おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒子のバスケ #69「奇跡は起きない」 感想   

洛山の5人目、黛。
彼は新しい”影”だった!


「奇跡は起きない」

あらすじは公式から。

謎に包まれていた黛の能力がついに明らかになった。
黒子と同じ特性を持ち、ミスディレクションを武器とする洛山の
「幻の6人目(シックスマン)」。
しかも自らシュートを決めることもできる"新型"ともいうべき実力を持っていた。

思わぬ伏兵に攻めあぐねる誠凛。リコは降旗を赤司のマークに付けて揺さぶりをかけるが...。
点差を縮めるためには、オフェンスでも勝負を仕掛けるしかない。
アウトサイドの要・日向と実渕、インサイドの要・木吉と根武谷が激しくぶつかり合う!



***************************************



EDが新VER.になりました!
きーちゃん、真ちゃん・・・と懐かしい場面の投入にもう最終戦なんだな、と
ぐっと来ますね。
黒子たちが通ってきた道、彼らのバスケが果たして洛山=赤司に通じるのか。
分厚い壁を何とか押したい誠凛に、洛山の強烈なプレッシャーがのしかかります。



コミックス27巻のほとんどをこの回で消化してしまう恐るべきスピードです!
(普通は原作3話=アニメ1話くらい。)


読み返してみましたが、個人のモノローグや状況説明がかなりカットされていて、
毎度の事ですが少々、物語としては薄っぺらく感じます。
逆に試合のライブ感というのは増していて、BGMが3期になって改善されているのが
効果を上げていますね。
バスケらしいビートが利いたBGMを多用してくれるのは嬉しいです。


本誌を読んだ時のじわじわくる絶望感がかなり薄められ、スポーツ観戦をしているのに
近い気分にさせられました。
原作では例えば、無冠の3人を表現するために1話使って、また一週間待たされるので
落ち込みモードがどんどん積み重なっていきますが、アニメではざざっとやってくれるので
アニメのテンポのほうがお好みの人もいるかもしれませんね。
私もそうかもしれません。(^^ゞ)



まずは洛山、5人目の黛くんが本格的に登場しました!

黛 千尋@逢坂くん!!!


クールなキャラはあっても、こういうちょっと斜め上タイプのっと今まであまりいなかったかも?
黛くん役に彼が・・・という期待があって、その通りになったけど予想以上の大人系ボイスに
転がりまくりです!(^^)



で、期待していた屋上の赤司様とのシーン・・・

EDにもあって、毎回、転がりまくり!?


黛くんと赤司様の組み合わせ、好きなんですよー♪(腐腐腐)


ラノベを愛する黛くん。
ちょっとあくの強い、自分を主張したい性格は黒子と少々違うけど、彼が”新型”
である=使えるプレーヤーであることを示すにはぴったりですね。


影に徹するだけではない。
影でありながら、自分でもちゃんと決められるスペックがある。
1対1ではマッチアップする黒子には勝ち目がない。



で、リコちゃんは考えて、ホーク・アイではないけどイーグル・アイを持つ
伊月を黛くんのマークに付ける。
赤司様にはアンクルブレイクをさせないよう(原作では3Pの確率も下げるためって
書いてあったっけ?)、一度抜かせて、中で勝負することを徹底させるために、抑え役に
降旗くんを付ける・・・という作戦に出る!


ライオンVSチワワ!!!


頑張れ、フリくん!!!です!
赤司様を足止めし、抜かせて、中で火神がマークをする。


赤司様を釣るための餌!


若松先輩が「ひでェ女」と言っていましたが(^^ゞ)、止める手段をもう選ぶ余裕は
無いということで。



しかし、赤司様のプレッシャーは半端無く、彼からスタミナを全部、奪い去って
しまうのですね。
同じ役割を引き受けようとする一年生’Sの健気さに涙ですよー。



赤司様がマークされているなら洛山は他の選手にボールを回すだけですね。
まずはレオ姉。


順平ちゃんとマッチアップ!!!


日向くん、レオ姉をプレーのお手本にしていたんですね。
原作ではプレーは好きだけど、オネエなのはいまいちとはっきり言っています。(^^ゞ)
日向くんの実力を認めたところで、見せつける・・・心を折る作戦ですね。
自分との力の差を見せつける!!!


”夜叉”


天、地、虚空・・・三つのシュートで圧倒する!!!


次は根武谷。
マッチアップする木吉はまたまた因縁がある相手。
(木吉、花宮とかむっくんとか敵意を持たれ過ぎ。(笑))


日向くんがやられて

「攻めたい気分なんだ。」


と、気分は盛り上がるけど彼が否定した筋肉バカが立ちはだかる!!!
マッスル!!!


試合は個人プレーばかりではなく、チーム・プレーが大事。
だけど、意図的にするのと、仕方なくパスを回すのとでは意味が違う。
今吉先輩の素晴らしい解説で、誠凛がどんどん追い詰められていくのが
分かります。
そして、葉山の”雷獣”のドリブル!!!



「無冠の五将」のスペックが完全に誠凛メンバーを上回っている。
心を折る、見せつける仕上げは赤司様!


「誇示したいのか。」


黛くんが赤司様の意図をちゃんと汲んでいるのが美味しいですわ♪

まさかのアリウープ!!!



ということで、洛山の真の力が誠凛の戦意をそぎ落としていきます。
リコちゃんが涙していましたが、彼女が自分を「カントク」という未熟な
存在であることを自覚しているのが伝わってくるシーンでした。
悔しい思いは降旗くんも、黒子も。


このままでは終わらせない。
黛くんの綻びを見つけて、再起をかける黒子です。



週替わりEDは

部活対抗リレーで活躍する青峰くん!!!

良いなあ、見に行きたいですねえ!(笑)
桃井ちゃんのチア・コスも注目の的になりそう♪


EDカードは赤司様と木の枝に隠れる降旗くん!


次はきっと戦えるよ!






スポンサーサイト

category: 黒子・ハイキュー!!ジャンプ系

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1892-9f01182a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ EXTRA_GAME 第19話「奇跡は起きない」(69話) 新型の幻の6人目(シックスマン)とレオ姉の『虚空』

黛さん→黛千尋→お前 先輩に対して……。 さすが赤司さんやで。 以下ネタバレあり。

こう観やがってます | 2015/05/20 21:36

黒子のバスケ #69

誠凛が洛山に徹底的に追い詰められるお話でした。ミスディレクションが使えなくなった黒子。しかし、驚きはそれだけではありませんでした。赤司は、黒子以上の幻のシックス

日々の記録 | 2015/05/20 21:48

黒子のバスケ 第3期 #19 第69Q「奇跡は起きない」

第69Q「奇跡は起きない」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2015/05/21 18:19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。