おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒子のバスケ #59「ナメんじゃねぇ!!」 感想  

全員で戦ってみせる!
エースが戻るまで!




「ナメんじゃねぇ!!」


あらすじは公式からです。

エース対決で白熱する誠凛対海常戦。攻守が逆転し、攻め上がる誠凛。
「キセキの世代」と同じ才能を持つ最後の覚醒者...火神はその才能を
開花しつつあった。

その脅威を誰よりも感じ取る黄瀬。だからこそ絶対に負けたくない!
しかし痛めた足を悪化させた黄瀬は、一度ベンチに下がることとなる。

一気に誠凛有利の流れかと思われたが、エースを欠いた海常はチーム一丸と
なって粘り強さを見せる。
さらに、紫原さえも止められなかった黒子のファントムシュートが、笠松に
よって破られた!



*****************************************




本編感想の前に秀徳クラスタには最高のご褒美が来ましたね!



秀徳バスケ部、全員の座談会記事がああ!!!


中谷監督までお出ましになって、チーム一丸となった秀徳愛語りを
存分に味わうことができました!
アニメディアさん、ありがとう!!!



さて、本編では・・・


笠松先輩、男前!!!(^^)


低音系ぱっぴーボイスが完全にはまって、次に発売されるデュエット・キャラソンが
楽しみになりました!
先にきーちゃんアルバムで二人で歌ってますけどね。
爽やかな良い曲です。






「コイツにだけは絶対・・・負けたくない・・・!」



きーちゃん、「キセキの世代」の呼び名にこだわりはない、と
言っていたけれど、灰崎にも火神にも「負けたくない」という
気持ちは「キセキ」のプライドですよね。
背中の背番号「7」が大きく見えますわよ!


「キセキ」の中で自分が一番下っ端で他の4人と違うのは分かってる。
それでもなお、勝ち得たユニフォームと背番号なのですから。
もしかしたら「キセキの世代」の称号を一番、大事にしているのは
彼なのかもしれません。


最初に火神を「キセキ」の同種と認めた。
(懐かしかったですね!)
彼に最初に出会い、見出したのは自分。
赤司の前に、ここで食い止めることになるのは運命だったのかも。


けど、全力でプレーできない歯痒さ、焦りがますます火神との差を加速させる。
悔しいだろうなあ・・・。


「そーゆーもん全部ひっくるめたのが試合だ。

勝負には関係ねぇ。」



笠松先輩ーーー!
交代を告げられたきーちゃんに厳しいお言葉。
色々な事、特に精神面の経験値が足りないきーちゃんにはチームのエースとして
すかすかの辞書にどんどん描きこんでいって欲しいんでしょうね。
だってこの大会までしか一緒にプレーはできないんだから。
そう思っての厳しさなんだろうなあ。(涙)


エースを押し込んだら、自分達が頑張りを見せるしかない!
「意地みせろよ、オメーら」
桐皇戦もそうだったね。
きーちゃんが青峰のコピーができると信頼したから踏ん張ってくれた。
あー・・・海常の先輩たちを思うと泣けてくる!!!


誠凛にはチャンス。

火神「同情はある。だから全力でやる。」


いつも黒子が口にしている「全力で」。
かがみんもちゃんと分かってる。
試合に真摯に向き合うってことですね。



きーちゃんの代わりに入ったのは中村 真也(2年SG 181cm)!!!
中村くん、待ってたわー!!!
キャストさんは勝手に日野くん、とか思ってたけど蓮池龍三さん。
コナンや吹き替えのお仕事が多い声優さんですね。


日向はさすがに同学年、同じポジションだから知ってる♪
早速、火神にダブルチーム!
でも、今のかがみんは無双!!!
パスも自在で黒子の幻影シュートが決まる!
早川君が悔しがってますが、彼は黒子担じゃないですからね。(^^ゞ)




ぴったり付いて・・・のくだりで笠松先輩、なんと幻影シュートのネタに気付いたーーー!

「武器を一つぶっ壊してやる」

今回の先輩はアップに迫力があります!


海常メンバーのここからの頑張りが胸熱です!!!
早川のシュートは外れるけど、リバウンドで木吉に競り勝つ小堀先輩!
上手い!
森山にボールが渡っていつものシュートが決まる。


34-27。
黒子を交代させるタイミング。
ミスディレクションオーバーフローはまだ使いたくない。
次のボールデッドで、と考えるリコは水戸部を準備させる。


が・・・
伊月がボールを持っているのに笠松は寄らない。
伊月にシュートは無い、なら確実なパスコース!
黒子にボールが渡る。
シュートモーションに入る黒子に伊月からマークを変える笠松!!!
バックステップ!!!


幻影シュートのボールが消える理由は打点の低さ。
DFの視線が一度、下を向いたことで次の瞬間、速いタイミングで
上に放るシュートは視界から外れる。
火神に視線誘導したところで完成するシュート。
それをバックステップで視界を広げて追いつく速さがあれば・・・!



止めたーーー!!!
陽泉の絶対防御も破ったシュートがブロックされた!
笠松先輩のカットがかっこいいーーー!!!



秘密まで暴かれて。
交代する黒子とベンチはショック・・・
でも、黒子は意外にもサバサバ♪
誠凛には覚醒した”光”がいる!
「まかせとけ」
早川、中村のダブルチームもなんのその、ドライブで抜いてダンク!!!


