おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黒子のバスケ #75(最終話)「何度でも」 感想  

「僕は影だ。」
光りと共に掴んだ栄光。



「何度でも」

あらすじは公式からです。

真のゾーンによってまさに一丸となって洛山につめよる誠凛。
しかし残り時間は40秒を切り、じわじわと終わりが近づいていた。

そのとき伊月から日向へと通った1本のパス。
日向は実渕の得意技である「地」のシュートを決め、ついに1点差に!
仲間たちの想いと共に運命のボールが黒子&火神に託された...!

勝利を手にするのは誠凛それとも洛山どちらか。

ウインターカップの頂点が決まる!



***************************************



終わってしまった・・・!!!(涙)



ツイッター、その他で拝見するスタッフ、キャストの皆さんの
暖かくて熱いコメントの数々・・・本当に皆に注目され、愛された
作品だったんだなあと実感しています。


お友達とよく言っているのですが、本誌掲載の時はもう一つバスケ作品が
あって、どっちが生き残るか、正直、「黒バス」が落ちるのでは、と
思っていたんですよね。(ごめんなさーい!!!)


でも、アニメ化が決まって、スタッフ、キャストが決まって、さあ放映開始!
私が、「これは一味違う!」と思ったのはアニメ2話で登場したきーちゃんの
高速フルドライブからダンクのシーンでした!
「これはすごい!」



考えてみたら製作はプロダクションI.Gさんで、テニプリ・アニメがI.Gさんに
よって進化したように、そのノウハウを生かした「黒バス」アニメがすごくない
はずがないんですよね!
そこからどっぷり黒バス沼にハマりこみ、推しメンの真ちゃんの登場!
アニメの素晴らしさはさらなるファンを開拓して、スポーツ・アニメの歴史に
1ページを刻むほどの作品になった!と思っています。(^^)



大団円・・・


一緒に見ていた家族は「あっさりしたラストだった。」と拍子抜けしたようでした。
でも、本誌はもっとあっさりしてましたからね。(笑)


かがみんのゾーンに合わせた超高速連携プレー!!!
それに一撃を与えた赤司様のシュート!
希望の炎が潰えたか、と思った時に冷静に状況判断していたのは
伊月でした!


「スペックで劣る選手は頭を使ってなんぼ」


伊月くんや誠凛の皆には悪いけど、「普通」のチームがエリートの集まり
に勝つために、持っている全部を振り絞って戦う・・・こういう台詞が
リアル感を増すのでしょうね。
ゲームごとに成長していくチームもある。



伊月のパスカットから日向くん、レオ姉の「地」のシュートをお返しですね!
肩を落すレオ姉にかける言葉は赤司様、前半とは大違いです!
バスケは一人でやるものではない。
今なら彼もちゃんと分かっているんですね!


105-104。
一点入れても、まだ届かない。
予選の秀徳戦と同じようにわざとはずしてリバウンド勝負の場面。
木吉が最後のプレー・・・と踏ん張る!!!
日向くんの万感の思いが詰まったシュートですものね!
必ず取る・・・取ったーーー!!!



黛くんは意識していたけれど、黒子にマークを外されてしまう。
ここは6人目VS6人目、よりも天敵ホーク・アイなら対処できたはずですよね。
パスを受けた黒子に赤司様が立ちはだかる!!!


「僕は影だ。」


赤司様は黒子がシュートやドライブを覚えたことで、影に徹しきれなくなった、と
言ったけれど、黒子はここで改めて自分の役割に徹するんですね。
赤司様によって見いだされ、もう一度、自分らしさを取り戻した。
黒子にとって赤司さまはやっぱり、先見の明のある人だったのではないかな。


ここで流れるCan doに鳥肌!!!


BGMも始まりの曲ですね!



シュートもできるようになってしまったから読み違えた・・・。
決めたのはかがみんでした!
タイプアップ!!!


金色のテープが舞い散るコート!
みんな、涙、涙!!!
かがみんが上を向いて吠えていたのとは対照的に下を向いて叫ぶ
黒子くん!(^^)



それを眺める赤司様・・・。



ふと、準決勝の秀徳戦を思い出しますね。
今なら分かるだろう、敗北の悔しさ。
真ちゃんが手を差し出した理由も分かるんだろうなあ。(涙)



「はい、次もその次も、何度でも。」



「次は負けねえッスよ!」
「次は勝つ。」
きーちゃんも真ちゃんも。
闘志を取り戻した青峰くんも、悔し涙にくれたムッ君も。


何度でも戦えるバスケの仲間。
キセキが心の欠片を取り戻した冬でした。


木吉はアレックスの紹介でアメリカで手術を受ける事に。


日向くん、顔が乙女だよおおお!


木吉の視線も彼にのみ注がれてると思われwww


で、黒子と荻原くんの電話はオリジナル。
その後、ジャンプ+でやってくれた各校の後日譚をやってくれるなんてアニメ・スタッフ様、
最高です!!!


きーちゃんたち次世代が頑張る姿を見て、受験勉強に戻る笠松先輩。(^^)
どんだけ弟や妹!?な秀徳!宮地弟を見る事ができて嬉しいーーー!!!
青峰くんの扱いに慣れた若松先輩!(笑)
カツカレー味のまいう棒を先輩に渡せるようになったムッ君!


