おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NARUTO疾風伝#480 放送10周年4週連続特別企画「離別」感想  

つながりがあるから苦しいんだ。
もっとも親しい友になったお前よりも力を!




「離別」

あらすじは公式からです。

木ノ葉を抜け、大蛇丸のもとへ向かってしまうサスケ。
仲間だと信じ、命がけで助けようとそれを追いかけるナルト、シカマル、
チョウジ、キバ、ネジたちの5人だが、大蛇丸の使いである音の四人衆が
それを阻止しようと立ちはだかる。

サスケのために傷つき倒れてゆく仲間たちの想いを胸に、サスケに
追いついたナルト。
ナルトは友であるサスケを止めるために。
サスケはさらなる力を手に入れてイタチへの復讐を果たすために。
終末の谷で、2人の想いが激突する!!



*********************************



君麻呂@モリモリ!

久しぶり!ってそこですかー!?
いえ、四様が決まる前は君ちゃんでしたものね。
懐かしかったです♪


ナルトVSサスケ、奪還篇のクライマックスでした。
呪印を受けて、必死に呼びかけても答えず走り去ってしまった
サスケを見るナルト・・・まだ信じられなかったんですよね。
まさかサスケが里抜けなんて。


そして終末の谷での勝負。
本気で自分を殺しに来た!
イタチが言った言葉。


「もっとも親しい友を殺すことだ。」

万華鏡写輪眼への開眼。
けれどイタチは後でナルトこそ、弟の真の理解者だと
確信するわけですよね。
サスケがもしも、ここでナルトを倒してしまっていたら、
とも思いますが、イタチは九尾の力を宿したナルトがそんなに
簡単にサスケに倒されることはないと、それもわかっていたのでは
と思います。


サスケのために、木ノ葉の仲間たちが結集する!
シカマルの「木ノ葉流」の檄は何度、聞いても感動します。
サクラちゃんの頼みのところはまるっとカット。
(それで良かったかも。←コラコラ!)

皆の決意を聞いて感動するナルト!
そして一人一殺の覚悟。
チョウジ、ネジ兄さん、キバ、シカマル。
この時は上忍も出せない状況だったから砂の援護を綱手が
受け入れてくれたんですよね。
我愛羅VS君麻呂をもう少し見たかったですが、本筋じゃ
ないですからねー。(苦笑)


向かい合うライバルであり、友であり、敵!!!

「友達だと思っていたのは俺だけだったのかよ。」

水しぶきと涙が入り混じるナルト。
「友達だった」・・・今から、真の復讐者となり力を手に入れる。
アイツを倒すために!!!
サスケの決意は例えば銀魂の銀さんが聞いたら


全部背負う覚悟も無い奴

になるのかもしれないけれど、サスケはまだまだ経験値が無くて
ナルトとちゃんと正面から向き合わない、復讐に逃げているんだよね。
己のプライドを守るために。


そしてエピソードはサスケ奪還が失敗したところで終わります。
その後、サスケはマダラからイタチの真実を聞かされ、力を木ノ葉に
向けていくわけで・・・。
自分のプライド云々から兄の復讐に一直線に進んでいく。


大蛇丸、カブト、マダラ、とつくづくサスケは人にも恵まれていない
ですよ。
せめて鷹のメンバーはね、とふとサスケの行く先を想像したりして
みました。


次回はついに

我愛羅、立つ!!!


正座してお待ちしてます!!!








スポンサーサイト

category: NARUTO

tb: 3   cm: 2

コメント

こんばんは!

