おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NO.6#6「密やかな危機」感想  

彼を愛してる!!!
紫苑にどうしても会いたい沙布に危機が!?


「密やかな危機」

あらすじは公式より。

祖母の死によりNO.6に戻った沙布。
だが祖母が残したとされる遺品を見て、NO.6に不信を抱くようになる。
沙布は紫苑に連絡を取ろうとするが、その時彼が重犯罪者として市庁舎から
登録を抹消されていることを知る。



************************************



沙布、ごめん!

紫苑に会いにいっちゃダメー!!!


だって紫苑にはすでにネズミとの”愛の巣”がッ!!!


と思っていたら沙布は治安局に連行され、火藍からネズミに
送られた「沙布を助けて」というお手紙は握りつぶされようと
していました!


当然、


「紫苑をあの女には渡さない!!!」


というネズミの決意に決まってます!!!(←またまた妄想爆走中!!!)
毎回、二人の絡みがあってそこもこの作品の美味しいところですからね♪
前回の紫苑とネズミがダンスを踊るシーンのように、沙布と紫苑がダンスを
したって別に面白くもなんともないんです。
(沙布が好きな方、ごめんなさいー!!!)


ところで沙布にも治安局の手が回ってしまったわけですが、ここで疑問なのが
沙布も会っていた紫苑の母・火藍の事です。
彼女がどうして自由でいられるのか、それが疑問というか・・・
寄生蜂による人の死を目撃した人々もどこかに連行されてしまったので
反体制の子供を持った母親など拘束されてもおかしくないですよね。


ところが普通にパン屋を営んで、生活している。
客と関わっても何のお咎めもないようです。
はっきりした描写はありませんが外出の自由などないのかもしれませんが
かつて力河と付き合いがあった彼女。
沙布もいなくなってしまった今、彼女にも危機が及ぶのでしょうか。




NO.5から入国審査を受ける沙布。
待合で話しかけられた老婦人には沙布がNO.6の出身だと分かるよう。
何か特別な空気・・・”風”を持っている。
周囲の地域の人には腕のブレスレットも違和感を感じるもののようです。



亡くなった祖母の棺と対面した沙布。
「何をしていいのか、分からない。」
そう言っていた祖母は幸せだった!?
もちろん、と答える施設職員の言葉に違和感を感じた沙布は祖母の
遺品がただ、眼鏡とマフラーだけであることに愕然とする。


マフラーからは祖母の香りなど全くしなかった。
何よりも


「お婆ちゃんが編み棒を捨てるはずがない。」


沙布の瞳にはNO.6の風景が偽りのものに見え始める。
紫苑に連絡を取ろうとブレスレットで検索をかけた沙布は紫苑が
重犯罪人扱いになって登録を抹消されていることを知り、ますます
衝撃を受ける。


火藍の存在を思い出した沙布は早速、彼女を訪ねてみる。
紫苑が矯正施設送りになったなんて!
信じられない沙布は火藍の様子から彼がどこかで生き延びている
ことに気づく。
火藍は子供を失った母親の姿にはとても見えず、落ち着いていたから・・・。



そう言われて紫苑が西ブロックにいることを教えてしまう火藍。
まさか沙布は・・・
心配する火藍に


「彼のことを愛しています!」

と沙布、嫁宣言(違)!!!
西ブロックは無法地帯、そんなところに沙布が行って無事で済むはずがない。
自分はずっと紫苑を思っていた。
だからこれは私のわがまま、と言う沙布に紫苑はそんな事は望んで
いない、と諭す火藍。



このまま待ってはいられない沙布は紫苑の側に誰かいるのだろう、と
問いかける。


「ネズミ・・・かしら。」


礼を言って帰る沙布。
マフラーを彼女が忘れたことに気づいて追いかける火藍。
が、彼女が目撃したのは嫌がる沙布を車に連行する治安局の職員だった!!!



沙布の声が聞こえたような・・・
紫苑はすっかり子供達のアイドルに?(苦笑)
ネズミが来てイヌカシが呼んでいると言う。



用件はイヌカシのお袋代わりをしていた犬の兄弟が死んだので
それを葬る手伝いをすることだった。
呼ばれて、嫌な顔をしている力河。
見ているだけのネズミにも協力を促すと鎮魂の歌だけで銀貨三枚も取る!?
彼の態度の悪さに怒り狂うイヌカシ。
力河は協力を止めてその場を離れてしまう。



沙布のことを案じている火藍のところにいつもの連絡ネズミが
現れる。



凍った土を掘るのは大変だったとつぶやく紫苑。
ネズミは春になるとあの蜂がNO.6から無数に飛び立つのが待ち遠しいらしい。
逆にそれまでに自分の血清をワクチンとして開発し、NO.6の人々を救おうと
考える紫苑。



いきなり紫苑の椅子を蹴り倒すネズミ!!!


押し倒して(違)首に手をかけるネズミ!!!


「抵抗しないのか?」

「しても無駄だろ?」


グハア!
ネズミが自分を殺すはずがない・・・そう思うのは思い上がりだと
紫苑の首にナイフを当てるネズミ!
「余計なことをするな。」


そういうネズミの腕を押さえ、何故、そんなにもNO.6を憎んでいるのか
問いかける紫苑。
背中の傷のせい?!
それとも!?


