おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒子のバスケ #70「覚悟の重さ」 感想   

6人目としての経験と覚悟の違い。
黒子の反撃が始まる!



「覚悟の重さ」

あらすじは公式からです。


誠凛VS洛山戦は第3Qに突入。誠凛は諦めることなく、スコアラーの日向と
火神に希望を託す。

しかしわずかな希望すらも赤司は摘み取ろうとしていた。その矛先は日向に。
攻める気持ちを逆手に取るような実渕のシュート「地」の罠にかかりファウルを
取られた日向は、審判に反論し痛恨の4つ目のファールを取られてしまう。
絶体絶命のピンチの中で、再び黒子がコートに立つ。

「影の薄さ」という武器を失った黒子に勝算はあるのか?!
新旧「幻の6人目(シックスマン)」黒子と黛が対決する!



***************************************



今週の黒子@誠凛の熱さと真綿のようにじわじわと締めてくる冷徹な赤司様@洛山の
対比が凄かったですねえ!


希望を捨てない誠凛の気合。
むっくんや大ちゃんはこういうチームに対して、赤司様がどういう手を打ってくるか、
良く知っているので、さらなる冷酷を予想しているのでしょうね。
熱いチームの心を折るのが得意な御仁ですから。(^^ゞ)


キャラ絵の表情が時々、?となることがあったけど(円盤修正希望♪)動きは
相変わらず良いですね。
レオ姉を止めるコガとか見ていて、こちらも手に力が入ってしまいました!


誠凛の生命戦はかがみんと日向。
かがみんのマッチアップは赤司様、日向にはレオ姉。
すでに格付けが終わっているので、レオ姉に良いように転がされてしまった
感じがあります。



それでも、自分が持てる全てで食い下がった日向くん。
レオ姉の技が勝って、なんとファウルを取られてしまったー!
こんなところでファウル3つ目・・・いや、納得できず審判に食い下がったので

テクニカルファウル・・・ファウル4つ目!!!

思い切ったプレーができなくなった日向くん、ここでベンチに!!!
あああ、日向くんのどん底感がMAX!!!




「感傷もそこそこに」・・・


生で見たい!と言い張ってやってきた真ちゃん&秀徳!!!


控室では3位という大会結果と先輩たちの最後の試合ということで
色々、語り合う(?)時間を過ごしていたと思われます。
でも、真ちゃんはどうしても赤司様と黒子の対決が見たかったんですね。


「愚行」とは言ったけど、勝利のためにチームのためにしたことを責める事は
できない・・・


真ちゃん、また成長したあああ!(感涙)


で、「まさか真ちゃんからそんなセリフが・・・」って大坪さんまで驚いて
いるのに爆笑です!!!


両の手を見つめる黒子の瞳から涙がこぼれる。

「ムリでも・・・!不可能でもっ・・・!

みんなと日本一になりたい!!」



熱い一年生の涙は誠凛にまた力を与えてくれました!
黒子の不屈の魂は「今、勝つんだ!」でも良く分かってたし、最後まであきらめない
気持、挫けるような魂ではないことは皆がもう分かってるよね。
最後のブザーが鳴るまで希望は捨てない。


絶望の淵から、光を瞳に宿して戻ってきた黒子!


黛VS黒子!


「旧型じゃ新型に勝てねぇよ。」
強気逢坂ヴォイスにメロメロですわー!(^^)

「同族嫌悪」


黛くんは「新型」の自負があるからもちろんだけど(自分でもう自覚しているが
笑えるwww)きっと黒子も高尾に言われた気持が今は分かるんですね。



黛くんは黒子を抜いてシュート!!!
でも、それは罠二つ。
無冠を抑えて、シュート確率が不確定な黛くんにわざと打たせること、もう一つは

黒子の影の薄さを復活させること!!!


黛くんを際立たせて、自分をもう一度”影”の存在にすること!



黛くん、分かっていてもうっかりシュートに行ってしまってかがみんに
ブロックされたり、完全に黒子よりも目立つプレーをしてしまって
上書きを感性させてしまったーーーー!!!
黛と黒子がマッチアップした場面、黒子ならシュートは撃たずにパスを回す。
黛はシュートに持って行って火神にブロックされてしまったわけですね。


影に徹しきれない黛と黒子の差。


「6人目としての経験と6人目としてチームのために

戦う意志」。


「影である覚悟の重さ



性能では勝っても黒子っちに絶対、勝てないものがある。
きーちゃん、思い切りその覚悟のほどを最初の試合で見せつけられてますものね!


チームのために!
黒子の姿勢はかがみんから雑念を取り払って、もう一度ゾーンへの扉をこじ開ける事に
なりました!


TO。
無冠の変わり身の早さと言ったら!!!
雰囲気が帝光・・・に似てますね。
当然、赤司様の空気ですが。

でも、まだ勝利のためにやって欲しいことがある、と交替を覚悟していた黛さんに
赤司様のドSな仕打ちがーーー!
パスを通す道具として利用する・・・!
愕然とする黛くん・・・!




ということで「新型6人目」の黛くんが存在感を際立たせたのは一瞬で、
使い物にならなくなったら、自力の違いで押し切る赤司様の直接攻撃が
ここからまた始まります。
ゾーンに入ったかがみんがどこまで反撃できるのか。
「皆の力で!」
「僕達のバスケ」の体現をこれから誠凛が見せてくれそう。
コガ、活躍の回!!!



週替わりEDは陽泉・・・かまくらだー!可愛い♪
EDカードは黒子っちと黛さん♪
ふふ、「同族嫌悪」を思い出してニヤニヤ!









スポンサーサイト

category: 黒子・ハイキュー!!ジャンプ系

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1896-f4214bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ BS11(5/26)#70

第70Q 覚悟の重さ 第3Qが始まり気合を入れてやる気満々の誠凛。まずは日向の3Pシュートが決まって62-40。赤司のやり方は1%の可能性も許さない。全ての武器、槍を悉く潰す。 実渕が地で日向に反則を演出する。今のは当たっていないと審判にクレームを付ける日向。テクニカルファールのおまけ付きで4ファール目となる。次のファールで退場だけに、出場させられない。小金井と交代する。火神が最後の希望、赤...

ぬる~くまったりと | 2015/05/27 23:30

黒子のバスケ #70

試合は後半に入りました。赤司は、誠凛の心を折りにきます。追い詰められた誠凛を救ったのは、黒子でした!試合は第3クォーターへと突入しました。日向は玲央に圧倒され、

日々の記録 | 2015/05/28 00:04

黒子のバスケ 第3期 #20 第70Q「覚悟の重さ」

第70Q「覚悟の重さ」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2015/05/28 08:32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。