おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NARUTO疾風伝#471「鬼鮫という男」感想  

忍の生き様は死に様で決まる。
鬼鮫、最期の選択。



「鬼鮫という男」


あらすじは公式からです。

ガイとの激闘の末、ついに捕らえられた鬼鮫。
アオバはその鬼鮫から“暁”の情報を抜き取ろうと記憶の中へと入り込む。
かつての鬼鮫は、霧隠れの里で、仲間殺しなど裏の仕事をこなしてきた。
仲間にとって敵なのか味方なのか、どこに向かっているのかもわからない
自分を「偽りの存在」であると考えていた鬼鮫は、密かに霧隠れに潜入
していたマダラに誘われるまま、“暁”のメンバーとなる。 
そして、自分と同じ同胞殺しのイタチとコンビを組むことにするのだが、
鬼鮫の心には、いつかイタチの言った一言が印象深く残っていた。



********************************



時代劇でも、使命を帯びた忍は生きて帰ってこそ、と言われますね。
失敗を悟った時点で後はいかに敵に情報を漏らさず、存在を消すか。
シビアな忍の生き様が鬼鮫によって語られました。


カカシ先生の至言・・・

「チームワークを守らない奴はクズだ。」

というのはNARUTOが持つ少年漫画故の甘さであって
そこはとても好きな部分です。
けれど大人になればもっと清濁あわせもって生きて
いかなければならない。


騙し、裏切り、仲間を手にかける。
鬼鮫は忍の厳しさを改めてナルトに教えてくれたのではないでしょうか。
だからこそ、ナルトはこういう理不尽な仲間うちの争い、
突き詰めるとサスケとの争いを止めたいと思うのですよね。
それは世界を広げて忍連合にもつながっていく。



「昼ドラ!?」


ドロドロ・ネーミングじゃなくてただの正拳とは驚きです!
青い汗が蒸発する!
気弾と思った鬼鮫はガイによって倒された!


戦いは三度目。
やっとガイも名前を覚えましたかねえ。


「動くなと言ったはずだ!」

相手は霧隠れの怪人と言われた忍、情けは無用ですね!



ヤマトの木遁で拘束した鬼鮫から情報を引き出す。
滅多にないチャンスにアオバはいのいちさんほどではない、と言いながら
鬼鮫の精神世界に入っていく。


霧隠れの暗号部の護衛として任務に就いた鬼鮫。
上司の西瓜山 河豚鬼(すいかざん ふぐき)が最初の鮫肌の持ち主ですね。
(名前を憶えている息子、どんだけー!?)


慣れ合わない鬼鮫。
暗号部の忍を生きて敵の手には渡さない。
護衛の裏に隠された本当の任務はそれだから!


木ノ葉のイビキたちと戦闘になる鬼鮫たち!!!
護る人数が多すぎる!と鬼鮫は仲間も構わず起爆札を使って
口封じをしていく。
瀕死の仲間はもちろん、その手にかけていく。
唯一、親しく声をかけてくれたくのいちでさえも。



「仲間殺し・・・

それが私の専属任務ですから。」




崖から一人、里に生還した鬼鮫の仕事は敵に内通したと思われる西瓜山だった!
依頼したのは四代目・水影のやぐら!
だが、彼の背後には何者かがついていた。
汚い任務をこなしてきたお前はこの世が偽りでしかないと知っている。
だから信頼している。


里も、上司も偽りの姿。
もちろん、自分も。
どこへ行けばいいのか、それすらもわからない。


「お前の居場所を作ってやる。」


そうして鬼鮫が協力関係を築いたのはうちはマダラ!
月の眼計画にこそ、真実がある。
それに賭けたのだった。


マダラの姿を追うアオバだが、鬼鮫が舌を噛み切って自力で意識を
回復してしまう!!!
真実だけの世界に行ってみたかった。


ヤマトの木遁を破壊して、水牢の術で己を囲む鬼鮫!!!


「イタチさん、あなたの言ったとおりですね。」


暁に加入して同じ同朋殺しをした経歴を持つイタチと組むことにした鬼鮫。
けれど同じ同朋殺しでも求めるもの、生き様が違うと言いたげなイタチ。


「行き場所も決められないゴロツキ、違うか?。」


自分は稚魚で生まれた鮫と同じように共食いをして生きてきた。
自分を警戒するよう笑う鬼鮫に写輪眼で対抗するイタチ。


「仲間を手にかけた人間はろくな死に方をしないものだ」


イタチの言葉をよく覚えていた鬼鮫。
自分が何者なのかは死に際になってやっとわかる。


水牢に囲まれながらその言葉をかみしめる鬼鮫。
サスケとの勝負に敗れたイタチもそうだったのか?と。


「ろくでもない人間・・・でもなかったようですよ。」


水牢の中で口寄せした鮫に己の身体を食わせる鬼鮫!!!
逃げられないと悟って情報を引き出されることを拒んだ結果に
驚きを隠せないヤマト。
敵ながらあっぱれ、とやっと名前を心に刻みつけるガイ。(苦笑)




残された巻物の中身を確認しようとガイが開くとなんと水牢の術が発動する!!!
それぞれ鮫入りの水牢に囚われるナルトたち!!!
体力が残っていないガイ。(笑)


外にこぼれた巻物は鮫が加えて大海に去ってしまった!
情報を死守すること、成らず!!!




ということで、鬼鮫のほうが一枚も二枚も上手でした。

「ろくでもない死に方」なのでしょうけど、鬼鮫にも忍としての
プライドがあった。
もっと腐っていたなら自分が生き延びることだけを考えて
巻物の代わりに命乞いをしていたか、なんとしても逃げおおせる
考えでいたでしょうね。


自分にどんな存在価値があるのかは人生、終わる時でしかわからない。
イタチ兄さん、達観しているなあ。
もちろん、うちはの同朋を手に賭け、木ノ葉から出奔した時から
己の人生は罪にまみれ、秘かにサスケを守ることだけを考えて
きたわけだよね。
それ以外は何をやっても罪なのだから・・・。
泣ける!!!

