おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

劇場版NARUTO「ブラッド・プリズン Blood Prison」感想  

7月30日公開の劇場版NARUTO-ブラッドプリズン-を見てきました。




劇場版公式HPはこちら♪


スタッフ・キャストは以下のとおり。

スタッフ

原作 - 岸本斉史
監督 - むらた雅彦
脚本 - 東山彰良
キャラクターデザイン - 西尾鉄也、鈴木博文、山下宏幸、薮野浩二
音楽 - 高梨康治、刃-yaiba-
アニメーション制作 - ぴえろ


☆主題歌 遊助「雄叫び」


キャスト

うずまきナルト ・・・ 竹内順子

キラービー・・・ 江川央生

春野サクラ・・・ 中村千絵
はたけカカシ ・・・井上和彦
綱手 ・・・勝生真沙子

無為(むい)・・・てらそままさき
竜舌(りゅうぜつ)・・・ 園崎未恵
無垢(むく)・・・中村悠一

マロイ・・・ 上川隆也(ゲスト出演)



ストーリー

草隠れの里の極秘任務について話し合いをしていた雷影たち。
しかしその途中、一人の忍が雷影を襲撃した。
なんとか撃退した雷影は、その犯人をナルトと証言し、綱手はナルトを
忍用の監禁施設「鬼灯城」に連行するよう命じる。
「鬼灯城」に連れて来られたナルトはそこで城主無為、そして草隠れの陰謀に
巻き込まれる。



**************************************



以下、ネタバレがありますのでご注意くださいね♪






劇場版も8作目になりますが、今までの作品の中で一、二と思える出来だったのでは、
と思います。
個人的に一番、良かったと思っている「大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ」(2006年)が
親子で楽しめる秀作なら、今回の「ブラッド・プリズン」はハイ・ティーンから大人までが楽しめる
作品です。


脚本にミステリー作家の東山彰良氏を迎え、ナルトが冒頭から拘束されると
いう展開、ラストまでNARUTOらしさを失わず、親子の絆、仲間とのつながり、
里への思い、というテイストが凝縮されていました。


ただ視聴後にバトル等の爽快感を求めるなら、この作品はルート違い。
はっきり言えば「死にネタ」。
死を持って全てを清算する、という結末には思うところもありますが
自己犠牲とか思い込みの死、ではなく、ナルトがしっかりと残された思いを心に
刻み付けて進んでいく、親子の絆を再確認する味わいがあったと思います。



作画はロングのところが少し粗い部分もありましたが、とても良かった。
アニメ情報番組で聞いていたとおり、ガマ親分とサトリ(敵キャラ)のバトルは
思い切り、巨大怪獣決戦でしたからね。
引いた視点からの遠景と接近して部分で見せる近景、劇場版ならではの遠近感と
迫力を楽しむことが出来ました。
(「コクリコ坂より」よりも小さいスクリーンだったのは残念!)


短編の「炎の中忍試験 ナルトVS木ノ葉丸!!」のほうがもっと
綺麗でした。
「BLEACH 地獄篇」からぴえろさん、頑張ってくれたみたいです。(笑)


では、ストーリーを追ってレビュー、感想でも。



☆ナルト、雷影を襲撃!?


草隠れの里の陰謀を察知していた雲隠れ。
没落した草隠れの里は雲と木ノ葉で管理している。
かつて、「極楽の匣」を使って、世界を支配する寸前までいった
草隠れはその後、滅亡し、匣の行方も分からなくなっていた。


ここで雷影とサムイたちが話している内容、「花」とか「実」とかが
この時点ではよく分からないのですが、後で匣を使った主戦派が「実」、
匣を始末して平和を願うほうが「花」という一派であることが分かります。
その動きを探るためにサムイたちが動き出そうとすると敵襲!!!


相手は一人・・・雷影が見た素顔はなんとナルト!!!



手配書が回ってきて里間の問題になってしまうナルトの扱い。
かつて草隠れがあった場所にある鬼灯城は五大国の罪ある忍が
拘留される場所。
そこにナルトは送られてしまう。



☆無為、竜舌、マロイ


城を管理する無為の禁固術、火遁・天牢でチャクラを練る事ができないナルト。
でも、さすが九尾のチャクラ、影分身一つは作れます。
が、チャクラを練ると焼け付くような痛みが!!!


ナルトに忠告してくれる竜舌、マロイ。
彼等は一体!?


何としても無実の罪を拭いたいナルトは三度も脱獄を繰り返して、その度に
懲罰房へ。(苦笑)
三度目、海に逃れたナルトだけど流れが速い!!!
竜舌が助けてくれなければ死んでいた。


竜舌によって匣の存在を知るナルト。
彼女は親友、無垢の命を奪った匣を破壊したいと思っていた。
無為が無垢の父親であり、父によって犠牲になったと知ってショックを
受けるナルト。
ナルトに自重するよう頼む竜舌。



☆ナルトの思惑


火遁・天牢に苦しめられるナルトだけれど攻略法を見つけた!?
無為を引きつける作戦に出たナルト、竜舌、マロイは場内で
騒動を起こし、無為の目を引きつけるようにする。


匣があると思われる門を発見するナルトだが、無為に作戦は読まれており、
そこで生き延びていた草隠れの上層部と無為によって九尾のチャクラを
吸収されてしまう。
復活する「極楽の匣」。




☆無為の真実


無為「里のためになんの恨みもない者を

殺したことがあるか?」


ナルト「ふざけんじゃねえ!」

無為「同感だよ。」


城に来たばかりの時、同じ質問をされたナルト。
この会話で無為の真実が分かります。


匣の犠牲になった息子の無垢を生き返らせることこそ無為の願い。
草隠れ上層部の攻撃から無為を援護したのはナルトに化けて雷影を
襲撃した湯隠れの忍、カザン。
彼もまた息子を人質に取られて止む無しの任務だった。


九尾のチャクラを吸収して無為の願いが匣に通じる。
開いた匣から大人になった無垢が現れる。
が、やっと親子の対面が・・・と思った瞬間、無垢の手刀が無為の胸を貫く!!!



