おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

曇天に笑う #6「太陽、曇天に散る」感想   

笑え、この曇天に負けないように。



「太陽、曇天に散る」

あらすじは公式からです。

夕食の買い物から帰った空丸と宙太郎は、天火が獄門処を爆破した罪で
警察に連行されたことを知る。
しかしそれは表向きのでっちあげられた理由であり、実のところは天火が
大蛇——三百年に一度人の器に宿り大きな災いをもたらす存在——の器である
ためだった。
大蛇と曇家の関係や、天火がそれを一人で背負っていたことを知った空丸と
宙太郎は、連れて行かれた天火を追って走り出す。



**************************************



気さくで口が良く回って大らかな天火でも、弟たちには気持がうまく伝えられて
いなかったように感じました。
「笑え」
大蛇となって、自身の身の破滅が恐怖で引き裂かれそうになる時、弟たちの屈託の
無い笑顔がどんなに救いになっていたのかを。


「兄貴の秘密主義にはうんざりだ!!!」
空丸の怒りはもっともだけど、「愛している」・・・だからこそ言えないことも
あったと、多分、受け入れられる日が来るんじゃないかなあとも思います。
もちろん、天火が生き延びてくれていれば一番、良いのですが。(;;)


一人で悩んで、抱え込んで、解決して去っていく。
天火はほんと人タラシなんだなとも思いましたね。
何となく雰囲気が銀さん@銀魂に似てる・・・なんて思ったり♪
今は銀さんも色々、経験して万事屋皆で解決していく、って
方向転換していますけど。



蒼世くんは大蛇を征伐し、日本を影から支えるという使命を本当に誇らしく、
自分の生きがいにしていたのに、その相棒が突然、舞台から降りてしまった。
その喪失感を思うとね・・・。
蒼世くんにしても弟くんたちにしても、残される者の気持を考えろ!って
言いたいんですよね。
冷ややかな態度を取っていた隊長さんもかつての仲間の最期の時には駆けつけて
しまうツンデレ♪


大蛇が一体、どういうものなのか。
牡丹さんが説明していましたが、過去話に牡丹さんがいる・・・!


曇家のご先祖・景光@だいさく、比良裏@鈴、牡丹さんが大蛇と戦ってる!
封印の詠唱を続ける牡丹さん、家宝の刀を盾にして戦う景光、牡丹を守って
腕を失う比良裏!


怨念の復活。
大蛇復活の場の社を守る一族の長が大蛇の器となった時、選択は己の死しか
無かった。
最期の別れを済ませて絞首台に向かった天火・・・。




ということでお兄さんーーー!!!(;;)
主人公の退場!?で次回からどうなるんですか!?
公式HPでは過去編に突入・・・な感じ。
それはそれで楽しみ♪







スポンサーサイト

category: アニメ

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1783-c173e69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

曇天に笑う 日テレ(11/07)#06

第6話 太陽、曇天に散る 公式サイトから夕食の買い物から帰った空丸と宙太郎は、天火が獄門処を爆破した罪で警察に連行されたことを知る。しかしそれは表向きのでっちあげられた理由であり、実のところは天火が大蛇——三百年に一度人の器に宿り大きな災いをもたらす存在——の器であるためだった。大蛇と曇家の関係や、天火がそれを一人で背負ってい たことを知った空丸と宙太郎は、連れて行かれた天火を追って走り出す...

ぬる~くまったりと | 2014/11/08 17:51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。