おぼろ二次元日記2

「おぼろ二次元日記」のミラーサイトです。http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

神様はじめました#11「神使、街にでかける」感想   

きっと僕もそこへ行く。
笑顔で、一緒に。



「神使、街にでかける」


あらすじは公式からです。


奈々生と巴衛は学校に行き、社で留守番中の瑞希は、その不公平さを感じていた。
瑞希はテレビに映ったアイドルの鞍馬を見て、人間社会に溶け込む妖術を学ぼうと、
鞍馬に会いに街にでかける。
人間に慣れていない瑞希は途中、キャッチセールスで高額なシールを買わされたり、
怖い人にからまれたり、タクシーを無賃で乗ってしまったりとトラブルをおこす。
偶然通りかかった鞍馬に助けられ、一緒に番組の打ち上げに参加するが…




*********************************



一回、一鞍馬SONG!!!

毎回、楽しみになってます。(笑)
キャラの立ち位置的にも指南役っぽくなっていて美味しいですよねえ♪


前半は瑞希のターン。

瑞希が前に「僕が僕でいられる」と言っていたのは、環境も人間も
清浄な気を持つ場所が必須だったのですね。
奈々生は本人が自覚しているかどうかは知りませんが、土地神の素養が
十分にある。


彼女の側にいれば、ヨノモリ社にいた頃の黒い願望に染まっていた
自分とはおさらばして、元々の自分の気質でいられることができる。
で、神使になったわけだけど、なかなかお供をさせてもらえない。


奈々生がそう思っていて社に置いておいたのかは分かりませんが
ともかく人間世界に馴染んでから。
そう言われてお留守番ばかりの瑞希は我慢も限界!


TVで見かけた鞍馬がどうしてあんなに人間界に馴染んでいるのか。
山を下りた彼に魔法無しでも、馴染める秘訣を聞き出そうと彼に
会いに都会にやってくる。


で、怖い人がたくさーん!!!(笑)


ワッペン一枚でお賽銭を使い果たした、って後で巴衛に怒られるに
決まってる!!!
やっと「TV TOKYO」に着いたけれど(笑)もちろん、タクシーで
払うお金も無い。
困っていたところにやってきたのが鞍馬でした。


「ここはお前にはまだ早い・・・。」

瑞希が食べようとしていたプチ・トマトをぱくっと頂く鞍馬が
エ☆ロいのだよ♪


人の中身も環境も人の邪気に満ち溢れている。
けれど・・・
酒で潰れた瑞希を介抱してくれた女の子がいた。
女優を目指して田舎から出てきたばかりの女の子。


「それでも私はここが好き。」

厳しいところだけど、ここでもう少し頑張ってみる。
瑞希は、こんなに汚れた場所にも綺麗な子がいて、あんなにか弱そうでも
地に足を付けて生きていることに感動したんだろうなあ。


「僕が思っているよりずっと強いんだ。」


多分、鞍馬も不浄な世界の中に光る強い輝きを求めてここに
いるんだろう・・・そう、悟れたかな、瑞希くん♪


女の子に自分が作った神酒を渡して天に去っていく瑞希。
酒を口にした鞍馬は「懐かしい香り」と笑みを浮かべる。
瑞希も綺麗なものを失わずに、奈々生を守れるよう強くあれ♪



後半は奈々生と巴衛のターン。
少女漫画炸裂ですねえ!
恋する乙女ゆえの悩みと真っ直ぐな想い。


勝手に日曜日に遊園地に行く!と決め込んでいた奈々生。
怒って部屋の中で暴れると見つけたのは簪。
追及されるのを嫌ってか、「出かける!」と誤魔化す巴衛。



猫耳ニット帽に耳当て、和服の巴衛が可愛いです!
(奈々生ちゃんもオシャレはしているけどね♪)
やっぱり、写真撮影OKですか?になったー!!!
テーマは”和服男子”!


