話「残り紅」 夕暮れ時に現れる影だけの蟲? 現象という感じですかね。 後ろから近づいて来た影を見て振り向いたら誰もいない。 そこには影があるだけ・・・蟲関係なくホラーですやん!

いま、お茶いれますね | 2014/11/05 21:33

蟲師続章 第13話

ギンコ(CV:中野裕斗)は、山の中で座り込んでいるお婆ちゃんを見つけます。 お婆ちゃんは、帰らないといけないと言っていましたが・・・ そのままにしておけないので、ギンコはお婆ちゃんを背負って歩きます。 そこに、お爺ちゃんが迎えに来てくれて・・・ お婆ちゃんは、みかげ(CV:鈴木れい子)といい、陽吉お爺ちゃん(CV:西村知道)の奥さんだったのね。 ギンコは、お礼に...

ぷち丸くんの日常日記 | 2014/11/06 19:14

蟲師 続章 第13話 『残り紅』 陽吉爺さんの決断に泣いた。(´;ω;`)

いつもの蟲師と違う。OPが無い。 のっけからギャグ展開。何か今回は違う予感がします。 山で老婆を拾ったギンコ。姥捨て山に捨てられたんじゃあるまいな。ホントに迷子、ちゃんと里に出られて一安心。安心したら夫婦でボケだだのボケてないだのと言い合いが始まった。ギンコげんなりしてるけど、こんな夫婦ってなんか良いな。 婆さん=みかげの秘密。蟲師と知って爺さんが相談を持ちかけてきた。みかげはこの村に突然現...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2014/11/07 16:43

蟲師 続章 第13話「残り紅」

「儂の影を踏んでくれ、頼む アカネ戻って来てくれ」 夕方に現れる本体の無い影―― 入れ替わった二人の女性    【第13話 あらすじ】 昼でも夜でもない、不確かな刻──夕暮れ。 地に長く延びたふたつの人影が重なる時、永く眠っていた闇が目を醒ます。 夕暮れ時、母親が迎えに来て帰る友達を見送る女の子 このアカネの前に現れた影だけの存在がみかげって事ですか… 今回はまた...

WONDER TIME | 2014/11/07 22:41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。