おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒子のバスケ #65「僕らはもう」 感想   

開花していく才能に置いて行かれる黒子。
勝利こそ全て。



「僕らはもう」


あらすじは公式からです。

「キセキの世代」の活躍によって、帝光バスケ部は全中二連覇を達成する。
しかし、周囲との力の差は広がるばかり。
才能を持て余した「キセキの世代」同士の関係にも亀裂が生まれ始めていた。

練習をさぼるようになった青峰。さらには紫原までが反発し、赤司に1on1
対決を提案してきた。
受けてたった赤司だが、圧倒的な強さの紫原に追い詰められてしまう。
これまで何事にも勝ち続けてきた赤司が、初めて意識した「敗北」。
その瞬間、赤司の中に眠っていた何かが目覚める...!



****************************************




「勝つこと以上に大事なことはないんですか?」

「ない。なぜなら帝光の理念は勝つことだからだ。」


この辺り、ジャンプフェスタ2014スーパーステージで生アフレコされた場面で、
ステージの熱演にぐっと来たけど、アニメもまた格別ですね!
黒子@賢章くんの涙声にウルウルしてしまいました!!!



青峰のことを理解していた白金監督。
もしも・・・の話は無しですが、もしも、虹村先輩がそのまま主将だったら・・・
白金監督が倒れなければ・・・常勝を理念とする帝光バスケ部でも全く違う
カラーになったかもしれません。


全中の決勝戦は原作の双子とか出ないでさっくり終わってますね。
青峰、それから他のキセキの心情、心鏡の変化を追うことに特化した、という
感じです。



誰が悪い、というのではなく黒子の不幸は帝光中バスケ部に入学してしまったこと、
キセキと同じ世代で同じチームになってしまったことですね。
悪いことばかりではなく、大いなる喜びも努力とともにやってきた。
だからこそツライのでしょう。
黒子の努力の結果は彼らとともにあったのですから。


青峰を励ます虹村先輩、できたお人だ・・・。(;;)
でも、峰ちんの笑顔はここまでなんだね。



白金監督が倒れて、ちょうどそのタイミングでキセキの開花が始まる。
真田コーチが昇格して監督になるけど、彼はまだ若いので理事長の
要求と現場監督、さらに教育者としての信念との板挟みになってしまう。
中間管理職の悲哀です・・・。


それが青峰に対する言葉・・・

「練習にはもう来なくていい」

に。
試合に出てくれさえすれば。



青峰としてはもっと他の言葉が欲しかったはずですね。
もっと違う環境も。



桃井ちゃんや黒子の不安が現実になっていく。
バラバラになり始めるキセキ。
練習から飛び出した青峰を追いかけてきた黒子に青峰は言い放つ。


「オレはもう・・・お前のパスをどうやって

取ればいいのかも忘れちまった。」



パスなんかいらない、自分で決める。
黒子が信頼されなくなった、と以前語っていた状況がこれですね。
泣き笑いのような表情で訴える青峰の叫びが切ないです。(;;)



体育館では勃発!

赤司様VSむっくん!!!


恐るべきパワーを発揮し始めたむっくんも練習しなくてもできる、という
気持になってしまっていたのですね。
怒る赤司様、1ON1の5本勝負で決めようと形を決める。



むっくん、なんと4本先取!!!
赤司様が負ける!?
「赤司家の人間は何事にも負けてはいけない」
(赤司父@てらそまさん~!これだけとはもったいない!!!)



覚醒する「天帝の眼」と・・・もう一人の赤司!!!


「全てに勝つ僕は全て正しい。」


あああー・・・

「キセキの世代にとってチームプレイは邪魔なものでしかない。」


別人のような赤司に気付く黒子、緑間、黄瀬。
試合の中だけでなく、部活動全体が殺伐としたものになっていく。


きーちゃんと真ちゃんはそれが歯痒いのですね。
真ちゃんは黒子によってチームプレイの大切さを実感させられた一人ですから。
でも、彼は黒子のように人の領域に入っていくことはしないタイプなので、
スルーの方向に行ってしまったのでしょう。
人事を尽くさない奴らとは仲良くできない、とも。



きーちゃんの側を風が通り抜ける・・・。
せっかく、打ちこめるスポーツと一緒に切磋琢磨できる仲間ができたのに・・・。


一人、練習に打ち込む黒子に話しかける赤司様。

「僕らはもう、力を合わせるべきではないんだよ。」


光と影が崩壊したように・・・光と光ならなおさら。
きーちゃんがかがみんと出会った黒子に言った場面を思い出しますね。
赤司様の中の、冷徹な一人の存在も知ってしまった黒子。



青峰を失い、チームの居場所も見失って、涙をにじませる黒子が痛々しい・・・。
では、どうすれば良かったのか?
出会いと巡り合わせは運命で、このこじれた糸を治すには5人が離れるまでは
無理なのでは・・・と考えさせられます。
赤司家家訓と帝光の理念が一致してしまっていたのも、黒子が存在するためには
厳しい状況になりましたね。(;;)



次回・・・キセキの罪・・・ですね。
ED歌が毎回、泣けます。


EDカードは飴を分け合う赤司様とむっくん。
赤司様には下々のお菓子かしらん。(^^ゞ)


声優さんやBGMの事とか音響監督の三間さんが良くツイッターでつぶやいて
いるのでそれを思い出しながらアニメを見ると楽しいです♪







スポンサーサイト

category: 黒子・ハイキュー!!ジャンプ系

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1880-81831610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ 第3期 #14 第65Q「僕らはもう」

第65Q「僕らはもう」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2015/04/22 20:43

黒子のバスケ #65

帝光中学バスケ部が、決定的に変わってしまうお話でした。全国大会で帝光中学は優勝しました。しかし、それはどこか空しいものでした。青峰は完全にやる気を失っていますし

日々の記録 | 2015/04/22 21:04

黒子のバスケ BS11(4/21)#65

第65Q 僕らはもう 公式サイトから「キセキの世代」の活躍によって、帝光バスケ部は全中二連覇を達成する。しかし、周囲との力の差は広がるばかり。才能を持て余した「キセキの世代」同士の関係にも亀裂が生まれ始めていた。練習をさぼるようになった青峰。さらには紫原までが反発し、赤司に1on1対決を提案してきた。受けてたった赤司だが、圧倒的な強さの紫原に追い詰められてしまう。これまで何事にも勝ち続けてき...

ぬる~くまったりと | 2015/04/22 22:24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。