おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

劇場版「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」感想  

7月2日(土)公開の劇場版「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」を
鑑賞してきました。

映画公式HPはこちら♪



あらすじ: アメストリスの首都セントラルにある中央刑務所から、
服役中の囚人メルビン・ボイジャーが脱獄する。
彼が操る錬金術に心奪われたエドワードとその弟アルフォンスは、
メルビンの行方を追ってアメストリスの西側に位置するクレタとの
国境へと向かう。
やがてその昔「ミロス」と呼ばれていた、周囲をがけに囲まれた
テーブルシティに到達し……。

シネマトゥデイより




************************************



劇場版ハガレンは二作目ですね。
一作目の「シャンバラを征く者」はアニメ一期の流れでかなり
現実リンクが激しくてエンターテイメントに徹する原作ファンとしては
あれこれ思うところがある作品でしたが(苦笑)、今回も外伝と
割り切るにしても、また色々とツッコミどころ満載の作品だったと
思います。


キャスト、スタッフは以下の通り。


(キャスト)

エドワード・エルリック - 朴路美
アルフォンス・エルリック - 釘宮理恵

ウィンリィ・ロックベル - 高本めぐみ

ロイ・マスタング - 三木眞一郎
リザ・ホークアイ - 折笠富美子
アレックス・ルイ・アームストロング - 内海賢二

ジュリア・クライトン - 坂本真綾
メルビン・ボイジャー - 森川智之
ミランダ - 玉川砂記子
アラン - 星野貴紀
トニ - 川田紳司

ハーシェル中佐 - 木内秀信

サントス - 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
カルロス - 吉田敬(ブラックマヨネーズ)


(スタッフ)

原作 - 荒川弘「鋼の錬金術師」(スクウェア・エニックス刊)
監督 - 村田和也
脚本 - 真保裕一
キャラクターデザイン・総作画監督 - 小西賢一
音楽 - 岩代太郎
音響監督 - 三間雅文
アニメーション制作 - ボンズ





以下、ネタバレがありますのでご注意くださいね♪





入場者プレゼントの11.5巻はゲットしました。
人造人間やスカーをおびき寄せようと頑張るエドとアル。
ハボックを見舞って互いに気持ちを強くするエピソードが
とても良かったです。



さて劇場版ですがパンフレットはどうしようかな、と迷いながらも
視聴した後に購入しました。
荒川先生の劇場版冒頭シーンの描き下ろしが掲載されているので
買って良かったかも。(笑)
ただ、本編をお勧めできるかというとかなり微妙なところです。



一言で言うとこの作品は


ジュリアと兄アシュレイが追体験するエルリック兄弟の物語


だと思います。


エドとアルの活躍シーンははっきり言ってしまうとあまりなく
バトルの中心になったのも「賢者の石」を飲み込んだジュリアでした。
エドとアルはそのサポート役ですね。
ロイとリザは全く、で大佐のかっこいい「指パッチン!」なんて
全く無いです。
そこを期待していくと完全に肩透かしを喰らいます。


アニメ・スタッフが「11.5巻」で語っていた言葉を拾うと「ルパン三世 
カリオストロの城」のような作品に、という目標があったようです。
見ていてアクションが楽しい作品に。
だからエドとアルの


「兄さーーーん!!!」

「アルーーー!!!」


で、涙!!!というシチュは原作も完結したし、もう卒業、という
雰囲気を感じなくもありませんでした。
実際、劇場版で描かれているのは原作7巻から13巻ということなので
エルリック兄弟は「人体練成」や「賢者の石」を使う危険性を
分かっているうえでの劇場版ということになります。


ハガレンの原作もそうですが、エドはすでにレベル100の国家錬金術師なので
精神的成長や未熟な部分を描くのは重箱の隅をつつくようなもので
見つけるのが難しいんですよね。
せいぜい、無謀な行動をするくらいでそれがウィンリィの出番につながる
わけですけど(苦笑)、エドを落とすことはできないのです。
(ジャンプ・アニメだと良くキャラが落とされます。笑)


その代わりになったのがジュリア・クライトン、そして兄アシュレイの
クライトン兄弟でした。


ミロスの丘に隠された亡国の宝。
その力を得れば、アメストリス、クレタに征服されたミロスの民たちは
国を復活させることができる。
ジュリアは目標に向かって、亡き両親から少しだけ学んだ錬金術を使い、
学びながらレジスタンス活動に身を投じて戦ってきた。


隠されたミロスの力。
それを得ようとするアメストリス、クレタ、ミロスの三勢力の戦い。
割って入ってきたのは両親が殺された時に生き別れになっていた
アシュレイ。
レジスタンス「黒コウモリ」に身を置いて聖地奪還に動き始める
ジュリアを援護しながらアシュレイは実は宝を我が物にしようとしていた。



で、完全にラスボス!?と思われたアシュレイにもう一段、どんでん返しが
あったりして。
アシュレイを援護していたクレタ軍のハーシェル中佐。
覆面で顔が分からない彼こそ実は・・・本物のアシュレイ。


ミロスの丘に隠された装置で究極の力「鮮血の星」=「賢者の石」が練成された
ところでの登場。
しかし、クレタ軍が地熱プラントを爆発させたことをきっかけに大地から
マグマが噴出してしまう。
ミロス国土と国民の危機に立ち上がるジュリア!
なんと手にした「賢者の石」を飲み込み、マグマを堰きとめ、瀕死の兄の
命を救うために対価を支払うことに・・・。



キャッチコピーの「人は何かの犠牲なしに何も得る事などできない」、
「守りたいものは、確かにここにある」は上手く表現されていたと思いますが
エルリック兄弟では語りつくしてしまったテーマなので、クライトン兄弟が
代わって伝えたメッセージなのだと思いました。



それにしても


ジュリア無双!!!


