おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NARUTO疾風伝#492「ミフネVS半蔵」 感想  

選ぶのは信念か、生き延びることか。
因縁の戦い、再び!


「ミフネVS半蔵」

あらすじは公式からです。

森を逃げる奇襲部隊員たちを蘇ったチヨバアと君麻呂、半蔵らが追撃する。
一気にケリをつけようと半蔵が放った毒をくらい追い詰められるカンクロウ
だが第五部隊の侍と共に侍頭領ミフネが助太刀に現れる。
かつては圧倒的な差でミフネを打ち負かした半蔵だが、今は全く太刀打ちする
事ができない。
それは“貴殿が己の信念を曲げたからだ”と言うミフネの言葉に半蔵は
かつての自分を思い出し、侍と忍、互いの信念と信念を懸けた熱き思いが
火花を散らす。


***********************************



忍と侍の信念。

持っている刀は己の心。
鈍かどうかは持ち主の心にかかっている。


忍達が一つにまとまり世の中が変わろうとしている。
侍の国の長、ミフネもその流れに乗ることにしましたね。
かつて手練れの忍と戦ったことがある故の決断でしょう。
そして再会。


ラブリー、チヨ婆様!!!

君麻呂が大蛇丸の思いを遂げることにいまだ執念を燃やして
いるのに対し、自分はもう死人で、封印されるべきと悟りきっている
チヨ婆様の言動が面白いです!
(もちろん、婆様たちが死んでいることは悲しいのですよ!)


カンクロウ達、情報部隊が追いつかれた!
援軍に来たのは特殊部隊、ミフネたち侍の一団!
毒霧に苦戦していたカンクロウ達は危機一髪です。
半蔵を見つけ、勝負を仕掛けるミフネ。


主無き侍が忍に組するとは・・・。
半蔵の言葉に反論するミフネ。
忍に組しているのではない。

「和でござる。」


半蔵の口寄せ動物、山椒魚のイブセの欠点をペラペラしゃべるチヨ婆様、ナイス!!!



かつては自分も五大国をまとめる、そんな夢があった。
が、激しい戦いの日々、そんなものは無いと諦め、侍よりも
融通の効く忍へと時代は移っていった。


淘汰されれば何も残らない。自分のように・・・。
そうではない。


「人は刀そのものだ!」

人を突き動かすのは信念。
信念があれば名刀黒澤のように残っていくものなのだ!
ミフネはそう主張する。



かつて二人は一度、手合せをしていた。
在りし日の半蔵は強かった。
なのにミフネはなぜ、生きている?


「貴殿ほどの忍がその事に気づかないとは。」


強かった半蔵がすでに死んでしまっている理由を覚るミフネ。
そう、ダンゾウと組んで弥彦たちを裏切ったのが半蔵だった
んですよね。
あの三忍を認めるほどの偉大な忍だった半蔵が、ペインに
あっさりやられた。
己の保身ばかりを考える半蔵にかつての輝きは無かった・・。


居合切り!!!

ミフネの刀が冴える!!!



己の体内に毒を埋め込んだ半蔵は常に死と隣り合わせであるが故に
己を磨き続けてきた。
スキを作るわけにはいかない。


若き日のミフネを倒した半蔵だが、仲間の盾となったミフネに”信念”を
見て助ける半蔵。
夢をかなえることができるかどうか。
確かめるはずの半蔵が信念を失い、ミフネは言葉に従って信念を貫いた。
鈍になっていたのは半蔵だったのだ。


「・・・ミフネ 貴様にワシの信念を託す!」


カブトの指令に抗い、己の腹を裂く半蔵。
取り戻した信念を見届け、封印するミフネ・・・。
ちゃんとした場所に葬ってあげよう。



ということで・・・
忍は金で雇われ、命を削っていく使い捨ての道具ではあるけれど
誇りを持って戦ってこその強さだったのですね。
弥彦の過去話で登場した半蔵の生き様は時代に流されたものだったけれど
そうせざるを得ない忍はきっと多くいたことでしょう。


夢をかなえるために。
忍連合の皆さんは誇りを胸に戦って欲しいですね!


