おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒子のバスケ #73「諦めませんか」 感想  

一人で戦うんじゃない。
オレ達は力を合わせて戦うんだ!



「諦めませんか」

あらすじは公式からです。

チームメイトを見限った赤司は、自らの力でゾーンに入り、オフェンスだけでなく
ディフェンスまでも一人でこなし始めた。
その圧倒的な強さに対抗しようと焦るあまり思うように動けない火神に、黒子は
ふたりで赤司と戦うことを提案する。

その言葉の通り、火神の動きを読んで逆方向へと動いた黒子が、ついに赤司を
止めることに成功する。
それはまさに、ふたりの力を合わせた擬似「天帝の眼(エンペラーアイ)」だった!
そして、光と影の連携に追い詰められた赤司に変化が現れ...?!



*************************************



「やろうぜ、二人で・・・」


キセキを相手にする時は必ず1ON1の勝負になる。
託されたかがみんですが、「天帝の眼」を持つ赤司様のゾーンは一人ではとても
打ち破れそうにない強力なものでした。



ここでジャンプ作品らしい「二人で勝つ!」ですね!
余談ですが「DEATH NOTE」でもニアが「(メロと)二人なら勝てる。」と言う
シーンが大好きです!(ドラマでニアが女の子が配役されて大ショックなんですが。^^ゞ)


ともかく、人間観察と経験で培われた感性を駆使して黒子っちが
擬似「天帝の眼」を開眼する!!!


防御も鉄壁の赤司様ゾーン。
打ち破るために仕掛けるかがみんと黒子・・・

「なぜお前が僕より早く

僕の行く先にいる―!?」



かがみんがこう守る、それなら赤司様は・・・と相棒の動きと先の先まで
読んだ黒子、頭脳戦の勝利ですね!
身体的に不利なものは頭を使ってなんぼ、きーちゃんの時も他のキセキと
戦った時も黒子の作戦はミスディレクションと試合の経験値から導き出された
勝利への一手なのですね。



スティール、ターンオーバー・・・かがみん、決めた!!!
ボールを受け取るところから決めるまでの絵の迫力が素晴らしいです!


まさか、赤司様は腰砕けになろうとは・・・!


「生まれて初めて負けを感じてる」


赤司様が「天帝の眼」を開眼するきっかけになったのがむっくんとの勝負の時。
(公式ファンブックで「オレのせい?」ってぼやいてましたっけ?^^ゞ)


ゾーンに入るところまで自信満々だった赤司様。
こんなに脆く、崩れようとは・・・。


真ちゃんの表情が複雑ですね。
多分、自分の力で赤司様を追い詰めたかった。
けど、いざ敗北を知る寸前の赤司様を見たら、胸の中に少し棘が刺さったような
痛みがしたのではないでしょうか。
帝光時代、誰よりも側にいましたからね。
”仲間”だとも思っていたのですから。



黒子の視線もチラチラ赤司様に注がれています。
原作では気持を確かめる木吉のシーンがありますが、そこはカットされて
います。
気遣いつつ・・・でも、全力で勝負をする、というのが黒子の信条。
アニメでは黒子はこういう人だ、とその後も全力プレーをすることで示す描き方を
しているようです。



ついに1ゴール差!!!
TOを取った洛山。
黛くんが失敗した時と同じように五将の三人のバラバラ感は痛いですね。
そもそも赤司様もそうで、失敗を補う戦い方ではなく、失敗したら切り捨てる、
恐怖政治にも似たギリギリの「勝利」という一本の糸でつながった”仲間”ですから。



白金監督もさすがに交代を告げる・・・

黛くんーーー!!!


雑草だから、三年生で皆より少し大人だから、見える事もある!!!
退部するはずだった自分をコートに引っ張り出した張本人だから
何とかしろ!という気持でもあったでしょう。
あの上から目線の一年坊主が敗北感に打ちひしがれている・・・
同一人物とは思えない。
で、


「誰だ、お前」


ですね!


ここから赤司様の回想モノローグになるのですが、原作のナレーション風の表現と
違い、アニメでは赤司様自身の語りになっています。


ヒロC・・・素晴らしい!!!(涙)


表紙につられてアニメージュを購入してしまったのですが(^^ゞ)




二人の赤司は全くの別物ではなくて、そうなっていく要素が彼自身にもあったのだと、
そこを見て欲しい、とヒロCは語っておりました。


その通り、母を失い、勝つ事でバスケを繋ぎ止められる父のやり方は赤司様から
「仲間」との絆の創り方を間違った方向に仕向けられたものの、彼自身も勝つ事への
執着を持っていたんですね。



才能を開花させ、伸びていく”仲間”に置き去りにされる恐怖は勝つ事で”繋ぎ止める”。
従わせることでしか、繋がれなかった赤司様・・・。(ホロリ)



「オレ司」くんが言った「また間違えようとしている」という台詞は良いですね。
キセキを「バスケで繋がる仲間」ではなく「敵同士」にしてしまった”罪”。
洛山というチームで本当の自分に生まれ変わる。
胸にじーん・・・と来ました。



負けてもいいのかもしれない。
けど、そういうのは戦う相手に失礼だし、全力で戦って欲しいと願う・・・
黒子が目の前にいるのだから!



復活の赤司様!!!

「オレは赤司征十郎に決まっているだろう」




立ち直ったーーーー!!!


ということで、原作も良かったけど声の破壊力!
ヒロCの熱演にやられましたー!!!
何度見ても多分、泣くと思われ・・・。(;;)



試合はついに決着へ!!!
黒子とかがみんの協力技はゾーンの二つ目の扉を開きかけているようです。
次回、全力待機です!!!



今週からまたEDが変わりました♪
キセキがそれぞれのチームの中心になってる・・・泣ける!
真ちゃんの変化にびっくり!な秀徳の皆さんの図は笑えると同時に感動します!
室ちんの笑顔が美人過ぎてドキドキ!


週替わりEDは霧崎第一。
このチームのまとまりはもしかしたら黒バスで上位に挙げられるのでは!?


EDカードは


赤司様黛くん!!!



屋上コンビにムラムラしますッ!!!





スポンサーサイト

category: 黒子・ハイキュー!!ジャンプ系

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1904-28e55d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ 第3期 #23 第73Q「諦めませんか」

第73Q「諦めませんか」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2015/06/17 20:08

黒子のバスケ BS11(6/16)#73

第73Q 諦めませんか 赤司がゾーンに入ると一人で攻撃する。お前たちの敗北は絶対だ。チームメイトでさえも期待しない赤司は一人でゾーンを守備する。相手からボールをスティールしてシュートして得点する。チームメイトにも3ポイントだけを警戒しろ、出来なければ 俺が全て対応する。お前たちでも、それくらいなら対応できるだろう。 エンペラーアイを持つ赤司は誰も止められない。火神も2つ目の扉を開けられずに焦...

ぬる~くまったりと | 2015/06/17 23:50

黒子のバスケ #73

ゾーンに入った赤司は、驚異的な力をみせました。それに対抗するため、黒子と火神は力を合わせます!自らの意思でゾーンに入った赤司の力は、驚異的なものでした。ゾーンに

日々の記録 | 2015/06/18 10:28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。