おぼろさんこんばんは!
復讐を誓ったサスケは痛々しい限りですね(汗)
自分の気持ちやナルトと向き合わず力を求めていった
結果憎悪の矛先が木の葉へと向いてしまいなんとも…
利用しあっていた大蛇丸陣営とは違いなんだかんだと一緒に
ついてきてくれていた鷹メンバーのことも思い出してほしいです

>シカマルの「木ノ葉流」の檄は何度、聞いても感動します。
中忍として受けた任務は失敗に終わってしまうわけだけど
仲間を思いやっているシカマルの火の意志見せてもらったなと!
シカマルはここからぐんぐん成長してくのがまた凄いですよね
あ、サクラとのやりとりはカットでよかったと自分も思っちゃいました(ぁ)

>大蛇丸、カブト、マダラ、とつくづくサスケは人にも恵まれていないですよ
ナルトと違ってサスケは…と比較してしまうところも(汗)
こういう人達から受ける影響も大きかっただろうし、精神的に
も肉体的にも未熟なサスケはやはり感化されてしまったところもあるだろうなと
次、対峙するというときにはナルトとちゃんと向き合っての決着をつけてもらいたいですね;

来週は我愛羅@石田さんの演説シーンが楽しみです♪
ではでは、お邪魔しました!

URL | 李胡 #POQ5NLzM
2012/04/26 23:57 | edit

Re:李胡 さんへ

こんにちはー♪

> 復讐を誓ったサスケは痛々しい限りですね(汗)
> 自分の気持ちやナルトと向き合わず力を求めていった
> 結果憎悪の矛先が木の葉へと向いてしまいなんとも…
> 利用しあっていた大蛇丸陣営とは違いなんだかんだと一緒に
> ついてきてくれていた鷹メンバーのことも思い出してほしいです

結局、気持ちが無ければだれもついてこない、という事ですよね。
鷹のメンバーを見て、木ノ葉をサスケには思い出して欲しいです。
俺の気持ちなんてわかるはずが無い、と拒否するよりも少しずつ
受け入れて欲しいです。

> 中忍として受けた任務は失敗に終わってしまうわけだけど
> 仲間を思いやっているシカマルの火の意志見せてもらったなと!
> シカマルはここからぐんぐん成長してくのがまた凄いですよね
> あ、サクラとのやりとりはカットでよかったと自分も思っちゃいました(ぁ)

シカマルの戦略が無ければあそこまで追いすがれなかったと思います。
成果はおっしゃるように失敗でしたが、上忍がやる任務をあそこまで
素晴らしかったですよね!
サクラちゃん・・・まあまあ、ゆっくり休んで、みたいな!?(笑)

> ナルトと違ってサスケは…と比較してしまうところも(汗)
> こういう人達から受ける影響も大きかっただろうし、精神的に
> も肉体的にも未熟なサスケはやはり感化されてしまったところもあるだろうなと
> 次、対峙するというときにはナルトとちゃんと向き合っての決着をつけてもらいたいですね;

そうですね。
四代目とクシナがいないナルトとイタチが残っていたサスケと。
もう少しうまくやれればよかったのに、と思います。
サスケはまずナルトを同じステージにあがる忍と見て欲しいですね。

>来週は我愛羅@石田さんの演説シーンが楽しみです♪
気合を入れてみます!!!

URL | おぼろ. #-
2012/04/27 18:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/617-ec5fcec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NARUTO疾風伝 260話 放送10周年4週連続特別企画「離別」

里を抜けたサスケを迎え入れるべく待ち構えていた音の四人衆―― その凶報はナルトにも伝えられ、大蛇丸が関与している可能性から連れ戻すのが任務 着替えを済ませ集合し早速向かおうとするナルトを諌めその前...

Spare Time | 2012/04/26 23:58

疾風伝&めだかボックス&FAIRY TAIL

は最後の編だが VS激しい闘いだけど 再放送も映像は綺麗な状態だし 次は待望...

別館ヒガシ日記 | 2012/04/28 13:38

◎NARUTO-ナルト-疾風伝第480話「離別」

サスケは里を抜けることに。ウコン:今までのご無礼をお許しください。〓翌日シカ:ナルト、サスケが里を抜けた。連れ戻すのが任務だ。そして、5人集める。シカ:サスケは好きじゃ...

ぺろぺろキャンディー | 2012/09/20 23:13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。