おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NARUTO疾風伝#453「参上、偽?ナルト」感想  

本当の”親友”って?
一緒にいればもう二人は友達。


「参上、偽?ナルト」

あらすじは公式からです。

海からはなれ、久しぶりに陸を進むナルト、ヤマト、ガイ、アオバの前に
「木ノ葉隠れのうずまきナルト」を名乗る盗賊が現れた。
しかしその見た目は当のナルトには似てもに似つかない。
本人を前に正体がバレ、やぶれかぶれでナルトに戦いを挑む盗賊。
そこへ盗賊を追っているという忍者が現れた。

実はこのふたりは仲間で、出世を夢見て名前を売るため、あちこちで
自作自演の大捕り物を繰り返していた。
そんなこととはつゆ知らないナルトたちは、現れた男に盗賊の身柄を
渡し先を急ぐ。
だが、「盗賊・うずまきナルト」のウワサは思いのほか広がっており、
そのせいでナルトをかたるふたりは窮地に立たされる。



*******************************



有名税・・・実際にあるかもしれないお話でしたねえ。
偽ナルトを前にして大笑いしたガイ、アオバ、ヤマトの三人の絵が
面白くてそこだけじっくり見てしまいました!


ずっと一緒にいればもう「友達」。
「君に届け」と同じく素敵な友情話でしたが、逆にナルトとサスケの溝の深さを
感じますね。
ナルトに仲違いする”理由”は無くてもサスケには”理由”がある。
ナルトが水に流せてもサスケにはどうしても流せない憎しみがある。
二人はどうしたらいいのか、改めて考えさせられたような気がします。



次の海路まで陸路をいくナルト一行。
ガイ先生、嬉しそうですね!
でも、海路でなければ雲の国には上陸できないと知ってがっくり・・・。


行く手を阻んだ巨漢の棍棒男が名乗りを上げる!


「うずまきナルトとは俺のことよ!!!」

チーン・・・
爆笑するアオバたちが面白すぎます!!!


怒って名乗りをあげるナルト!

「俺が本当のうずまきナルト!」



どっちが本物か一騎打ちで戦う!
完全に傍観者を決め込むガイ先生たち。(笑)
当然、一撃で倒すナルト!


巨漢の男を縛り上げるとそこに役人風の痩せた男がやってきた。
自分は盗賊のナルトを捕らえに来たので引き渡して欲しいと
いう。
見た目、弱そうな男だが忍者マスターだと自画自賛する男に
疑問を持ちつつ、その場を離れるナルトたち。



実は二人組・・・巨漢のバンナと痩せた男のイギーは仲間で
ナルトの名を使って忍として自分達の名を上げようとしていたのだった。
実は農村の出なのに。
危ないことは止めようと諌めるバンナを足蹴にして命令するイギー。
たった一人の友達として恩を売ったことを忘れたのか?
幼い頃、いじめられていたバンナを助けてずっと一緒にいたのは誰か。



言われたとおり、うずまきナルトがこのあたりで盗賊をやっている、と
出かけるバンナ。
しかし、傭兵の忍の四人組が噂を聞きつけてナルトを捕まえることを
計画する。
木ノ葉の英雄を捕らえて、金をがっぽり稼ぐのだ!


行商の列が来たので仕掛けるバンナ!
が、その四人組がなんと傭兵忍者たちだった!
あっという間に拘束されてしまうバンナ。
駆けつけたイギーは不要ということで命を狙われてしまう。


バンナは必死にイギーの事を「農民出で自分を捕まえれば名を挙げられる
と考えて付きまとっているだけの無関係な奴」と嘘を言って庇う。
密かに笑顔を向けるバンナ。



置き去りにされたイギーは必死になってナルトたちを追いかけてくる。
役人だとか忍者マスターなら自分で何とかしろ、と突き放すガイやアオバ。
仕方なく真実を話すイギー。



が、友達一人救えない、都合よくバンナを利用していたイギーに
怒り心頭のナルトは拳一発!!!


「アイツは何なんだよ!!!」

「小さい頃からずっと一緒にいて、一緒に生きてきた!

それは友達じゃねーのかよ!?」



ガイがここで本物のナルトの居場所を明かすのは得策ではない、
急ぎの旅でもある、と出発を促す。
ナルトも手は貸せない、と背中を向ける。
「友達・・・」
うなだれるイギー。



連行されるバンナたちの列に起爆札が投げ込まれた!!!
イギー!!!

「仲間なんかじゃねえ!

こいつは俺の親友だ!!!」



何とかバンナの拘束を解いたイギーは本当のことを打ち明ける。
自分も苛められていて、バンナをからかうよう言われていたことを。
知っていた、と笑うバンナ。
それでもイギーは親友になってくれた。
分かり合うことが出来た二人だけれど、二人に危機が!!!



援護に現れたのはナルトたち!
イギーの話が本当かどうか確かめたかったから手出しはしなかったのだ。


「俺は今、猛烈に感動している!!!」


ガイ先生ー!
バンナをナルトと呼んで一世一代の大活躍!!!



一件落着して、自分たちは農村に帰ることを決めたと告げるバンナとイギー。
出航する木ノ葉の船を見送る二人。
親友の良さを実感するナルト。


「俺達もいつかあいつらみてーに。」


と言う事で、長くなるであろう夢を見たナルトでした。(苦笑)


次回は


木ノ葉丸VSテマリ!!!

勝負自体も楽しみだけどシカテマがあるかも!?







スポンサーサイト

category: NARUTO

tb: 2   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/383-3b8d8536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NARUTO疾風伝 233話「参上、偽?ナルト」

次の港まで久しぶりに陸地を進むことになり、ガイ先生も復活したようですね ただし雷の国までは陸地続きでないということで船に乗るまでまだまだかかるといわれ吐き気がw …ってまだ大分距離があるってこと...

Spare Time | 2011/10/21 22:27

SKET DANCE&疾風伝&マケン姫っ

はダンテ&キャプテンの回も ダンテ願掛け間違えで キャプテン早食リバースなり 両方とも凄く可哀想オチなんだよ

別館ヒガシ日記 | 2011/10/22 13:04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。