おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

劇場版NARUTO「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」感想  

7月末から公開されているNARUTOの「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」
を見てきました。


映画公式HPはこちら♪

あらすじ:
十数年前、木ノ葉隠れの里を守るため、ナルトの父母は命と引き換えに
息子・ナルトに九尾を封印。
時は流れ、ナルトの前に死んだはずの忍の集団「暁」が現れる。
迎撃には成功するが、喜んでくれる家族がいないことにナルトは一抹の
寂しさを感じていた。
すると突如、仮面の男が出現。男の繰り出す瞳術が、ナルトとサクラを襲う。
(シネマトゥデイより)


***********************************




二時間、ずっと涙目!!!


本作では修行の過程でしか会えなかった両親ですからねえ。
幻術世界で何でもOKと分かっていても、もしも二人が生きていたら
こんな家庭だったんだろうなあ・・・そう、思うと切なさMAX!でした!


四代目が登場した劇場版は NARUTO -ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー(2010年)が
ありますが、そこではいずれ親子になる二人のふれあいについては消化不良で
感想もいまひとつでしたねえ。


劇場版「NARUTO疾風伝 ザ・ロストタワー」感想


今回のテーマはタイトルにあるようにROAD TO NINJA ・・・
「忍って何なんだ?」です。


師の自来也が言った名言、


忍び耐えるものだ


から始まったこの物語。
家族、忍、誇り、全てが凝縮された素敵な作品でした。



☆ナルトの孤独


本作でも良く描かれているナルトが家族がいない寂しさを表すシーンですが、
きっしー先生もおっしゃっていたように(入場者特典DVDより)意外と
さらっと描かれていて、今回のように拗ねるナルトとかあまり見ないんですよね。


里の周辺に現れた暁(マダラの幻覚によるもの)を撃退して、木ノ葉の皆さんは
家族から上忍になる嘆願書を出してもらうのだと言う。
家族がいないナルトは一楽ラーメンにイルカ先生を呼んで、お願いするけれど
まだ中忍にもなっていないのに!と撥ね付けられてしまう。
ここのイルカ先生は正論なんだけど厳しいよね。(汗)


ナルトが頼んだラーメンにはナルトもお店が切らしてしまいメンマが山盛り!!!

顔岩じゃない家族に迎えてもらいたい。

そう思う事もある、と拗ねるナルトを叱るイルカ先生。
ナルトの気持ちをここはもちっと分かってあげて欲しいなあと
思ったり。イルカ先生だって同じ気持ちだったはずですからね。
一楽ラーメンを飛び出すナルト。



逆にサクラは家族にあれこれ言われていて家を飛び出してしまう。
公園で家族の不満をぶちまけるサクラは相変わらずですね。(苦笑)
そう言ってくれる家族がいるだけでナルトにはうらやましいことなのに
自分の事しか見えていない。


ナルトが反論しようとした時、マダラが現れて限定月読の世界に二人は
飛ばされてしまう!



☆限定月読の世界


アニメOPでも流れている正反対の性格、仕様になってしまった木ノ葉の
皆さん!!!
ヒナタの変化が一番、ショックではあるのでしょうが私には


エ☆ロ・ネジ!!!

白眼で女湯を覗こうだなんてーーー!!!
ちゃらいサスケまでいてサクラにとっては美味しい世界♪


ともかく、ここは似て非なる世界。
なんとサクラの父は火影でもう亡くなっていて顔岩になっている。
サクラは英雄の子扱いだけど一人暮らし。

困った二人は火影=綱手に会いにいくけどそこに現れたのは

ミナト&クシナ!!!


しかもナルトは二人の子供”メンマ”だった!!!

雪の国の尾獣を奪われる=それを奪った敵を倒すための書物『朱月の書』を
命がけで持ち帰った自来也が封印した場所に取りに行く任務に同行させて
もらうナルトとサクラ。
多分、マダラが絡んでいると思われるから。
でも、この世界では誰もマダラのことは知らなかった。


じらちゃんの封印を解いて巻物をゲットするシーン・・・

ミナトがかっこいい!!!


二人が師弟だったことはこの世界でも同じようですね。
封印はじらちゃん本人かミナトでなければ開けない。
阻止しようとするガマ親分や雨あられと降ってくるカエルの
皆さんがカラフルで可愛かったです♪


飛び出したナルトを庇ってクシナが足に火傷を負ってしまった!
どんなに優しくされても「あいつらは偽物」・・・ナルトの歯がゆさや
いら立ちが伝わってきます。
が、平手をうち本気で叱ってくれるミナト、力いっぱい抱きしめてくれた
クシナに涙して、心を開いていくナルト。
そう、ここには欲しかったものが全部、ある・・・。


サクラは誰もいない部屋であんみつを食べ放題。
でも、ナルトの孤独に気づいていくんですね。
あのサスケだって”本当の”サスケじゃない。けど・・・
次の任務は月が朱く染まる夜。
家族の生活を満喫するナルトと孤独なサクラのすれ違い。


しかし、里は尾獣を奪った仮面の男が『朱月の書』を狙ってきて
破壊されてしまう!!!
仮面の男はマダラではなく、サクラが人質に!