屋上コンビ、来たーーー!!!


ネクタイを緩めた黛くんが色っぽいーーー!!!カッコイイ!!!
「そっとしておいてくれ。」と言ってたけど、赤司様のほうから屋上に
通ってくるようになると思います!!!(妄想爆走中!!!)



次の目標に向かって練習を再開する誠凛の皆さん。
遅れてやってきた黒子のロッカーには桃井ちゃんから渡された誕生日の記念の
写真・・・


キセキともう一度、つながった”バスケの仲間”という糸。



才能に恵まれているわけじゃない。
でも、自分にできることが必ずある。
諦めない。
勝利に向かって真摯に向き合う気持。
大好きなバスケ。



黒子くんの思いが凝縮された最終回でした!


EDロールは各校相棒組。(号泣!)
週替わりEDは陣取りでもしてるらしい誠凛の皆さん!
かがみんは見逃さない2号。(^^)
EDカードはチームごとの写真でした。
皆、歩き出したんですね。




まとめて・・・
作画は影に斜線を入れる独特の描き方で、最初は慣れませんでしたが
筋肉の質感、表情のリアルさが出せるアニメと漫画のちょうど中間の雰囲気に
仕上がっていたと思います。
何と言っても動きが素晴らしかった!!!
スタッフの一部の方は「進撃の巨人」でも良いお仕事をされていたと思います。



評価を付ける時、悩んだのがBGM。
特に2期は暗~い音楽の連続とクラシカルな雰囲気はまったく作品に合わない!と
最高だった一期のスタッフ、復活!をずっと心の底で願っておりました。
でも、3期はビートが効いたバスケらしい作品の音楽に変化していましたね。
洛山のテーマはどこの「バハムート」かと思いましたが(笑)、3期はとても良かったです。



キャストさんのこぼれ話はラジオや雑誌等で拝見しました。
皆、自分のキャラとチームに思いを寄せてくれていて、ファンとしては本当に
嬉しかったです!
いつか学校別にアルバムが出ないかな、と思います。(^^)
声の破壊力はすごかったですねえ。
印象に残っているのがIH予選で青峰@諏訪部さんが「変わらないな。」と黒子に言った場面。
あの時まで、黒子自身にも変化を求められている、ということに気づいていなかったんですよ。
それが目からウロコ・・・諏訪部さん、ありがとう!とお伝えしたいです!


途中でアニメ化が終わってしまう作品が多い中、最後まで走りきってくれた「黒バス」。
この台詞や場面は入れて欲しかったーーー!と思うこともありましたが、原作以上に
「これがオレ達の誠凛高校バスケ部だ!」という芯がしっかりと見えたアニメでした。
まだ番外編が続いているので、またアニメで会えることを願っています。
スタッフ・キャストの皆さま、お疲れ様でした!



誠凛VS洛山で盛り上がるJ-WORLDです!

J225

J226

J227








スポンサーサイト

category: 黒子・ハイキュー!!ジャンプ系

tb: 5   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/1910-25aa679d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒子のバスケ BS11(6/30)#75終

最終回 第75Q 何度でも ダイレクトドライブゾーンで得点する火神。しかし赤司のシュートが決まって7点差。残り時間を考えると絶望的な状態。洛山は誠凛の攻撃を止めれば勝ちだと全員で必死のデフェンス。火神にはダブルチームで対応する。残り30秒で火神のシュートが決まる。 もう洛山は無理して責めない、冷静に高速のパス回し。それでも最後はシュートで終わるはず、一人クールダウンに 努めて考える伊月。攻め...

ぬる~くまったりと | 2015/07/02 17:42

黒子のバスケ 第3期 #25 第75Q(最終話)「何度でも」

 第75Q(最終話)「何度でも」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2015/07/02 19:42

黒子のバスケ #75

3期に渡って続いた「黒子のバスケ」も、ついに最終回です。(;_;)残り時間あとわずかで、誠凛は赤司の底力をみせつけられました。ゾーンの先にあった超連携で洛山に追いつい

日々の記録 | 2015/07/02 19:47

黒子のバスケ EXTRA_GAME 第25話(75)「何度でも」(終) vs洛山決着とエピローグ

「なん……だと……!?」 洛山監督、最後の最後でBLEACHにハマる。 終盤は原作よりも盛り上がりましたね。1期オープニングの力もあったかも。 以下ネタバレあり。

こう観やがってます | 2015/07/02 19:49

黒子のバスケ 第75話「何度でも」(最終話)感想

アニメ黒バスもついに完結。 最後までしっかり魅せてくれましたね!!キャストやスタッフの皆さんの黒バスへの愛がツイッターでもたくさん流れて ました。 アニメ化されて大注目された作品だけに最終回の作画も素晴らしかったですv 赤司によって点差をつけられた誠凛は残り40秒。 洛山は止めれば終わり。 誠凛は勝つためにはまだ攻め続ける必要が。 まぁ普通はラスト40秒ではあり得な...

薔薇色のつぶやき  別館 | 2015/07/03 01:31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。