エドとアルにもう少し活躍させてあげたかったですねえ。


ツッコミどころとしてはジュリアとアシュレイの親クライトン博士が
錬金術を研究していたわけですが、「賢者の石」、「真理の扉」まで
たどり着いていたのは少し違和感・・・。
クレタ軍が「キメラ」を使っていたのもやっつけ仕事的に感じました。(苦笑)



メルビン=アシュレイも水、氷、雪、雷と使い分ける強烈な
錬金術師で、国家錬金術師並みの強さ!!!
まあ、原作でも錬丹術として他国で発達している技ではあるので
どこでも同じようなレベルの研究はされているのかな、と
一応納得しておきますー。


それから「鮮血の星」練成時に血が必要、と流血事件になっていましたが
できれば必要なのは人の「命」なので、そこも忠実にして欲しかったかも。
まあ、巨大な「血の練成陣」、あれでOKといえばOKですが。


作画について。
かなり


ヨレヨレです!(笑)


でも、私はあまり悪印象には感じず、とにかくアクションに徹して
多少のデッサン狂いやキラキラしさは捨てても動かす!という骨太な
印象を受けました。
CGも極力感じさせないよう、原作のカラー絵をそのまま動かす、そんなイメージに
徹したのかもしれません。



劇場版らしさ・・・遠景の描写を多くしてスケール感、豪快なアクションを
見せてくれた部分が良かったです。
特に列車でのアクションとミロスの丘につながる鉄橋のシーンですね。
あの場面は「ハガレン」らしいと思いました。
「カリオストロ」っぽく坂道を駆け下りるシーンもありましたね!



声優さん・・・


メルビン=モリモリ!!!


森川氏が大好きな「悪の吐息」ですよねー!
存在感ばっちりでした!
ハーシェル中佐の木内さんはもう少し早くネタバレしていたら
活躍場面がもっと多かったと思います。
ジュリアの真綾ちゃんは言うことなし。
見事なヒロインでした。



主題歌「GOOD LUCK MY WAY」
歌 - L'Arc〜en〜Ciel
オープニングテーマ「Chasing hearts」
歌 - miwa



どちらも良い歌でした。
EDにラルクが使われていましたが列車が走るだけのED・・・もう少し
何とかね。(苦笑)
まあ、エドとアルの冒険は続く・・・ということで!?
こんな感じの劇場版でした♪







スポンサーサイト

category: 映画

tb: 9   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/182-ad57f5d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」

ハガレンはやっぱり面白かった 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107020004/ 劇場版 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ORIGINAL SOUNDTRACK posted with amazlet at 11.06.28 サントラ アニプレ?...

日々“是”精進! ver.A | 2011/07/06 16:43

劇場鑑賞「鋼の錬金術師嘆きの丘の聖なる星」

「鋼の錬金術師嘆きの丘の聖なる星」を鑑賞してきました11.5巻は無事にゲット。2010年に完結し大きな話題となった荒川弘の大ヒット同名コミックスを、監督に「コードギアス...

日々“是”精進! | 2011/07/06 16:44

『鋼の錬金術師 嘆きの丘-ミロス-の聖なる星』 感想

見て来ましたよ! てなわけで感想です。 ネタバレは無いと思っていますが、一応ご注意くださいね。

シュミとニチジョウ | 2011/07/06 18:47

「鋼の錬金術師 ミロスの聖なる丘」

~守りたいものは、確かにここにある~ 2011年  日本映画      (11.07.02公開)配給:松竹、アニプレックス     上映時間:110分監督:村田和也原作:荒川弘   『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス刊)脚本:真保裕一アニメーション制作...

NAOのピアノレッスン日記 | 2011/07/09 13:35

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

錬成された娯楽活劇と濃厚ドラマが見事!!  

Akira's VOICE | 2011/07/09 14:34

映画「鋼の錬金術師嘆きの丘(ミロス)の聖...

ハガレンを観に行ったのに宮崎アニメを観てしまった気分・・それも、カネまみれで骨抜きにされる前の宮崎アニメ・・悪くない。カリオストロ、ナウシカ、それにもののけ姫を混ぜたみ...

帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2011/07/15 17:56

「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」聖なる星を追って辿り着いた禁断の錬金術と救いたい想い

「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」は2010年7月まで放送されていた鋼の錬金術師の劇場版で、エドとアルが西の町で逃げた囚人を追った先に錬金術で争われた地に辿り着き、そ ...

オールマイティにコメンテート | 2011/07/18 23:25

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 (感想236作目)

7月29日 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 (感想236作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログ...

別館ヒガシ日記TB用 | 2012/07/29 13:40

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 (感想236作目)

7月29日 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 (感想236作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログ ...

スポーツ瓦版 | 2012/07/29 13:40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。