大物対決だっただけにもちっとバトル・シーン、気合プリーズ・・・
次回、1時間SPでファイト!


劇場版、好評のようですね!
早く行きですわ♪







スポンサーサイト

category: NARUTO

tb: 3   cm: 2

コメント

こんばんは!

おぼろさんこんばんは!!
劇場版に人が割かれてるにしてももうちょっとバトルシーン
なんとか頑張って欲しかったです~
ミフネのスピード感とか楽しみにしてたのに再現されなくて
残念だったり作画もいまいちでいまいち盛り上がれず…(苦笑)
…来週の一時間SPのために英気を養ってことでしょうか(ぁ)

>そうせざるを得ない忍はきっと多くいたことでしょう
時代も時代で荒んでいたしやむをえずなところもあったでしょうね
里長でなければ割り切らなければならない状況も…
ということだったけれど、ミフネとの対峙で信念を貫こうと
した過去を思い出し自決した半蔵が最後に誇りを取り戻せたんだなと
来週は十班の一時間SPということでタオル用意ですかね
予告の過去シーンで早くもヤバそうです(苦笑)
ではでは、お邪魔しました!

URL | 李胡 #POQ5NLzM
2012/08/03 22:29 | edit

Re: 李胡 さんへ

こんにちはー♪

> 劇場版に人が割かれてるにしてももうちょっとバトルシーン
> なんとか頑張って欲しかったです~
> ミフネのスピード感とか楽しみにしてたのに再現されなくて
> 残念だったり作画もいまいちでいまいち盛り上がれず…(苦笑)
> …来週の一時間SPのために英気を養ってことでしょうか(ぁ)

バトルアニメなので、そういう部分に力を入れなくてどうする!と
思います。
紙芝居なら原作で十分なんですよね。(苦笑)

多少、キャラがいまいちでも毎回、うならされる某バスケ・アニメを
見習ってほしいです。(笑)

> >そうせざるを得ない忍はきっと多くいたことでしょう
> 時代も時代で荒んでいたしやむをえずなところもあったでしょうね
> 里長でなければ割り切らなければならない状況も…
> ということだったけれど、ミフネとの対峙で信念を貫こうと
> した過去を思い出し自決した半蔵が最後に誇りを取り戻せたんだなと

ナルトも我愛羅も夢をあきらめていない、だからこそ、半蔵の変節は
昔を知っているミフネには痛い事だったのでしょうね。
半蔵の気持ちも行動も分かるけれど、誇りだけは失って欲しくなかった。
ミフネの気持ちが伝わって良かったです。

> 来週は十班の一時間SPということでタオル用意ですかね
> 予告の過去シーンで早くもヤバそうです(苦笑)

十班話はどこも良いですよね!
正坐して待ちたいと思います!

URL | おぼろ. #-
2012/08/04 17:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/772-f3d1fb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SKET DANCE&疾風伝&東野圭吾ミステリーズ

8月3日 SKET DANCE&疾風伝&東野圭吾ミステリーズ アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTB

別館ヒガシ日記TB用 | 2012/08/03 21:12

NARUTO疾風伝 292話「ミフネVS半蔵」

敵の追撃部隊から襲撃されていると報告を受けた奇襲部隊のため第五部隊を救援に向かわせる! 第五部隊隊長のミフネ回想シーンが追加されてましたね、忍連合に参加する前の出来事 一

Spare Time | 2012/08/03 22:30

NARUTO―ナルト― 61 (ジャンプコミックス) |岸本 斉史

NARUTO―ナルト― 61 (ジャンプコミックス)岸本 斉史集英社 刊発売日 ...

あれ欲しい | 2012/08/05 17:24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。