それにしても奈々生は巴衛が他の女子に触れようものなら、理由はどうであれ、
気になって仕方がない。
自分は「触れない」と言われてしまったからなおさらですね。


巴衛が気に入ったジェットコースター。


屈託のない笑顔♪


ほんとこんなに大喜びの巴衛も珍しいです!


髪の毛が乱れてしまったので手早く治してくれた。
見ているこちらも赤面♪


結ってくれたのが嬉しくて。
でも、彼は彼氏じゃなくて・・・。
彼になってくれたらいいのに。


でも、また巴衛が女の子と接近しているのを見たらもう抑えきれなく
なってしまった。


人間の女は範囲外。



そんな事言われても納得できない、
かつて雪路という娘と言い交していたのに!!!
でも、巴衛ったら


「そんな女は知らない。」


そっか、ミカゲに忘却の呪文をかけられていたよね。
そうなると奈々生の怒りはほんと理不尽なものになって
しまうけど・・・。



「ウソは傷つく!!!」


あああー・・・ちゃんと巴衛の話も聞かずに行ってしまったー。


一人になった奈々生は落ち込み&反省することしきり・・・。
「人間は範囲外」・・・それなら自分はどうやって振られる?
観覧車に乗って下界を見ているうちに、落ち着いた奈々生は
寂しくなって、ムキになっていた自分を反省して


巴衛の笑顔が見たくなって・・・


髪の毛がほどけて、落ちたのはあの簪。



すると外から怒った巴衛が乗り込んできた!!!


「乗れてよかったな。」

「笑え、昼間みたいに。」


あああー、それで「範囲外」なんて反則、反則!!!
簪も、奈々生はいつも髪の毛を下しているから、しまっておいたんだね♪
「あっちで買った。」
ぷっ!!!


今を大事にしてくれるならそれでいい。
笑顔はプライスレスだね。
好きな人に対して、一人でムキになったり、悲しくなったり。
恋真っ最中の奈々生ちゃんでした。
はー、若いっていいね♪(←おばさんな発言。笑)








スポンサーサイト

category: 少女漫画系

tb: 6   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiraboshi714.blog55.fc2.com/tb.php/977-c6d5f448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神様はじめました #11「神使、街にでかける」

「面白い。丁度退屈していたし  僕がその妖術を盗み見てやろう」 鞍馬の処世術を真似しようというの瑞希くん!?

マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2012/12/11 15:44

神様はじめました 第11話 あらすじ感想...

まさに、街に出かける神様2本立て-----------!!今日も社でお留守番の瑞希。寂しい、つまんない。虎徹たちに愚痴りまくり(><)折角の神酒を作ったけど、それは奈々生が飲まなければ...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/12/11 21:11

神様はじめました 第11話 あらすじ感想「神使、街にでかける」

まさに、街に出かける神様2本立て-----------!! 今日も社でお留守番の瑞希。 寂しい、つまんない。 虎徹たちに愚痴りまくり(><) 折角の神酒を作ったけど、それは奈々生が飲

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2012/12/11 21:11

神様はじめました 第11話「神使、街にでかける」

第11話「神使、街にでかける」 Aパートは瑞希の社会科見学(微妙に違うw) 奈々生のために神酒を造るが、飲んでもらえず(奈々生は未成年だからねぇ)巴衛のように学校にお供

いま、お茶いれますね | 2012/12/11 21:28

神様はじめました 第11話「神使、街に出かける」

『奈々生と巴衛は学校に行き、社で留守番中の瑞希は、その不公平さを感じていた。瑞希はテレビに映ったアイドルの鞍馬を見て、人間社会に溶け込む妖術を学ぼうと、鞍馬に会いに街に...

Spare Time | 2012/12/11 21:38

神様はじめました #11

今回は、瑞希が街へ出かけるお話と、奈々生と巴衛が遊園地に行くお話でした。せっかく奈々生の神使になったのに、瑞希は人間界での経験が少ないため学校に連れて行ってもら

日々の記録 | 2012/12/14 18:29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。