NO.6は他の町を肥やしにして太る社会=寄生都市。
それが許せないというネズミにもっとちゃんとした理由を知りたいと食い下がる紫苑。
ナイフを取り出して紫苑の喉元に当てるネズミ・・・わずかに流れる紫苑の血。


「オレとNO.6とどちらを選ぶ?」

ネズミー、ついに究極の質問をー!


問いに対して紫苑はいつもネズミはどちらか片方・・・二分してばかり
いると納得できない。
ならその壁を壊せばいい!
NO.6の壁を取り去れば・・・と叫ぶ紫苑を嘲笑するネズミ。
その後にやってくるのは地獄。
無秩序、無法・・・決して良い事はないと決め付けるネズミに
やってみなくちゃわからないと反論する紫苑。



例え、やり方は違っても

「僕は君の敵にはならない。」

たとえ、君に殺されたとしても。
諦めない決意の瞳を紫苑はネズミに向ける。



鼻で笑ったネズミは蹴り飛ばした椅子を元に戻すと背後のピアノに
目を向ける。
と、連絡係のネズミが火藍のところから手紙を持ってきた。
読んだネズミの顔色が変わる。


「沙布が治安局に連行された。」


「あの女が・・・。」
紫苑が知ればきっとNO.6に行くと言うだろう。
たとえ命を落とすようなことになっても・・・。
暗い影がネズミの瞳に宿る。
握り締められた手紙。



ということで、何としても紫苑と二人でここで暮らしたいネズミ♪
自分好みに紫苑を矯正することはなかなか進まないようです。
(何か違いまして?笑)



EDカードはイヴな格好のネズミ♪
「嘘つきだな、アンタも。」










スポンサーサイト

category: ノイタミナ

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/252-6cfe56fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「NO.6」第6話

沙布、捕まる・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108120002/ NO.6〔ナンバーシックス〕(1) (KCx ARIA) posted with amazlet at 11.08.10 木乃 ひのき 講談社 (2011-06-07) Amazon.co....

日々“是”精進! ver.A | 2011/08/12 15:54

No.6 第6話「密やかな危機」 感想

それだけ。 沙布ちゃん可愛いなあ・・・とヒロインの魅力も負けてないことを証明した今週の「No.6」。 彼女は元々紫苑の事を好きだっていうのは1話の時点で描かれていた訳だし その後もずっと紫苑の事を考えてる風だったので あの意志の強いセリフにも説得力が...

超進化アンチテーゼ | 2011/08/12 17:24

NO.6 第6話「密やかな危機」感想(/∀\*)

ネズミが 紫苑を手放したくないって自覚した(p≧∀≦q)〃!!!もうダメ 酸素が身体に行きわたる前に 気化しそう。えっと もはや アタクシ 酸素呼吸が間に合わないってこと...

薔薇色のつぶやき | 2011/08/12 17:28

NO.6 第6話「密やかな危機」

「何があっても… 殺されたとしても 君の傍にいる」 ネズミと?6 どちらを選ぶのか―― 戻ってきた沙布は治安局に拘束される事に…!    【第6話 あらすじ】 NO.5に留学していた紫苑(シオン)の友人・沙布...

WONDER TIME | 2011/08/12 20:15

(アニメ感想) No.6 第6話 「密やかな危機」

NO.6 VOL.1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/09/21)梶裕貴、細谷佳正 他商品詳細を見る 祖母の死によりNO.6へ戻った沙布。だが祖母が残したとされる遺品を見て、NO6に不審を抱くようになる。沙布は紫苑へ連絡をとろうとするが・・・ ↑ポチって押して頂けると?...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2011/08/12 20:29

アニメ「NO.6」 第6話 密やかな危機

NO.6 VOL.1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/09/21)梶裕貴、細谷佳正 他商品詳細を見る 俺とNO.6、どちらを選ぶ。 「NO.6」第6話のあらすじと感想です。 愛する者と憎む者。 (あらすじ) 祖母が死...

午後に嵐。 | 2011/08/12 20:50

NO.6 第6話「密やかな危機」

NO.6 第6話「密やかな危機」「殺されたとしても君の傍にいる!」祖母の死でNO.6に戻った沙布そこで感じたモノは・・・沙布って子は紫苑と一緒で、NO.6の中の世界しか知らない純粋培養...

SOLILOQUY | 2011/08/13 03:46

NO.6 第6話「密やかな危機」

NO.6 第6話「密やかな危機」

SOLILOQUY別館 | 2011/08/13 03:46

アニメ NO.6 第05話 感想

 アニメ NO.6  第06話 『密やかな危機』 感想  次のページへ

荒野の出来事 | 2011/08/14 02:54

冬の寒さ以上に不穏な空気が流れ出してるNO.6の悪夢の舞台に、ついに幼馴染の沙布までもが巻き込まれていく( ̄口 ̄;)!!! NO.6 第6話『密やかな危機』

 沙布がNO.6へ帰国したのは、やはり祖母の逝去だった!!  NO.6へ入国する際のブレスレットを受け取ったものの、ピカソに関する物は持ち込み禁止との事(>_<)  アートブックすら持ち込み禁止とは、まるで ...

シュージローのマイルーム2号店 | 2011/09/13 23:55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。