☆家族の誇り


サクラを助けに行こうとするナルトを止めるミナトとクシナ。


息子を危ない目に会わせたくない。

ここでナルトは本当の両親と実の両親の決定的な違いを実感するんですね。
命を賭けるほどの大事な事とは・・・それとも、家族?
で、またあの四様とクシナの最期のシーンが!!!(号泣!!!)


「俺たちは忍だ!」


里を捨てることは家族を捨てること、そう決めて二人が命がけで
里を守ったことを思い出したナルト。
自分はメンマではなくナルトだ、と言って二人に背中を向けるナルト。
サクラが家にあった「四代目火影」の羽織を持ってきていたのを
着て出発するナルト!!!
両親の誇りがその羽織にあると実感した良いシーンでした。


サクラも同じように英雄が守った里を失う事はできない、と抵抗。
が、仮面の男&人面獣は強い。
サクラが捕えられている修練の場所でナルトはマダラを発見するが
もう一人の仮面の男はなんと

この世界のナルトだった!!!

九尾を宿しているが故に互いに違和感を感じていた!
圧倒的な力を見せる黒ナルト!!!
援護してくれたのはなんと暁!!!

ぎゃぼー!!!暁が味方なんて!!!


火影が雇った傭兵部隊!!!
マダラも発動した後は制御できない限定月読の世界!
吹き飛ばされたナルトを助けるサソリ!(しゃべってくれなくて残念!)
空中戦で朱雀と戦うデイダラがかっこ良すぎます!!!
もう一度、動いて戦う鬼鮫、飛段が見られたのもグッジョブ!


助け出したサクラの護衛をするのはイタチ!!!


くー!!!私も腕を掴まれたい!!!(おバカ)


不利になったナルトを手助けしてくれたのはなんと九尾だった!!!
マダラが気に入らない。
その一点で合致したナルトと九尾、共闘!!!


修練の場の地下の湖面で戦うシーンは迫力十分!!!
良いバトル・シーンでしたねえ!
さらに援護に駆けつけたのはなんと


ミナトとクシナ!!!


「他人とは思えなくて・・・。」
ミナトが使うクナイを目印に応援に来てくれたのだった。
皆の想いを結集して戦うナルト。
里を守りたい・・・

じらちゃんとのアイス・ポッキンのシーンに涙!!!

両親はいないけれど、満たされるものをもっと、もっとナルトは
受け取っていたことに気付く。


黒ナルトに勝利!!!
力を失った黒ナルトは・・・なんとメンマ!!!
駆け寄ってメンマを抱くクシナ。


その光景を切ない表情で見るナルトだが、身体から光が・・・!
サクラの身体からも光が出る。
この世界で出会えた両親からも素敵なものをもらった。
お礼を言って消えるナルト・・・。



気付くと公園に立っていた二人。
マダラは九尾を月読世界で手に入れようとしていたみたいだったが
それは失敗した。
今はまだ・・・と姿を消すマダラ。



心配して追いかけてきた両親に抱き着くサクラ。
それを温かい目で眺めるナルト・・・。
帰れば一人の部屋。
けど、灯りが付いてる?


待っていてくれたのはイルカ先生!!!



ということで・・・今週のアニメとセットで見るとイルカ先生とナルトの
絆の強さを再認識して、またまた涙のラストでした!




単純に強い敵と戦うナルトが見たい、ということであれば家族への思慕や
うらやましさに揺れるこの作品はホーム・ドラマ過ぎるのかもしれませんが
逆に家族への想い、両親への敬慕が希薄になりつつあるこの時代、強さは
戦う事だけでないことを知って欲しいですね。



忍として生きた四代目とクシナの誇りと愛、息子を大事にしたあちらの
世界のミナトとクシナ。
どっちが正しいのか、ではなく、ナルトが持つ夢にきちんとリンクして
いたのは四代目とクシナだった。
きっと顔岩の四代目はナルト君には今までと違って見えるはず。
両親を誇らしく思えるナルトでいられるのでしょうね。



アニメで先に放映された「ROAD TO サクラ」。(笑)
入れ替わって飛ばされてしまっていたんですよね。
胸にかけたペンダントはきっとサクラにも顔岩になった
父の誇りをよみがえらせてくれたのでは、と思います。


特典DVD、きっしー先生、顔を隠していらっしゃいましたが
NHKの「朝いち」では顔出しでしたよね。
漫画と家族で自分は生きている。
言葉どおりの作品ができたようです。


編集部から映画の全面協力について・・・

「皆、やってるよ。」

どこまでもこき使うーーー!!!(爆笑)
まあ、先生も映画が好きでいいお仕事ができたとおっしゃってましたので
また楽しい作品をお願いします。


スポンサーサイト

category: NARUTO

tb: 2   cm: 1

コメント

No title

ナルトには本当に何が確かだったの
悟っただろうな。

URL | ミント #oJbzgH2U
2013/01/11 15:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/788-4d152a7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」

家族の温かさを、知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208110002/ ROAD TO NINJA-NARUTO THE MOVIE-Original Soundtrack高梨康治 刃-yaiba- アニプレ...

日々“是”精進! ver.F | 2012/08/18 16:15

劇場版NARUTO ROAD TO NINJA見てきました!

我愛羅が出ないのは知っていましたが! 今年の劇場版は、岸本先生が「自ら描く!」ってことだったんで、 それは見ないと!と。 感想…辛口かも知れません! 手放しで絶賛はできませ

無菌室育ち | 2012/08/18 20:05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。