おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アクセル・ワールド #20「Domination;支配」感想  

もうあの頃の自分とは違う。
戦って取り戻すんだ!


「Domination;支配」


飛行アビリティに加え、回復アビリティを持つチユまで失ってしまった
ハルユキ。
チユの真意を確かめようとするハルユキとタクムだが?



************************************



ハルユキは本当に強くなりました。
こんなひどい事は今までいくらでもあった。
笑うな、泣くな。


強くなれた理由・・・自分を信じてくれる黒雪姫とタクムの存在が
あるからですね。
そして応援してくれたバーストリンカーたち。
アッシュローラー、スカイレイカー・・・赤の王。


学校生活がどんなに辛いものでも、ハルユキにはそこが全て、では
なくなっている。
もちろん、仮想世界では何の力も無い、と思いますが、世界の広がりが
ハルユキを救ってくれた。
確かに真実も存在しているから。


リアルでも、特に学校では多くの友達はいらない、一人だけ理解してくれる人が
いればいい、と言います。
世界を広く持ちたいですね。




「シトロン・コール!」


ダスクテイカ―を回復させるチユ=ライム・ベルの行動が信じられない。
が、目の前のダスクテイカ―は優越感に浸る。
タクムが怒りのままに仕掛けるが、心意の腕にバラバラにされてしまった!


どこからか憎悪の心がハルユキからあふれ出す!!!


「壊して喰らえ・・・!」


しかし、そこでハルユキもタイム・アップ。


体育の時間に戻ったハルユキはタクムに制止されて、能美への逆襲を
踏みとどまる。
ソーシャル・カメラの死角でチユリを問いただす二人だが


「能美と組むことにしたの。」

チユリは自分から能美の専従ヒーラーになるからポイントを
分けて、と申し出てと言うのだ。
信じられないハルユキとタクム。
三人で一緒・・・それがチユリの願いだったはずなのに。



ハルユキの家でもう一度、対策を考えるタクム。
いつものピザは三人で分け合っていたのに。
思わず涙をこぼすタクム。



ハルユキは毅然とした態度でチユリには何か事情があるのだ、それを
信じると断言する。


「倒すしかない、ダスクテイカ―を。」


倒してチユリを取り戻すんだ!



ハルユキは能美が常日頃からバトルをしているようには見えない、
テストや剣道の試合でポイントを消費していてギリギリの状態でいるのでは
ないかと推測する。
何とかポイント全損に追い込めれば・・・。



が、タクムの言うように飛行&治癒アビリティを手にした能美を倒すのは
難しい。


「心意システムって聞いたことがあるか?」

タクムはハルユキがそれをスカイレイカーからもらったと聞いて
年上の女性に気に入られる傾向がある、と笑う。
もう一度、レイカーさんに会うか・・・でもアッシュローラーからは
甘い!と叱咤されると顔真似をするタクム。(笑)



タクムが帰った後、ハルユキはダスクテイカ―と戦った時、最後にあふれだした
暗い気持ちを思い出す。
夢の中で黒雪姫にも向けてしまうハルユキ。
先輩に会いたい・・・。



ダイレクト・リンクしてアバターになって黒雪姫と連絡を取るハルユキ。
朝なのに黒雪姫は答えてやってきてくれた。
最近、買ったという海のステージで会う二人。
寂しい・・・。
お互いに寂しい気持ちを打ち明ける二人。
あと三日。



学校でもう一度、タクムと連絡を取るハルユキ。
どうやら心意システムはトップシークレットな扱いになるらしい。
アッシュローラーの他には・・・7人の王くらい・・・
黒雪姫には心配をかけたくない、というか、知ればチユリごと
能美を倒すだろう。
なら・・・


「ニコならきっと知ってると思うんだ!」


赤の王!!!



しかし、直後に生活指導の教員から呼び出されたハルユキ。
隠しカメラの件がばれて、さらに見られた、とショックを受けた女子生徒の
彼氏から凹られるはめに!!!



何度、殴られようと自分はやっていない、と主張するハルユキ。
もう泣いたり、笑ったりしない。
卑屈になって逃げていた自分はもういない。


「今のボクには守るべきものがある。」



ということで、何とか逆襲の糸口をつかみたいハルユキ。
黒雪姫に真実を話してもいいのでは・・・と思うのですが、
修学旅行も一笑に一度のもの、リアルで楽しい思い出を作って
欲しいのが一番だとハルユキも思っているのでしょう。


追い込まれた状況は良くないですが、ニコに会って挽回のチャンスを
得られれば、と思います。








スポンサーサイト

category: ライトノベル・ライトノベル系アニメ

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/799-1d32dd0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第20話 雑感

[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第20話 「Domination;支配」 #AccelWorld2012 #ep20 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム

妖精帝國 臣民コンソーシアム | 2012/08/28 07:59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。