泣けるCM,イタチ兄さん編!!!
何度もリピートしてしまいました!!!


やぐらヴォイスは子供・四様に続いてまた入野君!
人柱力が後で集まる時も同じですかね♪
六尾・・・鈴も期待してます。







スポンサーサイト

category: NARUTO

tb: 4   cm: 4

コメント

こんばんは!

おぼろさんこんばんは!
遅ればせながらブログ8年目突入おめでとうございますv-315
自分もおぼろさんを見習って細々長々続けたいです?
…たまにくじけそうになるときもありますが(笑)

鬼鮫の死に様は凄惨でしたがまさに忍を表現していたなと
ナルトと違うのは暗い時代を生きてきたからですよね…
絶対に馴れ合わず任務達成のためならばな精神は圧倒されます(汗)
暗号部とのやりとりが追加されてたので尚更強調されてたのかなと…

>上司の西瓜山 河豚鬼(すいかざん ふぐき)
あ、情報ありがとうございます!
すっかりEDもチェックし忘れてたので(笑)
どんな名前だったっけ?と調べても中々ピンポイントであたらず~
それにしてもばっちり覚えてる息子さん、さすがですね!!

>イタチ兄さん、達観しているなあ。
イタチ兄さんてホント昔から凄く物事を深く捉えてたんだなと
それもこれも全部がサスケのためであって自分やまわりは二の次だと
思うとどれほどの覚悟を持っていたのかなあと…(涙)
全ての罪を背負って憎まれ役を貫くなんて並大抵の覚悟でできることじゃないですよね
でもやっぱり最後まで見守っていてほしかったなと思わずにいられません
ではでは、お邪魔しました!

URL | 李胡 #POQ5NLzM
2012/02/25 00:23 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2012/02/25 07:55 | edit

Re: 李胡さんへ

こんばんは!

>ブログ8年目
ありがとうございます!
細々長々ですよね。(笑)
仕事や家のこともあるのでできる時に、ですねえ。

> 鬼鮫の死に様は凄惨でしたがまさに忍を表現していたなと
> ナルトと違うのは暗い時代を生きてきたからですよね…
> 絶対に馴れ合わず任務達成のためならばな精神は圧倒されます(汗)
> 暗号部とのやりとりが追加されてたので尚更強調されてたのかなと…

カカシ先生も言っていましたが、良い時代ではなかった、と
いうことですよね。
命のやり取りは確かにあるけれど、ナルトには同じ忍の世界を
歩んで欲しくはない、その体現者でもあったのだと感じました。
と、同時に任務に対する使命感、というのは刻まれたでしょうねえ。

> >上司の西瓜山 河豚鬼(すいかざん ふぐき)
> それにしてもばっちり覚えてる息子さん、さすがですね!!
こんなことよりももっと漢字の一つでも覚えて欲しいですよ!(爆笑)

> イタチ兄さんてホント昔から凄く物事を深く捉えてたんだなと
> それもこれも全部がサスケのためであって自分やまわりは二の次だと
> 思うとどれほどの覚悟を持っていたのかなあと…(涙)

とにかく幼い頃から才能にあふれていたので、あちこちの任務に携わって
”死”というものに直面してきたんでしょうねえ。(涙)
それでサスケにはどう思われようと生きて欲しい、と・・・。


> 全ての罪を背負って憎まれ役を貫くなんて並大抵の覚悟でできることじゃないですよね
> でもやっぱり最後まで見守っていてほしかったなと思わずにいられません

誰かに理解していて欲しいと普通なら思いますよね。
とにかくサスケには思いを理解して欲しい、イタチ兄さんも望むのは
それだけだと思います。

URL | おぼろ. #-
2012/02/25 22:11 | edit

Re: わに庭 さんへ

すみません!
昨日、今日とパソが空いていなかったり、出かけたりで作業が遅れて
ます。
後程、お伺いさせていただきますね♪

URL | おぼろ. #-
2012/02/25 22:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/479-95c72bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NARUTO疾風伝#471「鬼鮫という男」、つか、サメ描写について!

神回であったSP、「ありがとう」 泣くわと思ったらやっぱ泣いたわ! つか、じわっと来た途端にCM「豆しば~」はやめて欲しかったわ! もうちょっと間が欲しかった! で、#470、 この鬼鮫とガイのバトルは、好きなんだけど~ 神回の次だけに、とても残念。 つか、私と…

無菌室育ち | 2012/02/24 19:23

マレーシアに勝利&D×D&疾風伝

 は予選戦4対0と アウェー勝利したがミス多く 最終戦に勝利し行くよ

別館ヒガシ日記 | 2012/02/24 20:58

NARUTO疾風伝 251話「鬼鮫という男」

鬼鮫VSガイ先生の戦いもついに決着!! …最近のナルティCMは名台詞ばかりでうっかり飛ばせません イタチ兄さんのデコトンシーンとあの台詞はヤバイ(涙) 大鮫弾に対し昼虎を放ったガイ先生の技を間近で見た...

Spare Time | 2012/02/25 00:05

◎NARUTO-ナルト-疾風伝第471話「鬼鮫という男」

ヤマト:ガイさんのヒルドラ→どろどろしたネーミングだってばよ。ガイがキサメを倒して、密書を奪う。キサネ:さっきのはチャクラじゃないのですか?ガイ:ただのセイケン。チャク...

ぺろぺろキャンディー | 2012/07/13 15:18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。