☆恐怖を集めるサトリVSガマ親分!!!


無垢は憎しみや恐怖にとらわれ、怪物サトリに変身する。
怪物には怪物を!!!
ナルト、ガマブン太を口寄せ!!!
「怪物とはナンだ!」
怒って現れた親分、笑える!!!


迫力あるガマ親分!!!


匣のことを知っていた親分だけど、破壊するどころか心を読むサトリに大苦戦!!!
ついに力尽きてしまう。
ナルトもまた仙人モードが解けて大ピンチ!!!



☆キラービー、木ノ葉の皆、集結!!!


実はナルトの事件によって草隠れの動きを察知していた雲隠れと木ノ葉は
ナルトをダシにして匣の消滅を謀っていた!!!(ドンデン返し!!!


現れた綱手たちを見て驚くナルトだが、ビーが言うとおり、今はサトリを
何とかしなければ!!!
仙人モードのためにチャクラを溜めるまで皆に援護を頼むナルト。
無為は死んだはずなのになぜか火遁・天牢は解けていない!?
脱走する囚人たちは城に戻るしかない。



☆サトリ撃破!そして・・・


恐怖を持つ相手の動きを読むサトリに無心で立ち向かうナルトの攻撃が
当たりだす。
しかし、サトリの攻撃は緩まない。
身を挺してナルトを守る竜舌!!!
だがサトリの攻撃は二人の胸を貫いていた!!!



ナルトの影分身がサトリを抑えこんだところで、無為に息子と会話をするよう
促すナルト。
天牢が解けていないうちは無為は生きていると確信していたナルトの計らいだった。


もう一度、向かい合う無為と無垢。
ナルトが諭したようにいつだって無為は無垢のことだけを考えていた。
元の姿に戻る無垢。
しかし、匣の恐怖はまだ無垢を蝕んでいた。
吹き飛ばされる無為・・・!


正気に戻った無垢は恐怖を抱えたまま、生きることを拒絶する。
鬼灯に似た炎で己が身を焼く無垢。
竜舌と「普通に生活する」という約束を破ったことを侘びながら・・・。


ナルトを庇った竜舌は瀕死の状態だった。
彼女が持つ血継限界の力で重傷を負ったナルトは引き戻される。
皆のおかげでここまで来れた。
その皆の道標となることが竜舌の願い。
心に刻み付けるナルト。



ということで、マロイとは?、匣がどうなったのか、はぜひ劇場で♪



木ノ葉の皆の戦いはちょこっとですが、ナルトをメインに据えた配置を
考えると十分だと思いました。
孤独と恐怖に耐えかね、匣の悪意の化身となったサトリに


「いつだって父親の背中を見ていたいんだ!」

とナルトが叫んだところでじらちゃん、四代目のカット・・・泣けました!
つながりを持って、それを守り通す。
サスケに言いたい部分ですよね。
サトリと化した無垢はサスケでもあったのです。


と、こんな感じの劇場版でした。
守りたい里の良さは一楽ラーメンであっても大きなものなのですよね。
ナルト君、お疲れ様!



声優さん・・・無垢(サトリ)@ゆうきゃん!!!


むー、化物仕様が多くてちょっと残念ー。
素の無垢はアルトさん@マクロスFに似た感じなんだけどね。(笑)
あと、無為のてらそまさん、グッジョブでした♪
マロイの上川さんは飄々とした部分が良く出ていたと思います。



*********************************



さて、本編よりも実は感動したのが「炎の中忍試験 ナルトVS木ノ葉丸!!」!!!
こちらはいつもの伊達監督&アニメ・スタッフ製作です。


第四次忍界大戦を前に急遽、砂隠れで開催された中忍試験。
予選をクリアした本選でなんとナルトと木ノ葉丸が戦うことになった!
里の英雄、ナルトに木ノ葉丸が太刀打ちできるはずがない。
でも、本気で試合することを決意している二人!!!


泣きました!!!


もちろん、ナルトが絶対優位なんですけど、何とか一発でも
攻撃を当てたい木ノ葉丸!!!


「ジジイの術だ、コレ!」

「アスマのおじちゃんの術だ、コレ!」



感動ーーー!!!
木ノ葉丸!!!さすが三代目のお孫様です!!!
一丸となって応援するエビス・チームにも感動!!!
勝負の行方は!?


で、ちゃんと注意を聞いていなかったナルトに対して、皆が「馬鹿・・・!」。

我愛羅まで「馬鹿・・・。」


痺れるーーー!!!


もう一度、見に行ってもいいかなと思いました!!!






スポンサーサイト

category: 映画

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/237-bab3cb73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場版NARUTO疾風伝「ブラッド・プリズン Blood Prison」やっと見てきました!

休暇に入ったダンナに、隣町の映画館まで連れて行ってもらって、 やっと見てきました、 劇場版NARUTO疾風伝「ブラッド・プリズン Blood Prison」! ダンナは、私に付き合って、NARUTO映画をかなりの数見てるんですけど、 夫「『雪姫忍法帖』と同じく…

無菌室育ち | 2011/08/11 21:57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。