おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

少年ジャンプ2号の「黒子のバスケ」、感想  

少年ジャンプ2号の「黒子のバスケ」第193Qの感想です。


まずは先週1号からスタートしている全員サービスストラップの
ご紹介です。


ジャンプ全員サービス  黒子ジャンプ全員サービス2


自己負担金600円と送料はかかりますが黒子、火神、キセキ・ファンなら
ゲットしたいですね!


黒子くんの「不撓不屈」はどうしても秀徳のイメージがあるので


神出鬼没とか電光石火

が良いいんじゃね?なんて思ったり。(笑)


でもそれじゃあ、願い事をかなえる感じではないので
キャラグッズですでに出ているお守り仕様の「全国制覇」とかそういうほうが
良かったかなあと個人的には思ってます。


ちなみにお守りグッズの一覧はこちら♪

ブレないミドリン!!!百発百中!!!

わはは!!!受験対策にはこれだね!
ぜひ、キャラソンも含めてラッキーアイテムにして欲しいと
思います!


♪言ったはずだろう 

決して落ちるわけはないのだと~♪





受験生の皆さん、頑張ってくださいね!



さて、本編はコミックス20巻発売&累計発行1400万部突破
Cカラーです。
とにかく、アニメ開始からフェア・イベントがあろうものなら
品切れ書店続出だったですものね!
最近はジャンプ作品の中でも順位が上に上がってアニメの効果は
絶大だったな、と改めて思います。


綺麗な横顔の黒子くん♪
首元にはピンクのマフラー、またはネック・ウォーマーかな。
お母さんが買ってきた、というよりも中学時代、何かの理由を
つけて桃井ちゃんがプレゼントしてくれた♪なーんて妄想してます!


ではあらすじから。

第3Qに入り、誠凛ペースで試合は進んでいく。
次第に広がる天鎖・・・違った!点差(うちのパソは天鎖斬月優先なんです。笑)
に黄瀬は焦るが、監督は残り2分まで回復に努めろと言う。


海常もポイントをあげているが誠凛を止めることはできない。
今の誠凛にはタレントが揃い過ぎている。
控え選手の質も高い、と分析する氷室。


火神の急成長は想定外だがそれでもくらいつく、と決意を
固める笠松先輩と海常メンバー。
監督の武内は練習試合で誠凛に負けたことが、今のチームに
漂っていた緩さ、甘さを一掃したと考えている。
誠凛には感謝している、と同時にどのチームよりも勝ちたいと
思っている!



フルドライブで伊月を抜く笠松!
「鷲の鉤爪」を完全にかわすことはできなかったが、
はじき出したボールが水戸部に渡るのを気迫で阻止!!!
小堀が拾ってシュートするも木吉がブロック、リバウンドを
早川が決める!

「まだまだぁ、海常ナメんじゃねえ!!」


ということで


笠松先輩ーーー!!!

思わずキャラソンを口ずさんでしまいました!!!




♪強豪のプライド、見せつけてやるぞ いいか♪


かっこいいーーー!!!


誠凛ファンの皆様には悪いですが、氷室お兄さんがどんなに誠凛を
持ち上げてくれても(タレントぞろい、とかね。)どうしても
他校のほうがハイスペックなんじゃね?と思ってしまうんですよ。
(ごめーん!)
創部二年目の学校よりも有名校のほうが素材がいい選手が集まりやすい
じゃないですか。

もちろん、黒子、火神と突出した選手がいる、今までの試合を2人の
力で、先輩たちの高速パスワークで勝ちぬいてきた、たゆまぬ努力を
してきたのも分かるんだけど、どうにも染みついた「他校派属性」から
離れられないんですよー!(笑)


でも、ハイスペック集団と私が思う海常も緩んでいた時期があった。
今回の”泣ける”回想はまさかの


武内監督!!!(安元さんヴォイスで♪)


監督でさえ、練習試合の時は完全にバカにしてましたからねえ。(苦笑)
監督、選手一体となってあの日の屈辱にリベンジするために努力してきた。
きーちゃんも「モデルの仕事を休んで」・・・先週の


「練習にあんま出られないかもだけど」

に比べたら格段の成長です!!!


特別視していた「キセキ」の天才を「お客さん」ではなく「海常のエース」と
して見るようになった。
監督が言わなくても「黄瀬を中心」にしたチームとしてまとまっていった。



まとめあげていったのは笠松先輩なんだろうなあ。(ホロリ)
このエピソードを読んだ時、「気の緩み」に対して違和感を
感じないでもなかったんですよ。
笠松先輩があれだけ決意して主将になったチームがねって。



でも、笠松先輩一人が気負ったところでチーム全体がそうなるわけじゃない。
「キセキ」の天才を得て、余裕を持ってもおかしくない。
相手は去年、決勝リーグまでいったとはいえ、創部二年目のチーム。


練習試合の後、負けたのに笠松先輩は意外とすっきりとした表情をしていた。
あの時は藤巻先生は笠松先輩に”重い荷物”を背負わせるつもりじゃ
なかったのかもしれないけど、勝手に妄想させてもらうと・・・


誠凛が夏合宿で秀徳との合同練習できっかけをつかんだように
海常をどうまとめていくか、やる気を出させるか、きっかけが
できたことに笠松先輩もウェルカムだったんじゃないかなって。
一番の収穫は


シャララ☆ってた黄瀬!!!(笑)


負けたことは悔しいけど、どう皆を、黄瀬を奮い立たせるか思案していた
笠松先輩には良いきっかけが来たのでは・・・と思いました。



気迫。
フルドライブを伊月に差された笠松先輩!
ボールをファンブル!


「センパイ!!」

「笠松!!」

このまま伊月にやられる笠松先輩であって欲しくない!!!
きーちゃんと仲間が後押しする!
黄瀬頼み、という不甲斐なさ、けれど勝つためには何だってやる!
笠松先輩の執念がボールを誠凛に渡さない!


鬼の執念、海常魂!!!
というアオリのごとく、ここから疾風怒濤の逆襲を見せて
欲しいです!!!




これは良い組み合わせ~♪
スポンサーサイト

category: 少年ジャンプ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/975-0130ee0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。