「なんか今、負ける気しないんで。」

強気だー!!!
かがみんにボールが渡ればシュート、パスとどれも決まる!
同点!
インターバル・・・きーちゃんの焦りが伝わってきますね。


誠凛は黄瀬の復活に備えてこのまま攻めるのみ!
かがみん、青峰にもらったバッシュは調子良さそうです。
海常の控室では黄瀬が自分を出して欲しいと監督に直訴!
森山先輩の苦悩は皆の苦悩だね。エースに頼りたいけど・・・


第3Q・・・黄瀬はやはりベンチ・スタート。


むくれてるきーちゃん、可愛い!!!


場を仕切ったのは笠松先輩!
きーちゃんの出番は監督の言うとおり、ラスト2分!
「一年が口ごたえするんじゃねぇ!!」
また来た、萌える回想シーン!!!


きーちゃん、チャラい!!!


しかもキセキ風吹かす生意気な言動・・・


ハリセンで殴っていいですか!?(笑)


でも、笠松先輩が蹴りを入れてくれましたー!


キセキを”更生”させるにはそれなりの説得力が必要で、黒子と戦う以外にも
チームのメンバーであることをどう納得させるかも、この作品の見どころだと
思っています。
笠松先輩の返答は本誌を読んだ時、胸が熱くなりましたわ!


才能じゃない。
「海常バスケ部」でお前より長くいる先輩たちの頑張りに敬意を払え、
と一喝される黄瀬。


「お前はもう海常一年、黄瀬涼太」

「そんでオレは海常(ここ)の三年主将の笠松幸男だ。

なんか文句あんのか」


納得したわけでもなかったけど、「海常の黄瀬」ってのが気に入ったきーちゃん。
彼はチームの「エース」にもなりたい人ですものね。


気合を入れて第3Qに臨む先輩たち。
誠凛ペースで試合は進んでいく。
点差が開いていきますね。
監督はギリギリまでキーちゃんを温存する予定。



火神の急成長は想定外だがそれでもくらいつく、と決意を
固める笠松先輩と海常メンバー。
(本誌では誠凛がかなりヨイショされていたけど、アニメの氷室兄さんの
それとない解説のほうがしっくりきますわ。(個人的に。))



情けねえ・・・と自嘲気味になる笠松先輩だけど勝利のためならなんだって
やってやる!
フルドライブで伊月を抜く笠松先輩!
伊月の「鷲の鉤爪」!!!
それを完全にかわすことはできなかったが、はじき出したボールが水戸部に渡るのを
笠松先輩、気迫で阻止!!!
小堀が拾ってシュートするも木吉がブロック、リバウンドを
早川が決める!
皆の全力プレーだ!!!


「まだまだぁ、海常ナメんじゃねえ!!」


ということで笠松組の意気や良し!!!です!!!
完全に海常よりの感想になってしまいましたが、先輩・後輩の絡みは
他校のほうが見ごたえがある黒バスなので。(^^ゞ)


海常はタッパがあるわけでも無いし、パワーもそれほどでも無い。
けど、勝ち上がってこられたのは一人一人が自分の技を磨いてきた、職人の
チームだからで、頭領、笠松先輩がそれをまとめあげるいぶし銀のチームなんだな。(^^)
けど、大きな相手にぶつかった時は必殺技が必要なんだね。
どこまで持ちこたえられるかな!?



週替わりEDカード・・・
先週からずっと子供達を無視して1ON1してる青峰、かがみん。(^^ゞ)
影が薄い黒子っち。
子供達に人気の氷室お兄さん。
くりそつな子供に懐かれてる真ちゃんとそれを笑う高尾。
人気のきーちゃんを見る森山先輩!とネタが多すぎるーーー!


EDカードはクリスマス!?なむっくんと氷室お兄さんでした。
ホワイトデーは二人で過ごそう♪ですかね!
スポンサーサイト

category: 黒子・ハイキュー!!ジャンプ系

tb: 5   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1860-a370dd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ 第3期 #07 第59Q「ナメんじゃねぇ!!」

第59Q「ナメんじゃねぇ!!」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2015/03/11 15:19

黒子のバスケ BS11(3/10)#59

第59Q ナメんじゃねぇ 公式サイトから エース対決で白熱する誠凛対海常戦。攻守が逆転し、攻め上がる誠凛。 「キセキの世代」と同じ才能を持つ最後の覚醒者...火神はその才能を開花しつつあった。 その脅威を誰よりも感じ取る黄瀬。だからこそ絶対に負けたくない! しかし痛めた足を悪化させた黄瀬は、一度ベンチに下がることとなる。 一気に誠凛有利の流れかと思われたが、エースを欠いた海常はチーム一丸とな...

ぬる~くまったりと | 2015/03/11 18:29

黒子のバスケ #59

足のケガが悪化して、黄瀬はメンバーから外されました。しかし、海常のキャプテン・笠松によって、黒子のファントムシュートは破られるのでした!エンジンがかかった火神を

日々の記録 | 2015/03/11 20:56

黒子のバスケ EXTRA_GAME 第9話(59話)「ナメんじゃねぇ!!」 感想

「今のは黄瀬ちん、いつもより全然低くない?」 紫原めずらしくいい事言った。 直感力はあるんよね。 以下ネタバレあり。

こう観やがってます | 2015/03/11 22:46

黒子のバスケ 第59話「ナメんじゃねぇ!!」感想

今回は笠松先輩のターンでしたねwwww初めて会ったときから薄々感じてた・・・ 惚れたのか?それとも恋敵と予感したのか!?って思ってしまいますよねw でも、そうじゃなくてwww今、完全に確信に変わったのは、火神も間違いなくキセキの世代だけれど 自分たちとは違う道を辿ったキセキの世代ということ。だからこそ、自分を否定したくないって本能でしょうね、火神だけには絶対に 負けたくないと思う黄瀬...

薔薇色のつぶやき  別館 | 2015/03/11 23:42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。