おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

四月は君の嘘#5「どんてんもよう」感想   

あの瞬間、喝采を忘れない。
だから私達は演奏し続けるの。



「どんてんもよう」

あらすじは公式からです。


病院の病室へ駆け込む、椿と渡、そして公生の幼なじみトリオ。
コンクールの演奏後、かをりは入院していた。
演奏を途中で止めたため、公生とかをりはコンクールの本選へ進むことはできなかった。
だけど、かをりは公生に対して恨み言をひとつも言わない。
そのことが公生には辛かった。

ピアノは弾いてる? 君は忘れられるの? 

かをりの問いかけがいつまでも公生の中に残っていた。

数日後、公生は退院して学校にいるかをりを見かける。
話しかけようと迷うが、かをりのそばには渡がいた。
勘違いするな、と自分に言い聞かせる公生。
だが、その日の学校の帰り道に‥公生はまたかをりとばったり出会ってしまう。
かをりは公生にピアノのコンクールに出るように頼み込むのだった。



***************************************



かをりちゃん、ぐいぐい来ますねえ!
公生くん、普通なら「俺の事も知らないくせに、ほっといてくれよ!!!」
と反論しそうなものですが、言いなりになっているってことは惚れた弱みって
やつですね。(^^ゞ)
芸術家・・・という職業の人は本当に右脳で感じ、行動しているんだな、と
思います♪



公生くんは一人落ち込みモードではありますが、常に幼馴染な二人・・・椿、
渡が側にいるのは救いですね。
二人がかをりとは違う視点で公生くんを見守り、認めているのが良く分かります。


「遠慮しなくていいぞ」
渡くん、かをりちゃん以外の女の子に声をかけているというのもあるけれど、
あのステージでどんなに二人が共鳴していたのか分かるんですね。
公生くんの扉が開きかけていることも。


椿ちゃんはピアノを演奏する以外の公生くんを知っている。
かをりが現れたからなおさら、そこを自分の心の中で言い聞かせている感じ。
度胸試しに橋から飛び込んだあの日。
おぼれそう!?と思った瞬間、公生くんの表情に浮かんだのは笑顔だった。
臆病なんかじゃない。
ただ踏み出すのに時間がかかるだけ。


公生くんの事を誰よりも分かっているという自負が今になって彼女の胸の中に
芽生え始めてる。
せっかく、憧れていた先輩から好意を打ち明けられたのにね。
恋はタイミング。
椿ちゃんなら、多分、自分の気持に正直に動くんだろうなあ。



「のだめ」でもあったけど、演奏家同士の恋は「演奏込み」で好きなのか、
その人本人が好きなのか、カップルの在り方として考えるところです。
その人本人を見ているのが椿ちゃんなら、演奏家としての情熱も技術も
全てをまとめて見ているのがかをり。


「私達は演奏家だから」


楽器はもう自分の一部、切り離せないものなんだね。


ステージでの興奮を忘れない。
緊張の糸が切れたように、舞台の袖で倒れたかをり。
病気の事があるからなおさら、得たものは忘れないようにしている
気持がビシバシ伝わってきます。
彼女はどんな病気なのでしょうか?


退院したかをりは早速、公生に復活アピールですね!
まさか橋から飛び込むなんて!!!
心で感じたままに動き出す公生。
飛び込んで浮かび上がってきた彼の表情は笑顔でした。



先週まで自転車の二人乗りの注意でしたが、今回は川に飛び込まないように、
と出るのかと思いました。(^^ゞ)



コンテと演出が「新世界より」の石浜真史さんでした。
絵が決まっているようなそうでないような?ぬるっとするような不思議な表現力が
魅力的です。






スポンサーサイト

category: ノイタミナ

tb: 6   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1782-e1283b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四月は君の嘘 フジ(11/06)#05

第5話 どんてんもよう 公式サイトから病院の病室へ駆け込む、椿と渡、そして公生の幼なじみトリオ。コンクールの演奏後、かをりは入院していた。演奏を途中で止めたため、公生とかをりはコンクールの本選へ進むことはできなかった。だけど、かをりは公生に対して恨み言をひとつも言わない。そのことが公生には辛かった。ピアノは弾いてる? 君は 忘れられるの? かをりの問いかけがいつまでも公生の中に残っていた。数...

ぬる~くまったりと | 2014/11/08 17:56

四月は君の嘘 第5話「どんてんもよう」

四月は君の嘘 第5話「どんてんもよう」です。 今まではかなり面白かった印象がある

藍麦のああなんだかなぁ | 2014/11/08 19:01

四月は君の嘘 第5話「どんてんもよう」感想

涙と笑顔が綺麗ですね。 多用されるアップのカットや、心情や回想を描くシーンに繋いでいく演出、そして時折差し込まれる漫画チックな場面と、今回も丁寧に作られていたと思います。 そして前回の演奏を終えたところから、かをりが倒れてしまうまでをこの回に持ってきたのは、公生とかをりの間で何があったのか分かりやすかったし、公生が彼女に惹かれていくところがクローズアップされて、彼が川に飛び込んだ...

二次元美少女の笑顔を守りたい duple | 2014/11/08 19:58

四月は君の嘘 第5話 「どんてんもよう」 感想

公生を軸にかをりと椿の対比が面白い。 かをりに死亡フラグが着々と立っていますが、へし折ることができるのかな。 病院の病室へ駆け込む、椿と渡、そして公生の幼なじみトリオ。 コンクールの演奏後、かをりは入院していた。 演奏を途中で止めたため、公生とかをりはコンクールの本選へ 進むことはできなかった。 だけど、かをりは公生に対して恨み言をひとつも言わない。 そのことが公生には辛か...

ひえんきゃく | 2014/11/08 21:30

四月は君の嘘 #5

公生が、自分もかをりと同じ、根っからの演奏家なのだと悟るお話でした。アバンは子供時代の公生たちから。公生、椿、渡の3人は、幼い頃から一緒に遊んでいました。その時

日々の記録 | 2014/11/08 21:55

四月は君の嘘 第5話「どんてんもよう」

かをりちゃん、病み上がりで川にダイブしたらいかんよ~ \(゜□゜)/ 笑顔を絶やさない彼女、しかしサブタイどおりの曇り空が気になる。 病気は完治してほしいなあ。 かをりちゃんがまたステージに立つのは難しそう。 となると、ピアノ弾きで公生のライバルポジションの子が登場か。 公生が弾くことにポジティブになっていかないと話進まないし。 爽やか展開は厳しい感じですが、そこを友情&...

のらりんすけっち | 2014/11/09 05:17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。